NEC Smart Connectivity

すべてをつなぐ、社会を変える。

ネットワークに、あらゆるものがつながりはじめている。
デバイスが多様化する、データが多様化する、サービスが多様化する。
しかし、それらが個別に動作しても、イノベーションは決して起こりはしない。

すべてを、あたかもひとつの生命体であるかのように機能させること。
NECは、あらゆるものを“賢く”つなぐ。ネットワーク自体が知性を持って
相手や状況を判断し、新たな価値を生むコネクティビティを提供する。

すべてをつなぐ、社会を変える。

お問い合わせはこちら CLICK
NEC Visionary Week 2021

データの利活用、
進んでますか?

DXが一層加速するNew Normal時代、データの利活用は、企業の競争力を決するきわめて重要な経営課題に。
ビジネスに関連する十分なデータを収集できているか。収集できているとして、それらをしっかり活用できているか、そして収益を生んでいるか。各部門が断片的なデータをバラバラに収集・蓄積しているだけでは、ビジネスの武器にはなりません。データ利活用のカギは、それらをうまく“つなぐ”こと。各部門のデータをつなぐ。異なる企業間で互いのデータをつなぐ。国や自治体などが持つデータをつなぐ。するとそこに、断片の状態では見えなかった、新たな収益機会、新たな顧客体験の可能性が立ち現れてきます。
NEC Smart Connectivityは、データを活用可能な形で収集・蓄積し、それらを“つなぐ”ことで、企業に、そして社会に価値あるイノベーションをもたらします。

こんな課題に
NEC Smart Connectivity
がお役に立ちます。

NEC SMART CONNECTIVITY

企業内のサイロ化された会員情報を
1つのIDに統合し、複数サービスが
一元的に利用できるサービスを創りたい

複数企業の会員基盤をひとつに統合し、シングルサインオンなどにより、
サービスの利便性を向上させるには。
利用者は、使い慣れたIDひとつで複数のサービスを安全に利用でき、
また各企業にとっては、個々に会員基盤をもつ必要がなくなるため、
インフラコストを削減できます。

事 例

より便利で、より豊かな都市生活・顧客体験の提供を

NEC Smart Connectivityで、
森ビル様が進める「都市のDX」を推進

現状・課題

「街(ヒルズ)」において、利用者データ基盤の整備を行い、新たな価値を創出したい。

利用者一人ひとりに最適化された情報発信やサービス提供を実現し、顧客体験をよりよいものにできないか。

解決アプローチ

六本木ヒルズをはじめとする「街(ヒルズ)」において、街の利用に係るデータや、街の中の様々な施設で得られるデータを統合・分析し、より便利で、より豊かな都市生活・顧客体験の提供に繋げる。そのために、NEC Smart Connectivityを活用して、都市のデジタルプラットフォーム「ヒルズネットワーク」を開発しました。 これに森ビルの「ヒルズID」が連携することで、利用者は、六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、アークヒルズなど、森ビルが管理・運営する複数の「街(ヒルズ)」における様々なサービスをシームレスに体験できるようになります。

NEC Digital ID
ヒルズネットワークにおけるNEC Smart Connectivity活用のイメージ

個々に会員基盤をもつ必要がなくなり、
インフラコストを最適化

今回の「ヒルズネットワーク」は、ユーザー数、トランザクション数、連携システム数など、非常に大きな規模ですが、単一のID統合基盤を構築することで、会員管理などのインフラコストの削減が可能です。

IDで顧客とサービスをつなぎ、
パーソナルデータの安全な連携を支援

単に全てのIDを繋ぐのではなく、個々の「街(ヒルズ)」においてサービスごとに発行したIDの中から、お客様自身がIDを選んで連携できるようにしました。こうしてデータを安全に連携させることにより、来訪者体験のさらなる価値向上を実現します。

NECは、サイロ化している顧客情報のID連携を速やかに進め、
安全・安心に活用することで、新たな顧客体験の創造と
利益機会の創出をサポートいたします。 データ利活用の高度化を実現し、個を豊かにする、
これからのまちづくりをNECは推進しています。

