サイト内の現在位置を表示しています。

環境監視

打ち上げ前、振動試験中の気候変動観測衛星GCOM-C ©JAXA

森林破壊、異常気象、地殻変動、海洋汚染などの実態把握は社会的課題の認識や解決に欠かせません。衛星は同じセンサーで広範囲の長期的な変化を捉えられるなどの特徴があります。
私たち人間の活動結果は地球環境に多大な影響を与えています。温室効果ガスの増加は地球の温暖化をもたらし、地球の温暖化は北極海の氷山の消失や海面水位の上昇、更には生態系の変化をもたらします。
地球規模での気候変動・水循環メカニズムを解明するためには、海上など観測機器が設置できない所も含めて、宇宙から地球をグローバルに観測できる人工衛星は欠かせません。地球の温暖化・炭素循環変化や気候変動・水循環変動の解析には、温室効果ガスや大気中の浮遊粒子(エアロゾル)、地表面の反射率、降雨や水蒸気量、海面温度などの観測が欠かせません。人工衛星により観測されたこれらのデーターは、地上の観測データーとともに、環境変化メカニズムの解明や気候モデルの精度向上に利用されます。
環境監視分野における宇宙ソリューションは地球環境の保護や改善を進めるために必要な情報の提供を目指します。

気象変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)が観測した陸面の温度 ©JAXA

NEC 関連サイト