サイト内の現在位置を表示しています。

ライセンスの考え方

Windows Server 2012 のライセンスは、OS(インスタンス)を実行するために必要な「サーバーライセンス」と、クライアント(端末または人)がサーバを利用するために必要な「クライアントアクセスライセンス」の組み合わせで定義されます。

サーバライセンスとクライアントアクセスライセンスの図

この考え方自体は、旧来のOSバージョンと同じですが、WIndows Server 2012では、サーバーライセンスがCPU数またはゲストOS数で定義されるなど、旧バージョンからの大きな変更点があります。

ライセンスの考え方の詳細については、以下のドキュメントをご覧ください。