AI for Work Shift Support

AIに「作業」を任せ、人は価値を生む「仕事」へシフト

「AI for Work Shift Support」とは、社員と情報・システムの間を取り持ち、社内にある潜在価値を引き出すことで社員のパフォーマンスを向上させ、豊かな働き方へと導くソリューションです。日常の「作業」を代行し「仕事」に必要な情報をレコメンドする「作業を代行するAI」と、社員個々の専門性を可視化し的確に提示することで社内共創を喚起・醸成・加速する「共創を加速するAI」で、社員は価値を生み出す「仕事」に集中することが可能になります。

特長

  • あいまい・定型的でない自然言語(テキスト、音声等)からユーザの目的にあう業務内容・システムへの入力パラメータを特定し、代行(特許出願済)
  • AIがログを解析し、キーワードと人物の関連性を自動で定量化(特許出願済)することで事前に人手で専門性を登録する必要がなく、メンテナンスフリーで運用が可能
本構成により実現されるバーチャルアシスタント(VA)は、会話型プラットフォームとして活用が進む3つのユースケース(仮想パーソナル・アシスタント(VPA)、仮想顧客アシスタント(VCA)、仮想従業員アシスタント(VEA))のうちVPA,VEAに分類され、AIによるパーソナルアシスタントを意味する。

本ソリューションで実現できること

1.作業を代行するAI

  • このようなお客様に
    社員一人ひとりが実施している作業(交通費精算、スケジュール登録など)を効率化したい
  • 提供価値
    AIが社員に代わり「作業」を代行し「仕事」に必要な情報をレコメンドすることで、社員が本来の「仕事」に集中できます。

2.共創を加速するAI

  • このようなお客様に
    社内に散在する情報(人材、ナレッジなど)を探したい
  • 提供価値
    社員一人ひとりの専門性を可視化し、必要な情報(人材やナレッジなど)を的確に表示することで社内連携を喚起・醸成・加速します。

  • 「NEC 自動応答」は、NEC独自のAI技術(テキスト含意認識技術)を活用し、ユーザーからの問合せ文と似たような意味の質問文(Q)データをQ&Aデータから高精度に抽出し、ユーザーに自動的に回答したり、問合せ対応者による回答を支援します。

関連リンク

特徴・機能を詳しく説明したご紹介資料などもご用意しております。
下記「資料請求・お問い合わせ」よりご請求ください。