サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM DeploymentManager - Ver5.1~5.2の動作環境

WebSAM DeploymentManager の動作環境

製品構成図
  • 青字は、DeploymentManager CD-ROMだけで実現できます。
    赤字は、別途用意いただく必要があります。
  • 管理サーバと同一ネットワーク上にDHCPサーバが必要になる場合があります。使用可能な機能は限定されますが、DHCPサーバを不要とすることもできます。
    (各管理対象コンピュータは、OS稼動時には固定IPがご利用できます。)
  • LinuxのOSクリアインストール時には、NFSサーバが必要です。
  • DeploymentManager Enterprise EditionはIPFアーキテクチャマシンを管理対象とすることが可能です。

WebSAM DeploymentManager動作環境

管理サーバ DeploymentManagerが動作するサーバです。PXEサーバとして動作するため、同一セグメント内に他のPXEサーバが存在しないように設置します。
WEBサーバ WEB-GUIの採用によりWEBコンソール、管理サーバ間のデータ受け渡しのため設置が必要となります。
管理サーバ上に構築する事も可能です。
データベース
サーバ
管理サーバの構成情報を、データベースを使用して管理します。
DHCPサーバ DeploymentManager Ver4.0以降ではDHCPサーバを設置する運用と、DHCPサーバを設置しない運用を選択することができます。
NFSサーバ
(サービス)
管理対象コンピュータがLinux OSの場合設置が必要です。
管理サーバ上に、Microsoft社が提供する「Service for Unix Ver3.5(無償)」を導入する事を推奨します。
管理対象
コンピュータ
DeploymentManagerが管理対象とするコンピュータ。DeploymentManagerが提供するクライアントサービス for DPMがインストールされている必要があります。
WakeOnLANやPXEブートに対応しているNICを搭載及び、これらを有効としている必要があります。

Webサーバ for DPM

OS (IA32)
  • Windows 2000 Server (SP4), Advanced Server (SP4)
  • Windows Server 2003 Standard Edition, Enterprise Edition (SPなし / SP1 / SP2)
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition, Enterprise Edition (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2003 R2
  • Windows Server 2008 Standard, Enterprise (SPなし / SP2)
(EM64T)
  • Windows Server 2008 Standard x64, Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2008 Standard x64、Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter (SPなし / SP1)
ハードウェア
  • プロセッサ:Intel PentiumIIIプロセッサ(600MHz)以上
  • メモリ:128MB(512MB以上を推奨)
  • 空きハードディスク:120MB以上
  • LAN:100Mbps以上

データベースサーバ

OS (IA32)
  • Windows Server 2003 Standard Edition, Enterprise Edition (SP2)
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition, Enterprise Edition (SP2)
  • Windows Storage Server 2003 R2 (SP2)
  • Windows Server 2008 Standard, Enterprise (SPなし / SP2)
(EM64T)
  • Windows Server 2008 Standard x64, Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2008 Standard x64、Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter (SPなし / SP1)
ハードウェア
  • プロセッサ:Intel PentiumIII プロセッサ(600MHz)以上
  • メモリ:288MB(768MB以上を推奨)
  • 空きハードディスク:
    約1.22GB以上(SQL Server 2005 Express Editionに約600MB、.NET Frameworkに約620MB)
    ※インストール時には、一時的に約2倍(2.44GB)の空き容量が必要です。
    ※データ格納用のディスク容量は、以下の計算式で算出した値を目安にしてください。
    SQL Server 2005 Express Edition(約600MB)には、データ格納用のディスク容量として256MBがデフォルトで含まれています。以下で算出した値が256MBを超える場合は、別途その分のディスク容量が必要です。
    登録したコンピュータ数×10KB+登録したパッケージ数×3KB+登録したコンピュータ数×0.15KB×登録したパッケージ数
    例)登録したコンピュータ数40,000台、登録したパッケージ数100の場合は、約1.0GBとなります。
  • LAN:100Mbps以上

