ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. プライベートクラウド(自社構築)
  5. 導入のアプローチ
  6. 運用の自動化・セルフサービス化
ここから本文です。

運用の自動化・セルフサービス化の実現

仮想化共通基盤を導入した段階では、業務部門からの要求に対して、IT部門はマニュアル作業で設定・構築作業を行い、ICTリソースを切り出しています。しかし、利用部門が増え、要求が頻繁になると、マニュアル作業では作業工数が増大し、提供までに時間がかかってしまいます。

そこで、次のアプローチでは、業務部門のオンデマンドな要求に即座に応えるために、従来マニュアル作業だった部分を自動化します。また、IT部門だけでなく、業務部門が自身の利用状況を常に把握できるようにすることで、コスト意識を高めて無駄な利用を抑制します。これにより、IT部門が「所有・管理」するICTリソースを、業務部門がサービスとして「利用」するプライベートクラウドへと進化することで、さらなるICTコストの最適化と運用の効率化を図っていくことができます。

検討すべきポイント

サービス提供の自動化

サービス提供までのリードタイムを短縮するには、手間のかかる構築作業の自動化は不可欠です。仮想マシンの作成だけでなく、ネットワーク機器などの関連機器の設定やソフトウェアのインストールなど、業務利用に必要な作業も含めて自動化することが重要です。また、利用申請手続きの迅速化も合わせて検討が必要です。

リソース利用の適正化

業務部門の無駄なリソース利用を抑制するために、各部門ごとの利用状況や過去の利用履歴を、業務部門自身で容易に把握できることが必要です。
また、コスト意識を高めるためには、提供するICTリソースのスペック等の構成情報と利用部門への配賦額を紐付けて見せることも必要です。

提供するソリューション

クラウド運用の自動化とセルフサービス化を実現

クラウド構築・運用支援ソフトウェア、「WebSAM vDC Automation」が、企業内に所有するマルチベンダ環境下のICTインフラを一元管理し、手間のかかる構築作業や日々の運用など、クラウド運用全体を自動化します。さらに、セルフサービスポータルにより、オンデマンドなサービス利用の利便性向上と管理の効率化を実現します。

ネットワークの仮想化と集中管理で、さらなる運用の効率化を

プライベートクラウドの構築にあたって、SDNを活用することで、サーバ・ストレージに加えてネットワークも含めたリソース全体の集中管理が可能となり、さらなる管理コストの低減や、ネットワーク関連機器台数の低減などのメリットを享受できるようになります。

ページの先頭へ戻る