NEC技報 人気コンテンツ

エッジコンピューティングの目的は、リアル(現場)でのIT資源を極小化しながらも、AIやビッグデータ処理など、クラウドコンピューティングのメリットを提供することも目的の一つです。本稿では、NECのエッジコンピューティングにおけるソリューション事例を5つ取り上げます。…

IoTとAI、それらをつなぐネットワーク技術の進展は、人間の五感と脳そして神経になぞらえて説明されることがあります。また、画面を経由してアクセスしてきたインターネット体験も、AR、MRという技術やオムニチャネルというコンセプトとして、フィジカルな空間を前提にデザインされ始めました。ヒアラブル(hearable)技術は…

年々巧妙化するサイバー攻撃に対する対策が求められています。自己学習型システム異常検知技術(ASI)は、監視ソフトウェアによりPCやサーバの詳細動作ログを収集し、本ログに対する機械学習(AI)を行うことで、監視対象システムの平常状態を生成します。…

今回取り上げるのは、日本電気本社ビル(NECスーパータワー)。1990年1月の竣工から、2015年で25年を迎えました。
一度目にしたら忘れられない、そのユニークな形状から「ロケットビル」とも呼ばれ、オフィスビルが集まる港区芝でも目立つ存在です。…

NECは、カメラ映像を基にして人・物の位置や状態を解析し、センサ・タグなどから得られた属性情報と組み合わせた動線解析システムを開発しました。本システムは、複数台の監視カメラ映像から人・物の位置や状態を「見える化」し、プラントや物流倉庫内での従業員の行動や、店舗内での来場者の行動を…