ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 企業・官公庁向け製品名一覧
  4. UNIVERGE IXシリーズ
  5. 製品ラインナップ
  6. UNIVERGE IX2106
ここから本文です。

UNIVERGE IXシリーズ 製品ラインナップ

UNIVERGE IX2106

UNIVERGE IX2106

製品情報

機種名 UNIVERGE IX2106
品名コード BE117769
希望小売価格(税別) 81,000円

従来機種からの大幅な性能向上

「UNIVERGE IX2106」は、10/100/1000BASE-Tポートを5ポート持つギガビット回線対応ハイパフォーマンスルータです。最大2Gbpsの基本性能、IPsec利用時でも最大1.2Gbpsの高性能を実現し、従来機種(IX2105)と比較して大幅な転送性能向上を実現しました。
※2017年10月 当社調べ

加えて「IX2106」では、従来機種と比較して複数の通信セッションを同時に処理するための仕様(NAPTキャッシュサイズなど)も大幅に拡張。LAN側からインターネットに接続する通信セッションの数は、インターネットに繋がる端末台数の増加や(スマートフォンなど)、クラウド型アプリケーションの利用拡大によって増加傾向にあり、「IX2106」の導入によって、WANルータがボトルネックになる問題を回避することが可能です。

製品名 UNIVERGE IX2105 UNIVERGE IX2106
転送性能(IPv4) 最大1.3Gbps 最大2Gbps
転送性能(IPv4-IPsec) 最大440Mbps 最大1.2Gbps
メモリ(DRAM) 128MB 256MB
NAPTセッション数 最大65,535セッション 最大250,000セッション

優れた設置性・耐久性と、省エネを両立したハードウェア

「IX2106」は、従来機種(IX2105)の設置性を継承。従来機種(IX2105)と同サイズの小型筐体の中に電源モジュールも内蔵しており(外付けACアダプタ不要)、狭小スペースへの設置にも困りません。

また、低消費電力設計やRoHS指令準拠など、環境にも配慮しています。

動作保証温度最大50℃

空調設備が整わない環境や、夏場の利用でも安心。温度モニタ機能により、リモートから装置温度の監視も可能です。

省エネ設計

最大消費電力を7W以下に抑制しています。

金属筐体の採用

金属筐体は放熱性が優れているため、機器の信頼性が向上します。また、リサイクル率も高く、環境負荷も軽減します。


VCCIクラスB適合製品

妨害電波の発生量を抑制し、周辺電子機器の誤動作リスクを軽減しています。


レイアウトフリーを実現する各種オプションハードウェア

スタンド(標準添付

縦置きスタンド(標準添付)
縦置きに設置するためのスタンドを標準添付。

壁掛けキット

壁掛けキット(品名コード:BE105079)
壁面取付用キット。

マグネットセット

マグネットセット(品名コード:BE106018)
スチール机などに壁掛けキットを磁石で固定する場合に必要。

19インチラック取付棚1U3 (IX2106、IX2215搭載時)

19インチラック取付棚1U3
(品名コード:BE113930)
EIA/JIS規格1Uサイズ。1セットで「IX2215」、「IX2207」を最大2台、「IX2106」を最大3台搭載可能。

大幅に機能強化されたWeb-GUI機能

「UNIVERGE IX2106」は、Web-GUIによる設定・管理機能に対応しています。

設定機能では、VPN接続やクラウド接続を容易に行うことができる「かんたん設定」と、URLフィルタやQoS、不正アクセス検知などの機能毎の設定が行える「詳細設定」の2つのモードに対応。

管理機能としては、LAN側に接続された端末の一覧表示と制御が可能な「リンクマネージャ機能」のほか、機器のバージョンアップなどを行うための各種保守メニューを用意しています。


クラウドサービス接続

Web-GUI/かんたん設定機能」では、以下のクラウドサービスにインターネット経由で接続するためのかんたんな設定メニューを用意しています。

・Amazon VPC(Virtual Private Cloud)
 ※専用線接続(Direct Connect)の設定メニューにも対応
・Microsoft Azure
・NEC Cloud IaaS


ダイナミックVPN

Web-GUI/かんたん設定」では、ダイナミックVPN機能によるVPN接続のかんたん設定に対応しています。

IXシリーズのダイナミックVPN機能は、VPNで接続する対向IXルータのIPアドレスなど最小限の情報を登録するだけで、暗号・認証方式などの複雑な知識を必要とすることなく、センタと複数拠点間をフルメッシュで接続できる特徴を有しています。

「IX2106」含むIXシリーズは、Web-GUIを使用して、ダイナミックVPNの設定と接続状態の表示を行うことが可能です。

IPv6サービスを利用して高速インターネット

日本国内のインターネットトラフィックは年々増加傾向にあることから、利用者が多いIPv4インターネットから、新しいネットワークであるIPv6インターネットへの移行が加速しています。

「IX2106」は、各種IPv6移行技術のサポートと、IPv4と同等のIPv6転送性能により、IPv6インターネットの活用に最適な製品です。


IPv6移行技術のサポート

「IX2106」はNTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ回線でのIPv6サービス(IPoE方式、PPPoE方式)に対応。IPv4 over IPv6トンネル技術を使用したIPv4インターネット接続サービスにも対応しています。

また、ダイナミックVPNなどのVPN機能もIPv4 over IPv6対応しており、様々な形でフレッツIPv6サービスの活用が可能です。


IPv6 Ready Logo Phase-2 取得製品

Logo ID Product Category IPv6 Ready Logo Phase.2
02-CS-000112 Router、IPsec SGW、IPsec End-Node