関連資料 関連資料 ※会員登録(無料)が必要です。
NEC SMART CONNECTIVITY

異なる事業者が保有する個人情報を、
ユーザーの許諾ポリシーに従って
安全に流通させるサービスを創りたい

異なる事業者がそれぞれに保有するパーソナルデータ(顧客情報)の
流通を実現し、新たな価値を創造するには。
エンド・ユーザーのデータ流通に関わる許諾ポリシーに従い、企業・
サービス間でデータを安全に流通させることにより、サービスの機能
向上はもちろん、新たな付加価値サービスの創出も可能になります。

事 例

データ連携で産業振興を図る

東京都様・都民の健康増進のための
産官学データ活用
ウェルネスサービス実証

現状・課題

東京の「稼ぐ力」の中核となる第4次産業革命技術の​社会実装を通じて、経済発展と社会的課題の解決を​両立する新たな社会である「Society5.0」の実現に向け、​都民の健康増進に資する「ウェルネス」を重点分野として位置づけている​。

都民の健康増進・介護予防という「社会的課題の解決」​と、ウェルネスデータを活用した新たなビジネスモデル​の創出という「経済発展」を両立させたい。​

解決アプローチ

この実証では、パーソナルデータを安全に流通させるための
仕組みの確立と課題の発見をテーマのひとつとし、
以下のような取り組みを行います。

主な
実験内容

  • 産官学データ連携による地域課題の見える化
  • ウェルネスソリューション開発に貢献する予防研究
  • 産官学データを活用できるデータ活用プラットフォームの実装

客観的なデータに
基づいて
治療成果を検証

靴の中敷きに設置したインソールセンサーのデータを活用して、リハビリの成果を的確に検証。NECのセンシング技術と分析技術を用いることで、より精度の高い結果を導き出します。

ここにNECの技術

センシングからセンサーデータの分析、活用方法まで、トータルなソリューションの構築・サポートが可能です。

データ活用
プラットフォームの
検証

産官学にまたがるデータを一元的に活用できる「データ活用プラットフォーム」の実装に向けた構想策定・構築検証を行います。個人の医療・健康情報や自治体や医療機関が保有する出産・健診・介護などのデータ、民間企業が保有する保険契約状況・食品などの購買履歴・電力使用状況など、さまざまなデータを本人同意の上で組み合わせることにより、病気予防・未病検知に重点を置くウェルネスサービスを構築するのが狙いです。

ここにNECの技術

社会動向や技術動向(マイナポータル、API連携、PHR:パーソナルヘルスレコードなど)を踏まえ、データ活用の統合基盤となるプラットフォームを構築します。

NECは、高いセキュリティを実現する技術や、
長年培ったナレッジで、
個人データの
安全・安心な利活用をご支援いたします。
データ利活用の高度化に向けて、
NECは様々な取り組みを行っています。

関連資料 関連資料 ※会員登録(無料)が必要です。
NEC SMART CONNECTIVITY

異なる事業者間で多様なデータを流通させ、
リアルタイムにユーザーへ提供する
サービスを創りたい

さまざまなサービス、システム、デバイスなど、
あらゆるデータをつなげて、それを流通させるには。
NECが保有する豊富なセンシング技術、
多種多様なネットワークサービス、
AIなどによる分析、リアルタイム処理の充実により、
新たな事業価値の創出を可能にします。

事 例

安全・安心/快適なまちづくり

グランフロント大阪様
実証実験

現状・課題

人々の幸せを中心として、
持続的に成長するまちを実現したい。

多種多様なデータを連携し、活用することで、まちの価値を向上させたい。

解決アプローチ

快適で安全なまちづくりを実現するには何が必要か?
本実証実験を通じて新たなサービスを創出し、訪れるお客様が安全・安心に
楽しんでいただけるまちづくりと、まちの魅力・価値の向上を目指します。

NECは、一般社団法人アジア太平洋研究所(APIR)および西日本電信電話株式会社(NTT西日本)と共同で、
グランフロント大阪において、ICT・IoTを活用したスマートシティの実証実験を行いました。

主な
実験内容

  • まちをセンシングして、人流や賑わい、危険度などをリアルタイムに把握
  • データを利活用したサービスの体験機会を来街者に提供し、有用性を検証
グランフロント大阪における実証実験の概要
グランフロント大阪における実証実験の概要

まちの「いま」を
リアルタイムで把握

混雑状況や人の流れ、危険性やにぎわい度などを常に解析・可視化し、スムーズな移動と快適なまちづくりに貢献します。

ここにNECの技術

NECの「群衆マネジメントソリューション」を活用し、設置したカメラの映像を分析することで、混雑状況や人流をリアルタイムに把握。また「音状況認識技術」では、複数の音センサー(マイク)で収音したデータから、破裂音、ガラスが割れる音、悲鳴などの異常音の検知やにぎわい度の計測を瞬時に行います。

