サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM SigmaSystemCenter - 2.1の動作環境

2.1 (Update 3) の動作環境

管理サーバ

機種 (※1) Express5800/100シリーズ、ftサーバ
OS (※2)
  • Windows Server 2003 Standard Edition (x86) SP2 / R2 SP2
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition (x86) SP2 / R2 SP2
  • Windows Server 2008 Standard (x86) SP1 / SP2 (※3)
  • Windows Server 2008 Enterprise (x86) SP1 / SP2 (※3)
  • Windows Server 2008 Standard (x64) R2 / R2 SP1 (※3) (※4)
  • Windows Server 2008 Enterprise (x64) R2 / R2 SP1 (※3) (※4)
推奨最小ハードウェア構成
  • CPU:Intel互換、2GHz 2 Core 以上
  • メモリ:2GB以上
  • ディスク:2GB以上 (※5)
  • ネットワークインタフェースカード:1Gbps
ディスプレイ解像度 1024×768ピクセル以上
必須ソフトウェア
  • Microsoft SQL Server 2005 もしくは
    Microsoft SQL Server 2008(32bit) / R2(32bit) (※6)
  • IISバージョン6.0もしくはそれ以降のバージョン
  • .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (※7)
  • ASP.NET 2.0
  • Webブラウザ (※8)
備考
  • DeploymentManagerの管理サーバと同一のネットワーク上にDHCPサーバが必要
  • DeploymentManagerを管理サーバにインストールする場合、JRE(Java Runtime Environment 32ビット版) 6.0 Update17が必要 (※9)
  • Webサーバ for DPMを管理サーバにインストールする場合、Tomcat 6.0.20 が必要 (※10)
  • ESMPRO/ServerManager はVer. 4.x以前に対応しています。
    ESMPRO/ServerManager Ver. 5以降を使用する場合は、対応しているSigmaSystemCenterのバージョンを使用してください。
    SigmaSystemCenterインストーラ以外からESMPRO/ServerManagerをインストールする場合は注意してください。
  • ※1
    仮想化ソフトウェアのゲスト上でも動作させることが可能です。
    ただし、WebSAM SigmaSystemCenterを動作させる仮想マシンには、推奨最小ハードウェア構成にあるリソースを割り当てる必要があります。
  • ※2
    Hyper-V クラスタを管理する場合は、Windows Server 2008 R2以上を使用してください。
  • ※3
    フル インストールのみサポートします。Server Core インストールはサポートしません。
  • ※4
    WebSAM SigmaSystemCenter 2.1 Update 2以前のインストール媒体を使用する場合は、別途手順書が必要になります。製品担当窓口にお問い合わせください。
  • ※5
    WebSAM SigmaSystemCenterの本体コンポーネント、SQLインスタンスおよび、必須ソフトウェアのインストールに必要なディスク容量です。WebSAM SigmaSystemCenterで使用するデータベース分のディスク容量が別途必要です。連携製品を同一の管理サーバにインストールする場合には、連携製品分のディスク容量が別途必要になります。
  • ※6
    本製品には、SQL Server 2005 Express Editionが同梱されています。SQL Server 2005の上位エディションまたは、SQL Server 2008 / SQL Server 2008 R2 にアップグレードできます。アップグレード手順は、FAQを参照してください。
    SQL Server 2005 Express Edition からSQL Server 2008にアップグレードする場合、直接のアップグレードがサポートされていません。SQL Server 2008 R2 のご利用を推奨します。
  • ※7
    WebSAM SigmaSystemCenterのインストーラが、自動でインストールします。Windows Server 2008 R2の場合は、手動でインストールする必要があります。
  • ※8
    Webコンソールは、Internet Explorer 6 (非推奨)、7、8 および Firefox 3、3.5 で動作確認済みです。
  • ※9
    本製品には、JRE 6.0 Update17が同梱されています。
  • ※10
    本製品には、Tomcat 6.0.20が同梱されています。

管理対象マシン (※1)

