靴・アパレルでの活用例

データを軸にした開発や、マーケティングによる顧客満足度向上

活用ケース

企画・開発

課題︓
開発者による定性的な評価だけでは、靴の性能を確認することが難しい。
定量的な評価に基づき、新商品企画や開発をしたい。

解決策︓
試作品や既存製品にセンサを入れるだけで、靴ごとの違いを数値化。
定量的に比較することで、新商品の開発や性能の向上につながる。

販売・マーケティング

課題︓
開発した靴の定量的な性能測定や効果検証が難しい。
実際のデータを裏付けとして、靴の機能性を訴求・宣伝したい。

解決策︓
多様な人の歩行のデータを継続的に収集。
検証結果に基づく、新たなマーケティング施策が可能。

収集したデータを活用した顧客フォローアップ

課題︓
靴の購入以降、顧客の使用状況がトラッキングできない。
使用状況に合わせて、メンテナンスや買い替え時期の提案などの
サポートをしたい。

解決策︓
顧客ごとの歩行状態をデータとして収集・分析。
データに基づき、顧客それぞれに合わせた提案やフォローアップが可能。

お問い合わせ