まちの課題や
可能性を可視化

人流やにぎわいなどのデータや、周辺のイベント状況・天気など、多種多様なデータを連携させ、分析。より広い視点でまちの状況や課題を把握することで、新たなサービスや価値提供への気づきを得ることができます。

ここにNECの技術

用途・規模に応じて、NECはセンシングやネットワーク、データ分析、リアルタイム処理などまちづくりに求められる最新技術を取り入れながら、お客様に最適なご提案をいたします。

NECは、最新のICTと長年培ってきたナレッジを組み合わせて、
暮らし・産業・地域社会の様々な課題に向き合い、
持続可能なまちづくりに貢献してまいります。
データ利活用の高度化に向けて、
NECは様々な取り組みを行っています。

関連資料 関連資料 ※会員登録(無料)が必要です。

データ利活用の高度化を、
トータルサポート。

お客さまのステージに合わせて、AIをはじめとする最新の技術や
分析エンジンを活用したプラットフォーム、
5G、LTE、Wi-Fi、LPWAなどの
ネットワーク、各種サービスを最適に組み合わせてご提供します。
データをビジネスに活かし、新たな価値を創造するまで、
お客さまを強力にご支援いたします。

データ収集(センシングなどでデータ化) → データ蓄積(活用できる形式で貯める) → データ連携(データを相互に繋ぐ) → データ分析(AIなどの高度な分析も) → データ活用(新たな価値創造) → 収益化

お気軽にご相談ください。

NECのスペシャリストが各種ご質問、課題の抽出から本格導入まで、
お客さまの状況にあわせたサポートを行います。

1.ヒアリング
2.仕様確定
3.初期導入
4.見える化・検証
5.本格導入

こんな要望、課題をお持ちの方は
ぜひお問い合わせください

  • データ活用の
    進め方

    • データを収集・蓄積したい
    • データを統合・利活用したい
    • データから新しい価値を創出したい
    • 多様化する経営課題・地域課題を解決するには...
  • 活用のための
    環境づくり

    • どんなデータが社内に存在し、
      流れているのかがわからない
    • 企業・組織間でデータを上手く流通・活用するには…
    • 連携にあたりデータガバナンスをどうコントロールすべきか...
    • 将来のことを見据えてどこまで考えておくべきか
  • 効果を引き出す
    システムの構築

    • サイロ化している各部門のシステムをつないで
      全社最適を図るには…
    • 組織・サービスごとにデータの種類や形式が
      バラバラで活用できていない
    • 既存のシステムとの連携が難しい
    • データの更新に時間がかかり、迅速な意思決定ができない

関連動画

BRAND MOVIE

70秒でわかるNEC Smart Connectivity

NEC×東急株式会社様

昨日までとは異なる風景。意識・意思を持つまち

NEC×森ビル株式会社様

『個』が原動力となる変革のサイクル

NEC×東京都様×東邦大学様×東京電力パワーグリッド株式会社様

産官学のデータ連携による生活者のQoL向上への挑戦

その他の
NEC Smart Connectivityサービス

  • Digital KYC 本人照合WEB

    eKYC(オンライン本人確認)によって顧客ひとりひとりの状況や履歴を把握することで、個々の顧客に応じたきめ細かな接客や、手続きの簡素化・業務のスピード化を図り、コンバージョン率を向上させます。

  • パスワードレス多要素認証サービス

    ワンタイムパスワード(OTP)や生体認証等によるIDパスワードレスの認証方式により、システムのセキュリティ向上とエンド・ユーザーの利便性向上の両立を実現します。

  • 請求書デジタル化サービス(NEC SMSプッシュサービス)

    紙の請求書の印刷や郵送といったアナログ業務をデジタル化。ペーパーレスによるコスト削減、不着や誤投函のなどのリスク低減、到達確認などトレーサビリティの向上を図ります。

  • デバイス管理サービス

    様々な場所に設置されたデバイスに対して、リモートでのファームウェアアップデートや機器データの収集、コマンドの投入などを行うサービス。IoTサービスの効率的な運用を実現します。

※会員登録(無料)が必要です。