ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. UNIVERGE
  4. ダウンロード
  5. 解説資料
  6. SDN関連
ここから本文です。

ダウンロード

UNIVERGE 解説資料

「つなぐ」「守る」力がデジタルビジネスを支える 革新の礎となる最適なIT環境とは[New]

※日経BP社サイトのページへ移動します

デジタル革新とネットワーク、セキュリティの深い関係
ITベンダーの評価は、デジタル変革をどう支援できるかという点が重視されるようになった。

NECは、組織体制を改組するなどして支援体制を強化しているという。
同社 セキュリティ・ネットワーク事業部 事業部長 尹 秀薫(ゆん すふん)氏に話を聞いた。

特別座談会 Vol.7 柔軟性と安全性の両立に強み SDNはIoTが求めたインフラ

※日経BP社サイトのページへ移動します

トライアルの試行錯誤を支え サイバー攻撃の被害を最小化
ネットワークの課題を解決する技術として注目されたSDNだが、その価値はもはやネットワーク領域だけにはとどまらない。

SDNの最新動向を追い続けている「SDN戦略的活用フォーラム」(日経BP総研 イノベーションICTラボ主催)では、特にIoT分野における期待の高まりに注目が集まった。NECのキーパーソンに話を聞くと、工場や倉庫といった「現場」でのSDN導入が加速しており、背景には、SDNならではの柔軟性とサイバー攻撃対策に有効な安全性の高さがあるというのである。

SDNがIoT活用をどう支えているのか、同フォーラムの特別セッションの概要を紹介する。

特別座談会 Vol.6 イノベーションICT研究所 所長が問うSDNの可能性

※日経BP社サイトのページへ移動します

中堅企業やビジネスの「現場」に導入が拡大 IoT時代を支えるSDN
企業間のパートナーシップが市場の拡大を牽引する

SDN市場に大きな変化が起きている。導入を検討する企業の幅が拡大しているのだ。
1つは中堅規模の企業や地方自治体。もう1つは、各業種のビジネスにおける「現場」だ。
背景にはIoT活用の進展がある。

この市場の成長を支えているのが、NECを中心とする企業間のパートナーシップだ。
SDNソリューションを提供するNECと、様々な強みを持つパートナーが手を組むことで、より広範な顧客への最適な提案が可能になったのだという。
NECと、2社のパートナーのキーパーソンに現在の取り組みを聞いた。

IoT時代の最適なビジネス基盤

※日経BP社サイトのページへ移動します

あらゆる「つなぐ」に対応するSDN

もはやIoTは、IT戦略上のテーマではなく、ビジネス戦略における重要なテーマとなっている。

企業には、あらゆるモノがつながる社会の到来を見据えたビジネス変革の検討と同時に、そうした環境変化に対応できる基盤の構築が求められている。では、どのような基盤を構築すればよいのか。
IoT時代を見据えたビジネス基盤に関して新たな戦略の発表を行ったNECのキーパーソンに話を聞いた。

特別座談会5 サイバー攻撃を「検知」「遮断」 迅速・的確な対応で被害を最小化

※日経BP社サイトのページへ移動します

SDNが可能にしたセキュリティ対策の高度化

顧客情報の漏えいや工場の操業停止など、サイバー攻撃による被害は後を絶たない。
被害を防ぐために様々な対策が講じられているが、セキュリティ強化の観点からSDN(Software-Defined Networking)に注目する企業が増えているという。

ネットワークソリューションであるはずのSDNが、なぜセキュリティ強化に効くのか。
実際にSDNによるセキュリティソリューションの企画に携わった、あるいはSDNによるセキュリティシステムを構築した経験を持つ二人の専門家に話を聞いた。

特別座談会4 もはや「特別」ではない 導入が加速するSDN

※日経BP社サイトのページへ移動します

課題解決からビジネスの中心へ 先行企業が得た3つの価値

過去3回にわたり、SDN(Software-Defined Networking)市場を牽引するキーパーソンたちに、SDNで何ができるのか、どんな誤解があるのかなど、様々な話を聞いてきた。
今回は、日経BPイノベーションICT研究所が主催した「SDN実践活用フォーラム」の特別セッションの模様を紹介する。

革新的な技術として注目されたSDNは、現在、急速に導入が拡大している。
数多くの実績を持つNECの二人に協力してもらい、ユーザーは何を目的にSDNを導入しているのか、実際にどんな成果を上げているのかを明らかにしたい。

特別座談会3 安定操業とIoTの戦略インフラ SDNが工場の進化を促す

※日経BP社サイトのページへ移動します

日本発の次世代工場に高まる期待 先行企業はすでに導入を開始

データセンターや情報系LANの印象が強いSDN(Software-Defined Networking)だが、にわかに工場への導入が活発化しているという。
背景には、セキュリティや人材不足という工場が抱える課題を解決し、至上命題である「安定操業」をいかに実現するか、そして、IoT(Internet of Things)時代に向けたインフラ整備という2つの側面があるようだ。

実際に大手製造業へのSDN導入プロジェクトを担当している横河電機と、ソリューションを提供したNECのキーパーソンに話を聞いた。

特別座談会2 SDNの「誤解」と「真実」   「総とっかえ」は本当に必要か?

※日経BP社サイトのページへ移動します

ニーズに合わせた柔軟な導入携帯が飛躍のカギ 見えつつある普及への道筋

ICTの大きなイノベーションの1つとして、SDN(Software-Defined Networking)への注目度は、ますます高まっている。
前回(日経コンピュータ3月19日号掲載)は、NEC、日本ヒューレット・パッカード、日本マイクロソフトの担当役員に、そのインパクトについて話を聞いた。

今回は、実際にネットワークビジネスの現場で事業を推進するNECと日本ヒューレット・パッカードの二人に、ビジネスの進捗状況、具体的な導入方法、そしてSDNの普及に向けた取り組みを語ってもらった。

特別座談会 SDNはネットワークの「破壊的イノベーション」である

※日経BP社サイトのページへ移動します

市場を牽引するNEC、日本マイクロソフト、HP 三社の連携がもたらす革命とは

サーバーの仮想化がほぼ行きわたった現在、多くの企業の目は「ネットワークを含むICT」全体の運用 性や柔軟性、迅速性をいかに高めるかという点にシフトしている。そのための技術として、注目され ているのがSDN(Software-Defined Networking)だ。SDNは、これまでのICTの概念を根底から覆し、ICT 業界マップをも再編しようとしている。市場をけん引する3社のキーマンに話を聞いた。

「何ができるの?」を解決!ついに始動!! SDN活用研究所

SDN活用研究所

SDN(Software-Defined Networking)はソフトウェアでネットワークを制御するという新発想の技術。
これまで個々のネットワーク機器が同時に担っていたネットワークの「制御」とデータの「転送」という2つの機能を分離し、汎用サーバに搭載のソフトウェアから、データ転送に特化した各スイッチを動的に制御する。

これにより、ネットワーク全体をあたかも仮想的な1台の大きなスイッチのように扱うことが可能。
通信の柔軟な変更、効率的な運用管理、安全性の向上などを実現し、既存のネットワークの課題を解決してくれる。

ページの先頭へ戻る