サイト内の現在位置

ケーススタディ

スマート街路灯

ケース1:商店街の活性化

こんなお客様に
  • 商店街
  • 自治体(街づくり担当課)
課題
  • 商店街への来訪者が減っている
  • 商店街にどんな人が来訪しているのかを分析して、テナント誘致やイベント開催などの街づくりにいかしたい
解決策
  • スマート街路灯でLED照明管理を効率化しながら、カメラ+画像解析、あるいは、Wi-Fi群流センサーで、曜日・時間帯ごとの通行人数、性別、年齢を解析
  • 解析結果をもとに、テナント誘致やイベント開催を行う事で、商店街への来訪者を増やし、街を活性化

【課題】
・商店街の来訪者が減少
・客層情報が不明

課題

【解決策】
①主要な動線をスマート街路灯のカメラで撮影

解決策

②曜日・時間帯毎の人流情報を見える化

②曜日・時間帯毎の人流情報を見える化

③分析結果をもとにテナント誘致、イベント開催、商店街への来訪者UP

③分析結果をもとにテナント誘致、イベント開催、商店街への来訪者UP

ケース2:自治体の街路灯管理と防災支援

こんなお客様に
  • 自治体(防災担当課、街路灯担当課、土木課)
課題
  • 照明の故障対応に人手がかかっている
  • 台風や豪雨の際の河川の氾濫で住民の生活がおびやかされている
解決策
  • スマート街路灯で、照明の故障状況や保守履歴を一括管理
  • カメラ+水位センサーで河川状況をリアルタイム監視する事で、有事の際の迅速な対処を可能に

【課題】
・照明故障対応の手間

課題

【解決策】
①街路灯をネットワーク化、PCで一元管理

解決策

②照明の故障状況の把握

②照明の故障状況の把握

③照明故障の際には、迅速な対処が可能に

③照明故障の際には、迅速な対処が可能に

・河川の氾濫の脅威

課題

①河川付近のスマート街路灯にカメラと水位センサーを設置

解決策

②河川水位のリアルタイム監視、アラート通知

②河川水位のリアルタイム監視、アラート通知

③有事の際には、迅速な対処が可能に

③有事の際には、迅速な対処が可能に

ケース3:街中の誘導案内

こんなお客様に
  • 自治体(街づくり担当課、防犯課、防災課)
課題
  • イベント開催等で、多くの人が集まる際に混乱が発生している
  • 災害発生時に駅に一気に人が集中するなど、パニックが発生する恐れがある
解決策
  • 多くの人が集まるスポットにスマート街路灯を設置
  • 街に集まった人への誘導案内や、災害時の案内によって混乱を回避

【課題】
・人が集まる場所やイベントでの混乱
・災害時のパニックの恐れ

課題

【解決策】
①多くの人が集まる街にスマート街路灯を設置

解決策

②観光客、障碍者、外国人へ誘導案内

③災害や有事の際の避難誘導

②観光客、障碍者、外国人へ誘導案内③災害や有事の際の避難誘導

ケース4:地域再開発時のネットワークインフラ

こんなお客様に
  • 自治体(再開発担当課、街づくり担当課)
課題
  • 街の再開発時に、LED照明の管理効率化
  • カメラ、センサー等を備えた、ネットワークインフラとしても利用
解決策
  • スマート街路灯で、LED照明管理を効率化しながら、カメラや各種センサーを備えた、新たな街のネットワークインフラとして、新しい街づくりを支援
照明の維持管理効率化+新たなネットワークインフラ

製品の詳細は下記までお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