健康経営での活用例

データに基づく従業員のコンディションサポート

活用ケース

健康への意識や行動の変容促進

課題︓
従業員に健康施策に取り組んでもらえず、行動変容に繋がらない。
取り組みやすい施策を打って、効果を出したい。

解決策︓
手軽で取り組みやすい「歩行」から、状態把握や改善に着手してもらい、健康への意識や行動の変容を促進。

疲労度の可視化

課題︓
作業員の疲労状態を管理しきれない。
疲労が蓄積する前に対処して、事故や怪我を防止したい。

解決策︓
歩行分析データに基づく各作業員の疲労度を参考に、
休むきっかけや、作業員とのコミュニケーションの機会を増加。

営業/接客の印象アップ

課題︓
第一印象を左右する、従業員の姿勢を改善をしたいが、
短時間の研修では定着が難しい。
営業/接客の印象を高め、顧客からの評価向上につなげたい。

解決策︓
研修などを通じて歩行姿勢の改善を促し印象アップを図ることで、
営業成績やリピート率を向上。

お問い合わせ