ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. Home
  2. 通信事業者向け
  3. NEC Digital Network Transformation
  4. NEC IoTネットワークソリューション
  5. ユースケース
ここから本文です。

IoTを⽀えるネットワークソリューション

NEC IoT ネットワークソリューション ユースケース

お問い合わせ

ユースケース

Optimization

映像監視ネットワーク最適化

 監視映像の状況に合わせて、監視カメラと映像解析サーバー間のネットワークを動的に最適化することで、ネットワークコストの抑制と⾼度な映像監視を両⽴します。

Telemeter on LoRaWAN

Telemeter on LoRaWAN

 LoRaWAN準拠のネットワークとIoTデバイスの組み合わせで、コストを抑えた測定データの収集や管理を容易に実現します。

Device Management System Interwork with OSS/BSS

Device Management System Interwork with OSS/BSS

 OSS/BSSと連携したデバイスの統合管理を提供することで、IoTサービスをサポートします。

映像監視ネットワーク最適化

 ビルやスタジアム、テーマパークなどでは、多くの監視カメラが備え付けれられています。この監視カメラの⽤途は、映像の記録だけにとどまらず、映像を使った様々なセキュリティサービスで、犯罪の解析や安全対策に使われています。しかし、監視カメラの映像を解析するためには、多くの場合映像を解析サーバーに送る必要があります。またリアルタイムで解析を求められる際には、⾼精細なリアルタイム映像をネットワークを通して送り続けることになります。カメラを複数設置している場合も考慮すると、ネットワークに⼤きな負荷がかかることは想像に難くありません。

 ここでは⼀つの例として、監視対象ビルの監視カメラとビル管理会社の映像解析サーバがVPNで接続されており、ビル管理会社の監視センターから遠隔監視している状況を想定します。

エンドユーザー(ビル管理会社)が抱える課題

  • ビルの監視カメラとビル管理会社の映像サーバまでをVPNで接続し、その帯域に制約がある状況下では、カメラ画質を⾼画質化した際の映像がクリアに⾒れない状況が発⽣する。(不審者を⾒つけた時に、顔を特定できない等)
  • VPN帯域を制限せず、常に⾼画質映像を取得したい場合には、VPN/ストレージコストが膨⼤となる

解決策

 監視ソリューションと連携して柔軟に映像の品質制御を実施し、動画品質に合わせたネットワーク環境を動的に提供します。これによりネットワークのコストを抑えながら、必要な時には⾼精細な映像が取得できます。例えば、普段は低画質・低ビットレートの画像を通信しているが、監視カメラが⼈の動作を捉えた時にだけ、⾼精細画像に切り替えて映像解析サーバーに送信し、解析サーバーでリアルタイムに⼈物特定を⾏うなどが実現できます。

メリット

ビル管理会社のメリット:

  • ⼈物を検知した際などの⾼精細画像が必要な時にだけ、必要な帯域を動的に確保でき、ネットワークに費やすコストの削減とQoSの両⽴が可能
  • ネットワークから提供されるAPIを利⽤することで、新規サービスを適⽤した際にも簡単に最適なネットワークが利⽤可能
ネットワークプロバイダーのメリット:
  • サービスプロバイダーのニーズにマッチしたテーラーメードのネットワークを提供可能
  • インテリジェンスなネットワークを提供でき、他社ネットワークとの差別化が可能
  • サービス毎にネットワークを⾃動で最適化することにより、運⽤効率化が実現可能

関連製品

Context-aware Service Controller

IoT Enablar

IoTサービスが要求する個々の条件を満たす柔軟なネットワークを動的に提供します。

顔認証ソリューション

Face Recognition Solution

 NECの世界No.1の顔認証技術は、PCアクセス認証やビル・施設等への入退場管理などの企業ユースから、顔パス入場などのエンターテイメント分野、さらには出入国管理や国民IDシステム等の国家レベルのセキュリティ管理まで、グローバルに幅広い用途で採用いただいています。

