サイト内の現在位置

dotDataの特長

データ分析の試行錯誤に費やす時間・労力が解消され、ビジネス施策検討に注力できるようになります。
また、導きだされる結果からは、人が思いもよらなかったインサイトを発見できます。

データ準備から運用まで数か月かかっていたプロセスを数日で実現

時間

経験・スキルに依存しない効果的なプロジェクトの実行が可能に

スキル

未来を予測するために必要な過去の洞察を、特徴量として自動的に抽出

インサイト

圧倒的に時間を短縮

従来のデータサイエンスプロセスでは、目的を設定し、分析を開始してから結果が出るまで、数か月もの期間がかかっていました。特に難しいとされる「特徴量設計」を含むデータの前処理だけで、分析工数の実に8割を占めるとも言われています。

dotDataは、このプロセスを自動化。たった数日でデータ分析の結果にたどりつくことができ、ビジネス課題への適用・戦略策定がよりスピーディに行えるようになります。

通常、データ収集から運用まで数か月かかるが、dotDataを使えば数日で行える。

特別なスキルは不要

通常、分析に使用する業務データは、さまざまな形態でばらばらに保管されています。データ分析に利用するためには、そのばらばらなデータを1つの表にまとめ上げなくてはなりません。これには、経験と勘に頼った仮説立案、大量なデータクレンジングなどが必要で、数学や統計学・データサイエンスに関する高度な専門知識が不可欠でした。

dotDataは、目的変数を設定し、利用したいデータを投入するだけ。分析に関する特別なスキルに依存せず、ビジネスアナリストでもかんたんに分析できます。

通常、データ分析の入力表作成は人手で行うが、dotDataを使えば、利用するデータを選択するだけ。

ビジネスインサイトが得られる

データ分析専門会社に委託して予測結果だけを受け取っても、なぜその結果になったのか、理由が明確でなければ、ビジネスに活用できません。

dotDataは、自分自身で、納得しながら。「どういう条件の対象が、どういう場合に、どうなるのか」導きだされる特徴量からビジネスインサイトを得て、さらに、それが分析結果に影響する度合いを把握することができます。

dotDataは、特徴量設計もモデル設計も根拠が明確で、分析結果を納得して活用できる。