管理サーバ for DPM

OS (IA32)
  • Windows 2000 Server (SP4), Advanced Server (SP4)
  • Windows Server 2003 Standard Edition, Enterprise Edition (SP2)
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition, Enterprise Edition (SP2)
  • Windows Storage Server 2003 R2 (SP2)
  • Windows Server 2008 Standard, Enterprise (SPなし / SP2)
(EM64T)
  • Windows Server 2008 Standard x64, Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2008 Standard x64、Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter (SPなし / SP1)
ハードウェア
  • プロセッサ:Intel PentiumIII プロセッサ(600MHz)以上
  • メモリ:約116MB
    ただし以下の操作には別途メモリ容量が必要になります。
    • コンピュータを1台登録するごとに約0.3MB
    • 同時にシナリオを実行する台数が1台増えるごとに約8.5MB
    • 自動更新を実行する台数が1台増えるごとに約0.06MB
    • イメージビルダーを使用する場合、約30MB
  • LAN:100Mbps以上
  • 空きハードディスク:約115MB
    別途、インストールデータ、バックアップイメージ格納用実サイズ分必要
    ※仮想化ソフトウェアのゲスト上でも動作させることが可能です。
    ただし、DeploymentManagerを動作させる仮想マシンには、以下のリソースを必要とします。
  • プロセッサ: 1.8GHz 2CPU以上
  • メモリ:2GB以上

パッケージWebサーバ

OS (IA32)
  • Windows XP Professional (SP2)
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows 2000 Server (SP4), Advanced Server (SP4)
  • Windows Server 2003 Standard Edition, Enterprise Edition (SPなし / SP1 / SP2)
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition, Enterprise Edition (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2003 R2
  • Windows Server 2008 Standard, Enterprise (SPなし / SP2)
(EM64T)
  • Windows Server 2008 Standard x64, Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2008 Standard x64、Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter (SPなし / SP1)
ハードウェア
  • プロセッサ:Intel PentiumIII プロセッサ(600MHz)以上
  • メモリ:約256MB
  • LAN:100Mbps以上
  • Tomcatまたは、IISが稼動している必要があります。

クライアントサービス for DPM

OS (IA32)
  • Windows XP Professional
  • Windows Vista Business, Enterprise, Ultimate
  • Windows 7 Professional, Ultimate, Enterprise
  • Windows 2000 Server, Advanced Server, Professional
  • Windows Server 2003 Standard Edition, Enterprise Edition
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition, Enterprise Edition
  • Windows Server 2008 Standard, Enterprise
  • Red Hat Enterprise Linux AS3, ES3, AS4, ES4, 5.1~5.5, AP5.1~5.5
  • SUSE Linux Enterprise Server 9, 10, 11
(EM64T)
  • Windows Server 2003 Standard x64 Edition, Enterprise x64 Edition, Datacenter x64 Edition
  • Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition, Enterprise x64 Edition, Datacenter x64 Edition
  • Windows Server 2008 Standard x64, Enterprise x64
  • Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter
  • Red Hat Enterprise Linux AS4, ES4, 5.1~5.5, AP5.1~5.5
  • SUSE Linux Enterprise Server 9, 10, 11
(IPF)
  • Windows Server 2003 Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Windows Server 2008 for Itanium-based Systems
  • Red Hat Enterprise Linux WS3, AS3, ES3, AS4, ES4, 5.1~5.5, AP5.1~5.5
  • SUSE Linux Enterprise Server 9, 10
※OSによって対応している機能(バックアップ/リストアなど)が異なります。詳細については、ユーザーズガイド「導入編」のサポート対応表を参照してください。
※サポートしているファイルシステムついては、ユーザーズガイド 「基本操作編」を参照してください。
仮想環境 (仮想化ソフトウェア)
  • VMware ESX Server 2.5.1(ゲスト)
  • VMware ESX Server 3.0.1, 3.0.2, 3.5, 4.0, 4.1, VMware ESXi 3.5, 4.0, 4.1(ホスト、ゲスト)
  • Citrix XenServer Enterprise Edition 4.0, 4,1, 5.0, 5.5, 5.6(ホスト)
  • Microsoft Hyper-V(ホスト、ゲスト), Hyper-V2.0(ホスト、ゲスト)
ホストのバックアップ、ゲストの電源ON等、一部未対応の機能があります。
詳しくは以下を参照してください。
WebSAM DeploymentManager Ver5.1 仮想化ソフトウェア対応状況PDF
ハードウェア
  • PXEブートサポート装置
  • メモリ:約12MB
  • LAN:100Mbps以上
  • 空きハードディスク:約5.5MB
  • ディスク・LANデバイスがDeploymentManager対応
    詳細は、「対応装置一覧」よりご確認ください。
    ※リモート電源ON機能をご使用になるには、対象マシンがWake ON
    LAN機能に対応している必要があります。
    ※ネットワークブートで取得したUUIDとOS上で取得したUUIDが異なる
    場合があります。
    詳細は注意事項の「UUIDについて」を参照してください。

