医療・研究での活用例

データに基づく前後比較やモニタリング、研究への応用

(注)本システムは医療機器ではないため、診療行為には使用できません。

活用ケース

改善アプローチの前後比較

課題︓
医療従事者による定性的な評価だけでは客観性に欠ける場合がある。
患者にも分かりやすいデータを使って説明したい。

解決策︓
リハビリ・施術などの前後の歩行状態の変化を数値化。
データを元にコミュニケーションを取ることで、相互理解を深める。

日常生活のモニタリング

課題︓
医療従事者の目前では、患者は普段の歩き方をしてくれない。
日常生活時の普段の歩き方のデータを取得したい。

解決策︓
インソールを入れるだけで、日常生活の歩行状態をデータ化。
リハビリ・施術などのタイムリーな計画立案や退院後のサポート強化。

健康増進に向けた研究

課題︓
中長期にわたる日常生活のデータ取得には、対象者の負荷が大きい。
なるべく負荷を掛けずに、データを収集したい。

解決策︓
インソールを靴に装着するだけで、日常生活を変えることなく、
多様な人の歩行のデータを長期間にわたり収集し、研究に活用可能。

お問い合わせ