機種 (※2)
  • ブレードサーバ
    SIGMABLADE(B120a (※3)、B120a-d (※3)、B120b (※3)、B120b-Lw (※3)、B120b-d (※3)、B120b-h (※3)、120Bb-6、120Bb-m6、120Bb-d6、140Ba-10、B140a-T、NX7700i/5010B-4)、120Ba-4、110Ba-e3/-m3、420Ma
  • ECO CENTER (※5)
  • スケーラブルHAサーバ (※5)
  • Express5800/100シリーズ (※4)(※6)
  • NX7700i/3010E-2/3010L-2/3010L-4
  • NX7700i/3012E-2
  • NX7700i/3020M-8
  • NX7700i/3040M-16
  • NX7700i/3040H-16
  • NX7700i/3080H-32
  • NX7700i/5020M-16
  • NX7700i/5040H-32
  • NX7700i/5080H-64
  • NX7700i/5010E-4
  • NX7700i/5012L-4
  • NX7700i/5012L-8
OS (※7)
  • Windows 2000 Server SP4 (※8)
  • Windows 2000 Advanced Server SP4 (※8)
  • Windows Server 2003 Standard Edition SPなし / SP1 / R2 / SP2 / R2 SP2
  • Windows Server 2003 Standard x64 Edition SPなし / R2 / SP2 / R2 SP2
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition SPなし / SP1 / R2 / SP2 / R2 SP2
  • Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition SPなし / R2 / SP2 / R2 SP2
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition for Itanium-based Systems SPなし / SP1 / SP2
  • Windows Server 2008 Standard (x86) SP1 / SP2 (※9)
  • Windows Server 2008 Enterprise (x86) SP1 / SP2 (※9)
  • Windows Server 2008 Standard (x64) SP1 / SP2 / R2 / R2 SP1 (※9)
  • Windows Server 2008 Enterprise (x64) SP1 / SP2 / R2 / R2 SP1 (※9)
  • Windows Server 2008 Datacenter (x64) SP1 / SP2 / R2 (※9)
  • Windows Server 2008 for Itanium-based Systems SP1 / SP2 (※4)
  • Windows XP Professional SP2 (※10)
  • Windows Vista Business (※10)
  • Windows Vista Enterprise (※10)
  • Windows Vista Ultimate (※10)
  • Windows 7 Professional (※10)
  • Windows 7 Enterprise (※10)
  • Windows 7 Ultimate (※10)
  • Red Hat Enterprise Linux ES 3 (32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux AS 3 (32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux AS 3 (EM64T)
  • Red Hat Enterprise Linux ES 4 (32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux ES 4 (EM64T)
  • Red Hat Enterprise Linux AS 4 (32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux AS 4 (EM64T)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 (32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 (EM64T)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 AP (32bit)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 AP (EM64T)
  • SUSE Linux Enterprise Server 9 Service Pack 3 (x86)
  • SUSE Linux Enterprise Server 10 (x86 / x86_64) (※10)
  • VMware ESX 3.0, 3.5, 4.0, 4.1 (※11)
  • VMware ESXi 3.5, 4.0, 4.1 (※11) (※無償ライセンスのESXiは管理対象外となります。)
  • Citrix XenServer 5.0, 5.5, 5.6 (※11)
  • Windows Server 2008 Hyper-V
  • HP-UX 11iv2(IPF), 11iv3(IPF) (※12)
ハードウェアスペック
  • ネットワークアダプタ(Wake on LANに対応、リンク速度1000Base 以上を推奨)。
  • CPU、メモリ、ディスク容量などは動作するOS、アプリケーションに準拠。
  • Out-of-Band Management機能を利用する場合は、RMCP, RMCP+ に対応したBaseboard Management Controller(BMC)を搭載している機種である必要があります。
  • ※1
    ハードウェア、OSによって提供機能が異なります。
  • ※2
    Express5800シリーズのサポート機種の詳細については、WebSAM DeploymentManagerの対応装置一覧のページを参照してください。
    WebSAM DeploymentManager機種対応モジュールの適用が必要な場合があります。
  • ※3
    以下の注意事項を参照してください。
  • ※4
    ESMPRO/ServerAgentの後継製品であるESMPRO/ServerAgentServiceが添付されている装置については、本バージョンで管理できません。
    特に既存環境に新しい装置を追加で導入する場合は本バージョンで利用できませんので注意してください。
    ESMPRO/ServerAgentServiceを利用するためには、SigmaSystemCenter 3.5以降へのアップグレードが必要です。
  • ※5
    Out-of-Band Managementによる管理機能はサポートしていません。
  • ※6
    Express5800/R120h-2M, R120h-1M以降の機種Express5800/R1xxには対応していません。SigmaSystemCenter 3.6 Update1以降でサポートしています。
  • ※7
    ご利用可能な管理対象OSは、ご購入いただいた「ターゲットライセンス」の種類により規定されます。また、オプション製品「SigmaSystemCenter 仮想サーバ管理オプション」をご利用になられる場合は、仮想マシンOSも管理対象になります。また、対象ハードウェアのサポートOSにも依存します。
  • ※8
    Windows .NET Framework 1.1以上が必要です。
  • ※9
    フル インストールおよび、Server Core インストールをサポートします。
    WebSAM DeploymentManagerのディスク複製OSインストール機能は、フル インストールのみサポートします。
    SIGMABLADEの一部の機種においては、Server Core インストールの場合 Wake On LAN がサポートされませんのでご注意ください。
    (Server Core インストールは、Update 1 でサポートされました)
  • ※10
    仮想マシン基盤上のゲストOSとしてサポートします。各仮想マシン基盤ごとのサポート状況については、管理対象ゲストOS一覧を参照してください。
  • ※11
    VMware ESX 4.1、VMware ESXi 4.1、Citrix XenServer 5.6を管理対象とする場合は、SSC0201-0017を適用してください。
  • ※12
    管理対象マシン(HP-UX)と同一ネットワーク上にIgnite-UXサーバが必要です。

