サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM DeliveryManager Standard Edition - FAQ(システムの構築)

システムの構築について

Q1必要なハードウェア環境を教えてください。
A1

動作環境をご覧ください。

Q2他社機への導入は可能ですか。
A2

DeliveryManager Standard Editionは、ハードウェアに依存する部分がないため、他社機でも問題なく動作します。

Q3中継システムとエージェントは別物ですか。
A3

別物です。
詳しくは、new window NECサポートポータルを参照してください。

Q4DMエージェントを使用しなくてもファイル配信ができますか。
A4

適用先システムDMエージェントは、SW配布管理システムに必須です。

Q5管理元システム、適用先システム、クライアントシステムがWindows、UNIXの混在環境でも利用可能ですか。
A5

可能です。

Q6拠点数が全国で約100ヶ所、サーバ約100台、端末約20,000台といった大規模システムでの利用は可能ですか。
A6

上述規模での利用は、理論上可能です。
ただし、1台のサーバ(適用先システム)につき100台程度までのクライアントという構成を推奨します。
この台数は、ネットワーク構成、配布ファイルの容量および転送・管理性能のご用件等によって変わります。

Q7管理元(DMマネージャ)と適用先(DMエージェント)を1台のマシンに共存させることはできますか。
また、適用先(DMエージェント)とクライアント(DMクライアント)を1台のマシンに共存させることはできますか。
A7

どちらも可能です。

Q8使用ポート番号を教えてください。
A8

new window NECサポートポータルを参照してください。

Q9適用先(DMエージェント)は何台程度のクライアント(DMクライアント)を管理することができますか。
A9

1台のサーバ(適用先(DMエージェント)につき100台程度までのクライアントという構成を推奨します。
ただし、この台数は、ネットワーク構成、配布ファイルの容量およびコンピュータ、ネットワークのファイル転送性能等の諸元により上下します。

Q10クラスタに対応していますか。
A10

Windows製品、HP-UX製品、Linux製品は以下のクラスタ製品に対応しています。

OS種別 クラスタ製品 備考
Windows CLUSTERPRO
CLUSTERPRO X
  • CLUSTERPRO X 3.3までサポート。
  • Ver8.2から対応。
  • 中継システム、クライアントシステムはクラスタには対応していません。
    (クラスタを構成する各マシンへの導入は可能)
HP-UX MC/ServiceGuard  
Linux CLUSTERPRO X
  • CLUSTERPRO X 3.3からサポート
  • Ver8.3のリビジョンアップVer8.32からサポート
  • 中継システムはクラスタには対応していません。
    (クラスタを構成する各マシンへの導入は可能)
詳細に関しては、NECサポートポータルのコンテンツを参照してください。構築方法を記載したマニュアルに関してはコンテンツの関連情報を参照してください。

Q11管理元(DMマネージャ)、適用先(DMエージェント)を同じマシンにインストールする場合、スプールディレクトリは同一ディレクトリでも問題ないですか。
A11

管理元(マネージャ)と適用先(エージェント)のスプールディレクトリは、別のディレクトリを指定してください。
同じディレクトリを指定すると、正しく動作しない場合があります。
なお、詳しい情報はDMの「ユーザーズマニュアル [システム構築編]」の「5.1 GUIを使った動作環境設定手順(Windowsプラットフォーム)」を参照してください。
DMの「ユーザーズマニュアル [システム構築編]」は、以下のURLで公開しております。
new windowhttps://www.support.nec.co.jp/View.aspx?id=3170100351

Q12Windowsファイアウォール機能を有効にする場合の注意事項について教えてください。
A12

Windowsファイアウォール機能のデフォルト設定は、ほとんどの通信ポートを閉じた状態に設定されております。
そのため、DMによるソフトウェア配布が行なえなくなり、通信障害による配布失敗などの現象が発生します。

【回避策】
Windowsファイアウォールにて、ご利用の製品を例外対象プログラムとして、登録してください。
FileTransferやRelayをご利用の場合は、これらも登録してください。

[DMマネージャ]
  • DMマネージャのインストールディレクトリ¥esmmdm.exe
[DM Relay]
  • DM Relayのインストールディレクトリ¥esmrdm.exe
[DMエージェント]
  • DMエージェントのインストールディレクトリ¥esmadm.exe
[DMクライアント]
  • DMクライアントのインストールディレクトリ¥dmcboot.exe
  • DMクライアントのインストールディレクトリ¥dmcmcfrv.exe(*1)
    (*1)マルチキャスト転送を行なう場合
[FileTransfer]
  • FileTransferのインストールディレクトリ¥esmft.exe
[Relay]
  • Relayのインストールディレクトリ¥esmrelay.exe

Q13同一コンピュータにDMマネージャとMicrosoft SQL Serverを導入し、DMマネージャでこのデータベースを使用する場合の注意事項について教えてください。
A13

コンピュータの起動時に、DMマネージャ サービスの起動に失敗する現象が確認されています。
これは、Microsoft SQL Server起動時に、データベース サーバへの接続可能になった後、データベースを利用可能となるまでに、時間がかかるようになっていることが影響していると思われます。

【回避策】
現象が発生した場合は、DMマネージャサービスを再起動してください。
また、恒久的に解消するには、DMマネージャにおけるデータベース接続処理にて、異常を検出した場合に再試行を行うように設定してください。

※Administratorの権限で作業を行ってください。

  1. [スタート]-[ファイル名を指定して実行]、「regedit」を入力し、<OK>ボタンを押し、レジストリエディタを起動します。
  2. [編集]-[新規]-[DWORD]を選択し、以下のレジストリを設定します。
    --------------------------------------------------------------
    キー名  :\\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\NEC\DMSTD
    [64bitOSの場合]
    \\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\NEC\DMSTD
    値の名前:DatabaseInitializeRetryCount
    設定値  :nn (再試行回数)
    ※再試行は、1[分]間隔で行います。
    --------------------------------------------------------------
    
  3. [コントロールパネル]-[サービス]で、DMマネージャ サービスを再起動します。

Q14中継システムを設置する構築規模の目安を教えてください。
A14

適用先システム(DMエージェント)の設置台数が、100台を超えるような構成となる場合には、中継システム(DM Relay)の設置をご検討ください。

Q15プロセッサライセンスで使用できるクライアントのプラットフォーム(OS)は何ですか?
A15

WindowsとLinuxです。

Q16プロセッサライセンスを選択した仮想化基盤上に、インストールライセンスのVMをマイグレーションできますか?
A16

はい。可能です。

Q17RedHatEnterpriseLinux 7.0以降でSystemdのスタックサイズデフォルト値(/etc/systemd/system.confのDefaultLimitSTACK) を設定する場合、影響はあるでしょうか?
影響がある場合、回避方法等について教えてください。 New
A17

DeliveryManagerの起動スクリプトにて、個別に指定することで対応が可能です。指定方法は以下を参照してください。

対象ファイル:
/etc/init.d/esmpro_daemon

修正内容:
対象ファイルの処理の先頭に以下を追加ください。
ulimit -s 8192

概要:
スタックサイズの上限サイズをKB単位で指定することで、DeliveryManagerで利用するサイズを制限します。