Telemeter on LoRaWAN

 LPWA(Low power Wide Area)はIoTに最適なネットワークを構築できる技術として、注⽬されている技術の1つです。NECはLPWAの中でも急速に広がりを⾒せているLoRa技術に着⽬し、少量データを⻑期にわたり定期的に収集するのに最適なLoRa技術準拠のネットワークを提供します。ユースケースとして、ガス会社が各家庭のガスメーターからデータを収集し、ガスメーターを制御するケースを考えてみます。通信コストや設備コスト・メンテナンスコストを抑えてIoTサービスの実現を可能にしています。

エンドユーザー(ガス会社)が抱える課題

  • 検針結果を⾃動で収集するために、各家庭の端末までネットワークを敷設したいが、固定網では広範囲にインフラ敷設が必要であり、無線網では個々の回線費⽤が負担となる。
  • ⾃家発電しているような電源確保が不安定な場所でも安定して測定したいため、電池式の端末で接続したいが、3G/LTEなどのモバイル接続では電⼒消費が⼤きく、電池交換などのメンテナンスが⼤変である。

解決策

 低価格で低消費電⼒、そして広範囲の無線ネットワークとして、LoRaWANに準拠したネットワークを提供します。ガスメータのメーター値など⼩容量のデータを広範囲に散らばった多数のデバイスから収集するのに最適なネットワークのため、低コスト・短納期で構築でき、メンテナンスも容易になります。

通信データの例:
  • ガスメーターの計測値
  • ガス栓の開栓・閉塞状況
  • 異常通知
  • ガスメーターの状況

メリット

ガス会社のメリット:

  • 消費電⼒が⼩さく10年以上もバッテリー交換が不要なため、メンテナンスコストを抑制可能。
  • ⼭間部や荒野のようなモバイルサービスの対象エリア外でも、サービス提供が可能。
ネットワークプロバイダーのメリット:
  • 広いエリアを少ないゲートウェイでカバーするため、設備費⽤を削減可能。

関連製品

LoRaWANに準拠したネットワークサーバー

IoT LoRa

LoRaWANに準拠したネットワークサーバーを中⼼に、LoRaデバイスから上位のIoTプラットフォーム、アプリケーションまでLoRaWAN準拠のネットワークでのIoTサービス実現環境を包括提供します。

IoT/M2Mソリューション CONNEXIVE

CONNEXIVE site

 CONNEXIVE(コネクシブ)は、本格化するIoT/M2Mのスピーディな導入を支援するソリューションです。安全・安心にあらゆるものがつながることで生まれる新たな価値により、豊かで革新的な社会を目指します。

Device Management System Interwork with OSS/BSS

 ネットワークサービスプロバイダーが統合的なデバイス管理システムを提供することで、IoTサービスを提供するサービスプロバイダーが、デバイス/ネットワーク/課⾦システムを1つのシステムで利⽤することが可能になります。

エンドユーザー(IoTサービスプロバイダー)が抱える課題

  • デバイス管理、ネットワーク管理、サービス課⾦システムを個別に調達する必要がある
  • 組込の通信モジュールのアップデートなどに専⽤の仕組みが必要になりコストがかかる

解決策

 ネットワークサービスプロバイダーがデバイス管理システムを提供することで、デバイス/ネットワーク/課⾦を1つのシステムで⼀括提供が可能になります。デバイス管理システムにより、各種IoT機器などのID管理や⾃動設定、ソフトウェアアップデートなどが遠隔で簡単に実施でき、IoTサービスのコスト削減が可能です。

メリット

IoTサービスプロバイダーのメリット:

  • 機器の設定を⾃動化し、コストを削減。
  • 新サービスやソフトウェアアップデートも⼀括で簡単に実施可能。
  • デバイス情報を視覚的に閲覧でき、状況把握が簡単。
  • 情報収集をベースに、魅⼒的な新サービスが創出可能。
ネットワークプロバイダーのメリット:
  • マルチテナントを収容可能なため、多くのサービスプロバイダーを1つのシステムでカバー。
  • SIM管理をベースとしたデバイス管理の最適化が可能。

関連製品

IoT端末管理ソリューション

IoT DM

IoTデバイスの統合的な管理を実現し、効率的な運⽤が可能なシステムを提供します。

* LoRa® の名称および関連するロゴは、Semtech Corporation またはその⼦会社の商標です。Semtech、Semtech ロゴ、および LoRa® は、Semtech Corporation の登録商標です。LoRaWAN™ は Semtech Corporation の商標です。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る