仮想マシン基盤

仮想マシン基盤ソフトウェア
  • VMware vCenter Server 2.5, 4.0, 4.1 (※1)
  • VMware ESX 3.5, 4.0, 4.1 (※1)
  • VMware ESXi 3.5, 4.0, 4.1 (※1) (※無償ライセンスのESXiは管理対象外となります。)
  • Citrix XenServer 5.0, 5.5, 5.6 (※1)
  • Windows Server 2008 Hyper-V (※2)
  • Windows Server 2008 R2 Hyper-V
備考
  • VM連携機能(仮想サーバ管理オプション)を使用するには、vCenter Server、ESX Server または、Citrix XenServer の別途購入が必要となります。ただし、Citrix XenServer 5.5 をご利用の場合は、無償版でSigmaSystemCenterの提供する全ての機能が利用可能です。(無償版の利用を推奨)
  • Hot Migrationを使用するには、VMwareのVMotion ライセンスが必要となります。
  • ESMPRO/ServerAgent を使用することにより、仮想マシンサーバを監視することができます。詳しくは、こちらをご覧ください。
  • 製品に含まれる SystemProvisioning と vCenter Server は、同一サーバにインストールされることを推奨します。
  • ※1
    VMware ESX 4.1、VMware ESXi 4.1、Citrix XenServer 5.6を管理対象とする場合は、SSC0201-0017を適用してください。
    SSC2.1 Update 2 以降では、ESX 3.0はサポートしません。ESX 3.5以上にアップグレードしてご使用ください。
  • ※2
    Hyper-V クラスタ構成の管理はサポートしません。

管理対象ネットワーク機器

スイッチ
  • WebSAM NetvisorPro V NetworkProvisioning機能ライセンスのサポート機種(WebSAM NetvisorPro V 2.0, 3.0, 4.0利用時)
  • WebSAM NetvisorPro Device Configuration Ver.2.4のサポート機種(WebSAM NetvisorPro Ver4.2利用時)
  • 120Ba-4用インテリジェントスイッチ(L2) (※1)
  • 110Ba-e3用インテリジェントスイッチ(L2) (※1)
ロードバランサ
  • WebSAM NetvisorPro V NetworkProvisioning機能ライセンスのサポート機種(WebSAM NetvisorPro V 2.0, 3.0, 4.0利用時)
  • WebSAM NetvisorPro Device Configuration Ver.2.4のサポート機種(WebSAM NetvisorPro Ver4.2利用時)
備考 WebSAM NetvisorPro V 2.0, 3.0, 4.0およびWebSAM NetvisorPro V NetworkProvisioning機能ライセンス
もしくは
WebSAM NetvisorPro Ver4.2およびWebSAM NetvisorPro Device Configuration Ver2.4が必要。
  • ※1
    WebSAM SigmaSystemCenterが直接管理します。WebSAM NetvisorProは必要ありません。

