サイト内の現在位置

虹彩認証

虹彩認証とは

虹彩とは、黒目の内側にある瞳孔の周りのドーナツ状の部分を指します。個々人で固有のパターンを持ち、生涯不変と言われています。また、角膜に覆われて損傷しにくいため、生体認証に適した部位です。

虹彩認証の特長

  • 高精度・高速で、各種生体認証のなかでもトップクラスの精度を誇ります。
  • 生涯不変と言われています。(保証するものではありません)
  • 右目・左目が異なるので、それぞれの目で認証が可能です。
  • 双子も識別することができます。
  • 帽子・マスク・眼鏡・手袋着用でも、目さえ露出していれば利用可能です。
  • 赤外線カメラを使えば、夜間や暗い場所でも認証することができます。
  • デバイスにタッチする必要がなく、非接触で認証できるので、衛生的にご利用可能です。

虹彩認証の仕組み

  • 最初に瞳孔の場所を検出します。その後、虹彩・まぶたを検出します。
  • まぶたやまつ毛などの不要なノイズを取り除き、虹彩部分のみ切り出し、ブロック化したうえで、特徴量化、つまりその画像を数値化します。
  • 事前に同様に抽出した特徴量データと照合します。

継続的な研究開発やマルチモーダルでセキュリティを強化

自社研究開発

  • 撮影画像からの虹彩の検出、特徴量の抽出、特徴量の照合、ノイズ除去の一連の処理の特許を取得しています。
  • これまで指紋認証や顔認証で世界トップレベルの精度を獲得してきた、NECの生体認証のノウハウを生かし、継続的に研究開発を行っています。
  • お客様環境に合わせた最適なチューニングをご提案します。

マルチモーダル

  • 指紋、顔など複数の自社製生体認証と組み合わせたソリューションをご提案します。

虹彩認証ソリューションをグローバルに展開

世界各地の国民IDや出入国管理、犯罪捜査に向けて、虹彩認証ソリューションを展開し、安全、安心、効率、公平な社会の実現を目指します。

出入国管理

世界的にテロの脅威が高まっていますが、出入国管理をより厳格化し安全安心な社会に貢献します。国家間の移動が急増する中、セキュリティの向上とスムーズな本人認証を実現します。

  • 出入国管理業務にて、審査ブースで虹彩を撮影し、審査業務を行う政府機関データベースと照合し、素早く厳格に本人確認を行います。
  • 厳格な認証によるセキュリティの向上と、スムーズな本人確認による利便性向上を実現します。

国民ID

全ての人々に法的な身分証明を提供し、国民サービスを過不足なく行きわたらせることに貢献します。また、国民IDのセキュリティを向上させ、更なる国民IDサービスの高度化を実現します。

  • 重複なくIDを発行するための認証情報の一つとして、虹彩認証を採用。
  • 高い照合スピードと精度で、IDカードがなくても認証が可能です。
  • 指紋・顔のような他の生体認証情報を相互補完的に利用することで、なりすましや厳密な本人認証に対し、強固な運用を実現します。
  • 国民IDのほか、パスポート・運転免許証・選挙などのIDシステムに最適です。

犯罪捜査

指掌紋や顔だけでなく虹彩を撮影し、複数の生体認証を管理するマルチモーダルバイオメトリクスデータベースを構築します。

  • 指紋等他の生体認証と組み合わせ、同一人物をより正確に特定することが可能となります。
  • 指紋や指の損傷などにより一つの生体認証が利用できなくなった際の補完が可能となります。