「UNIVERGE IX2106」は、より高い適用性と実用性を認定する「IPv6 Ready Logo Phase-2」取得済み製品です。(https://www.ipv6ready.org/

安全性とセキュリティを兼ね備えたネットワーク構築に最適

企業のコンプライアンス強化に最適

「IX2106」は、社内のネットワークを論理的に分離する「VRF-Lite機能」に対応。部門毎や用途毎にネットワークを分離し、異なるネットワーク間の通信を完全に遮断できるため、ネットワークの安全性が高められます。

他にも、端末認証機能として、「IEEE802.1X」と「MACアドレス認証」、「Web認証」の3種類の認証方式に対応。加えて「URLフィルタリング機能」にも対応しており、有害サイトへの接続によるウィルス感染リスクの回避や、インターネットの私的利用制限が可能です。


快適なクラウド利用を実現する「URLオフロード機能」

センタと各拠点間をインターネットVPNで接続する構成でクラウドアプリケーションを利用すると、センタ側にトラフィックが集中し、センタ側の回線帯域が不足したり機器の負荷が高くなる問題がありました。

IXシリーズでは、Microsoft Office 365などのクラウド宛て通信を自動的に識別し、クラウド宛て通信をVPNではなく直接インターネットに送信する「URLオフロード機能」に対応。センタ側の負荷を軽減し、クラウドサービスを快適に利用することができます。


帯域確保型データ通信サービス「データコネクト」に対応

データコネクト

「IX2106」は、「データコネクト」サービスを利用した拠点間接続機能(NGNオンデマンドVPN機能)に対応。

必要なときだけ『帯域が確保されたデータ通信用セッション』を確立することができるため、ISDN回線よりも高速なバックアップ回線として最適です。


レイヤ2VPNを実現する「Ethernet over IP(EtherIP)」に対応

安価なブロードバンド回線を使用して、レイヤ2ネットワークの構築を実現する「Ethernet over IP(EtherIP)」に対応しています。


通信の品質を高める機能を各種搭載

ICMP Echoパケットを使ってネットワーク障害を検知し、バックアップ回線への経路切り替えを実現するUNIVERGE IXシリーズ独自技術「ネットワークモニタ機能」をはじめ、「VRRP」、「RIP/OSPF/BGP4」、「PIM-SM」など、経路冗長化を実現する主要技術を豊富にサポート。


データ・音声統合環境でも安心

音声などのリアルタイムトラフィックを確実・低遅延に配送しつつ、データトラフィックの効率的な転送を実現する「LLQ(Low Latency Queuing)」などの送信優先制御機能に加え、「L2-QoS機能(CoS制御)」、「トラフィックシェーピング」などにより、高品質なネットワークの構築が可能です。


ミラーリング/QoS機能対応の高機能L2スイッチを内蔵

ミラーリング機能は、特定のHUBポートを「ミラーリングポート」もしくは「モニタポート」に指定し、モニタポートを通過するトラフィックをコピーしてミラーリングポートから出力する機能です。パケットキャプチャによるトラブル解析などに役立ちます。

QoS機能は、HUBポート毎に優先度を設定し、特定のHUBポートで受信したトラフィックを優先することができる機能です。例えば、HUBポートの1つを音声端末接続用ポートとして優先させることで、データ系トラフィックの輻輳時にも音声を確実に転送し、高品質なIP電話環境を実現できます。

UNIVERGE IX2106の特徴

優れた転送性能 最大2GbpsのIPv4基本性能、
最大1.2GbpsのIPsec性能(AES256/SHA1)
拡張性の高いポート構成 10/100/1000BASE-T × 5ポート
(うち4ポートはスイッチングハブ)
高機能4ポート
スイッチングハブ内蔵
ポートベースVLAN
リンクアグリゲーション機能
QoS(優先制御)機能
ミラーリング機能
ループガード
データコネクト対応 「NGNオンデマンドVPN機能」により、
データコネクトサービスを利用した拠点間接続が可能
SDN OpenFlow 1.3.1準拠
ブリッジ機能 トランスペアレントブリッジ
Ethernet over IPブリッジ(EtherIP)
各種ルーティング機能 IPv4:RIPv1/v2、OSPFv2、BGP4
IPv6:RIPng、OSPFv3
仮想ルータ機能 VRF-Lite(IPv4)
クラウドサービス向け機能 Web-GUIによるかんたん設定
URLオフロード機能
インターネット接続サービス向け機能 アドレス変換機能(NAPT):最大250,000セッション
URLリダイレクト機能
マルチキャスト IPv4:IGMPプロキシ、PIM-SM
IPv6:MLDプロキシ
IPsec VPN
(レイヤ3 VPN)
IPsecトンネル:最大128対地
ダイナミックVPN対応
レイヤ2 VPN EtherIPトンネル:最大10対地
QoS機能 送信優先制御方式:PQ/CBQ/LLQ
帯域制御:シェーピング
IPv6 IPv6 Ready Logo Phase.2取得製品
セキュリティ機能 IEEE802.1X認証、MACアドレス認証、Web認証
URLフィルタリング
保守運用 ネットワーク状態表示ランプ(VPN/PPP/BAKランプ)
Web-GUIを使用した設定機能・メンテナンス機能
SNMPv1/v2c対応
sFlow対応
プログラムファイル2面管理機能
環境への配慮 動作保証温度最大50℃
ファンレス設計
RoHS指令準拠
VCCI Class B適合
省エネ設計 消費電力14VA(7W)以下
未使用LANポートのシャットダウン機能を実装
優れた設置性 電源内蔵モデル
縦置き設置用のスタンドを標準添付
オプションキットの追加により、壁掛け、マグネット取付、19インチラック設置にも対応

ページの先頭へ戻る