管理対象ストレージ

機種
  • iStorage Sシリーズ
  • iStorage Dシリーズ (※1)
  • iStorage E1
  • EMC Symmetrix DMX-3, DMX-4, DMX-4 950
    EMC CLARiX CX4シリーズ、EMC VMXシリーズ(Blockのみ)
必須ソフトウェア
  • iStorageの場合
    • WebSAM iStorageManager Ver3以降
    • WebSAM iStorageManager Integration Base Ver3.1以降
  • EMC Symmetrixの場合
    • ControlCenter/Symmetrix Manager
    • ControlCenter/SAN Manager
    • EMC Solutions Enabler 6.2, 6.4, 6.5, 7.0
  • EMC CLARiXの場合
    • Navisphere Manager
    • Navisphere CLI 02.24, 03.24, 03.26, 04.28, 04.29
注意
  • iStorageManagerクライアント(Web GUI)を使用する環境には、事前にJRE(Java Runtime Environment 32ビット版)をインストールする必要があります。
  • WebSAM DeploymentManager と同一マシンにインストールされる場合には、使用されるJREのバージョンに注意が必要です。iStorageManagerで使用されるJREのバージョンおよび注意事項については、iStorageManagerのWebページを確認してください。
  • iStorage D/M シリーズ のiSCSIモデルを利用する場合は、SimgaSystemCenter 3.5以降での利用を推奨しています。本バージョンで制御するためには、iSCSIモデルに対応したIntegration Base Ver6.2以降が必要です。
  • ※1
    iStorageのパーティショニング機能を使用する場合、WebSAM SigmaSystemCenterではパーティション単位での制御のみ可能となります。複数のパーティションにまたがった構成変更には対応しておりません。

SigmaSystemCenter SIGMABLADE controller 1.2 管理サーバ

機種 Express5800/100シリーズ
OS
  • Windows Server 2003 Standard Edition SP1 / R2 / SP2
  • Windows Server 2003 Standard x64 Edition
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition SP1 / R2 / SP2
  • Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition
  • Windows Server 2008 Standard (x86, x64)
  • Windows Server 2008 Enterprise (x86, x64)
ハードウェアスペック
  • CPU:Intel Pentium (1GHz)以上
  • メモリ:サーバ:512MB(1GB以上推奨)
  • ディスク容量:10MB以上 (※1)
その他
  • Microsoft .NET Framework 2.0 / 2.0 SP1 / 3.0 / 3.0 SP1 / 3.5 (※2)
  • Microsoft SQL Server 2005 (※3)
備考 1つまたは複数のブレード収納ユニットをリモートから管理するための管理サーバ。
  • ※1
    SIGMABLADE controllerが使用するデータベースのサイズは含みません。
  • ※2
    製品には Microsoft .NET Framework 2.0 SP1 が同梱されています。
  • ※3
    Microsoft SQL Server 2005 Express Edition SP2 が同梱されています。

SigmaSystemCenter SIGMABLADE controller 1.2 管理対象

機種
  • SIGMABLADE-H (EM FWバージョン:3.20以降) (※1)
  • SIGMABLADE-H v2 (EM FWバージョン:4.04以降)
  • ※1
    電力管理機能はN8405-040が対象です。

SigmaSystemCenter Webコンソール

クライアント側の必須ソフトウェア
  • Internet Explorer 6 (非推奨)
  • Internet Explorer 7
  • Internet Explorer 8
  • Mozilla Firefox 3
  • Mozilla Firefox 3.5

その他のソフトウェア

  • Expressサーバ上で動作可能なものは、基本的に対応しています。
  • MACアドレス・UUID等サーバに依存する情報を管理しているソフトウェアは、動作しない場合があります。 MACアドレスに依存するソフトウェアとしましてはActiveDirectoryドメインコントローラ、ネットワーク負荷分散 (NLB)、 Intel PROSet II(AFT・ALB)などが該当します。
  • サーバ追加時に設定等必要な場合は、設定用スクリプトなどを用意していただく必要があります。

注意制限事項

  • 配布するソフトウェアのライセンスについては、各ソフトウェアのライセンスポリシーに従い、必要数分の購入及び手続きをしてください。