イメージビルダー(リモートコンソール)

OS (IA32)
  • Windows XP Professional (SP2 / SP3)
  • Windows 2000 Server (SP4), Advanced Server (SP4), Professional (SP4)
  • Windows Server 2003 Standard Edition, Enterprise Edition (SP1 / SP2)
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition, Enterprise Edition (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2003 R2
  • Windows Server 2008 Standard, Enterprise (SPなし / SP2)
(EM64T)
  • Windows Server 2008 Standard x64, Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2008 Standard x64、Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter (SPなし / SP1)
ハードウェア
  • プロセッサ:Intel PentiumIII プロセッサ(600MHz)以上
  • メモリ:約30MB
  • 空きハードディスク:約8MB
    イメージファイルの作成時には、別途一時的に格納する容量が必要

Webコンソール

OS (IA32)
  • Windows XP Home Edition (SP2), Professional (SP2)
  • Windows Vista Business, Enterprise, Ultimate (SPなし / SP1 / SP2)
  • Windows 7 Professional, Ultimate, Enterprise (SPなし / SP1)
  • Windows 2000 Server (SP4), Advanced Server (SP4)
  • Windows Server 2003 Standard Edition, Enterprise Edition (SPなし / SP1 / SP2)
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition, Enterprise Edition (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2003 R2
  • Windows Server 2008 Standard, Enterprise (SPなし / SP2)
(EM64T)
  • Windows Server 2008 Standard x64, Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2008 Standard x64、Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter (SPなし / SP1)
ハードウェア
  • プロセッサ:Intel PentiumIII プロセッサ(600MHz)以上
  • メモリ:128MB(512MB以上を推奨)
  • LAN:100Mbps以上
  • 空きハードディスク:90MB以上
  • Internet Explorer 6.0~8.0

PackageDescriber

OS (IA32)
  • Windows XP Professional (SP2 / SP3)
  • Windows Vista Business, Enterprise, Ultimate (SPなし / SP1 / SP2)
  • Windows 2000 Server (SP4), Advanced Server (SP4), Professional (SP4)
  • Windows Server 2003 Standard Edition, Enterprise Edition (SPなし / SP1 / SP2)
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition, Enterprise Edition (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2003 R2
  • Windows Server 2008 Standard, Enterprise (SPなし / SP2)
(EM64T)
  • Windows Server 2008 Standard x64, Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2008 Standard x64、Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter (SPなし / SP1)
ハードウェア
  • プロセッサ:Intel PentiumIII プロセッサ(600MHz)以上
  • メモリ:64MB以上
  • 空きハードディスク:1MB(別途、パッケージの格納用実サイズ分とJREのインストールに130MB必要)以上
  • LAN:100Mbps以上

コマンドライン for DPM

OS (IA32)
  • Windows XP Professional (SP2 / SP3)
  • Windows 2000 Server (SP4), Advanced Server (SP4), Professional (SP4)
  • Windows Server 2003 Standard Edition, Enterprise Edition (SP1 / SP2) ※1
  • Windows Server 2003 R2 Standard Edition, Enterprise Edition (SPなし / SP2) ※1
  • Windows Storage Server 2003 R2
  • Windows Server 2008 Standard, Enterprise (SPなし / SP2)
(EM64T)
  • Windows Server 2008 Standard x64, Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Storage Server 2008 Standard x64、Enterprise x64 (SPなし / SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter (SPなし / SP1)
ハードウェア
  • プロセッサ:Intel PentiumIII プロセッサ(600MHz)以上
  • メモリ:約6MB
  • 空きハードディスク:約6.3MB
  • その他:LANボード、マウス、キーボード、800x600以上の解像度を持つディスプレイ

WebSAM DeploymentManager Ver5.1
(REVISION:003以前)を使用している場合

WebSAM DeploymentManager Ver5.1(REVISION:003以前)を使用している場合は、こちらを参照してください。
REVISIONは、製品CD-ROMのラベルに記載しています。

WebSAM DeploymentManagerサポート機種
(管理対象コンピュータ) -重要-

対応装置及び対応デバイスWebSAM DeploymentManagerがサポートする機種及びデバイスを公開しています。
WebSAM DeploymentManagerご導入の際は、管理対象コンピュータが、WebSAM DeploymentManagerサポート対象機種であるかを必ずご確認ください。
なお、最新機種及び他社機種については掲載が遅延している場合がありますのでお問い合わせください。