ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. [製品・サービス]
  5. ActSecure ActWatch
  6. ActSecureトータルセキュリティサービス
  7. ActSecure SaaS型セキュリティサービス
  8. クラウドメールセキュリティサービス
ここから本文です。

クラウドメールセキュリティサービス

SaaS型統合メールセキュリティ

昨今、標的型メール攻撃や内部不正など情報漏えいの脅威が増しており、オンプレミス上のメールシステムやクラウドメールサービスのセキュリティ対策が十分に追随できていない場合があります。


NECの「ActSecureクラウドメールセキュリティサービス」は、

  • 標的型メール攻撃を検知するサンドボックス機能
  • 故意や不注意の情報漏えいを防ぐメール誤送信防止機能、添付ファイルの自動暗号化機能
  • 内部不正の抑止、事後調査や監査などに対応するメールアーカイブ機能 など
セキュリティ機能を一元的にクラウドサービスとして提供することで、迅速なメールセキュリティの対策と運用リソース不足の解消を実現します。

 

このような課題をお持ちのお客さまに有効です

  • 標的型メール攻撃による被害を防ぎたいけれど、専用のセキュリティ対策製品は導入コストが高く、運用できる人材も不足していることから、手軽なサービス型を利用したい
  • 標的型メール攻撃以外にも、誤送信や機密情報の不正送信など、メールを起点とした情報漏えいや内部不正による被害を防ぎたい

特長

  1. クラウドサービスとして提供するため、導入決定から短期間でメールのセキュリティ対策を実現
    • DNSの設定変更(MXレコード移行)と、お客さまのメールシステム(オンプレ、クラウド問わず)の配送先MTAの設定を変更することで、本サービスをご利用いただけます。
  2. 標的型メール攻撃を検知し、防御力を向上
    • サンドボックス機能による挙動の解析で、既知・未知のマルウェアを利用した標的型メールを検出し、情報漏えいリスクを低減します。
  3. カントリーリスクを低減
    • 日本国内のデータセンターを利用するため、他国の法律の影響を回避できます。
      例えば、米国の愛国者法や中国のデータ規制操作権限法は、国が強制的にデータの中身を見たり資産凍結することができる法律であり、これらは当該国のクラウド事業者にも適用される可能性があります。本サービスでは、日本国内のデータセンターを利用するため、データの中身を見られたり、資産凍結されたりするリスクを回避できます。
  4. 手厚い運用サービス
    • お客さまには、ウイルス・スパムメールの遮断や標的型メール攻撃の検知など、運用傾向を分析した月次レポートを提供します。
    • 24時間365日、お客さまからのお問い合わせを受け付けするほか、NECの担当者によるお客さまのメールセキュリティ環境の運用支援を行います。
  5. クラウドメールサービスにも対応可能
    • オンプレミスのメールシステムだけではなく、クラウドメールサービス(Office365など)も本サービスを利用可能です。

効果

  • 短期間でメールセキュリティ対策が可能
  • 初期導入コスト、運用コストを低減
  • クラウドサービス提供のため、メールセキュリティシステムの運用管理は、NECのセキュリティ担当者が対応
  • 標準提供の月次レポートにより、セキュリティ対策状況を見える化
  • NECのセキュリティ担当者が、定期的に攻撃検知シグネチャを更新するため、新しい攻撃にも対応

サービスメニュー一覧

NECの「ActSecureクラウドメールセキュリティサービス」は、基本サービスとオプションサービスに分かれています。

  • 基本サービス
    「①ウイルス/スパムチェック」と「②標的型メール攻撃対策」のどちらか一方、もしくは両方の機能を選択できます。また、「③誤送信対策」は選択任意となりますが、ご利用の際は「①ウイルス/スパムチェック」が必須となります。

  • オプションサービス
    基本サービスと併せて「③アーカイブ」をご利用いただけます。
    ※オプションサービスのみの利用はできません。

  • <サービス利用例>
  • 基本サービス②のみ利用
  • 基本サービス①+③を利用
  • 基本サービス①+②+③を利用

サービスメニュー
サービス説明
大項目 中項目 小項目
基本サービス 選択必須*1 ①ウイルス/スパムチェック 送受信メールにウイルスやスパムが含まれていないかチェック。ウイルスやスパムを発見した場合、フィルタリングし、送受信時に排除されます。
②標的型メール
攻撃対策*2
  • サンドボックスによる解析で、標的型メール攻撃を検出します。
  • サンドボックス解析の結果、不審なメールかどうか判断できないURLリンクが含まれていた場合、そのメールを継続的に監視し、危険なWebサイトと判明した場合に、当該Webサイトへのアクセスを遮断します。
  • 標的型メール攻撃の受信状況(受信数、ブロックした数、配送された数、URLクリックしたユーザ数など)を月次レポートで報告します。
選択任意 ③誤送信対策*3 メール送信時に以下の機能を利用できます。
  • 添付ファイルのZIP暗号化
  • 一時保留(送信者によるメール送信の取消が可能)
  • 送信宛先を強制的にBcc化して送信
オプションサービス ④アーカイブ 送受信メールをアーカイブします。アーカイブメールについて、以下の機能を提供します。
  • アーカイブメールを検索し、内容の閲覧が可能
  • 選択した複数のメールを一括ダウンロード可能
  • 選択した任意のメールを社内ユーザへ再送可能
  • 選択メールの送受信者関係図(メール相関図)を閲覧可能
  • アーカイブ機能は、ExchangeやOffice365(Exchange Online)にも対応

*1 ①or②もしくは①②両方を選択ください
*2 ②のみのご利用の場合、既知のマルウェアは検知しませんので、ご注意ください。
*3 ③をご利用の際は①のご利用が必須となります。

ショールーム展示

クラサバ市場秋葉原店に「ActSecureクラウドメールセキュリティサービス」のデモを展示・紹介中です。サービスイメージを掴みたいお客様は、事前にご予約の上ご来店ください。

クラサバ市場詳細はこちら

ページの先頭へ戻る