サイト内の現在位置を表示しています。

ディザスタリカバリシステムの考え方

不測の事態にも対応する災害対策システム(DRシステム:Disaster Recovery)を構築するには通常のデータセンタ内バックアップに加えて、遠隔地でのバックアップ手段を採ることが重要になります。

復旧(リカバリ)方式を考える際には、以下の3つのポイントが重要になります。

  1. どのくらいの鮮度のデータまでさかのぼるか(RPO: Recovery Point Objective)
  2. いつまでに復旧するか(RTO: Recovery Time Objective)
  3. どのくらいの業務レベルまで戻すか(RLO: Recovery Level Objective)
図版:システムダウンから完全復旧までの流れ

これらの要件にデータ容量を加えて、現実的なリカバリ方式を選択することになります。

DR方式と復旧レベルの関係

DR方式と復旧レベルの関係は以下のようになります。
復旧までの時間に余裕がある場合は、データ保護のみとし、早期復旧が必要な場合は、業務サーバの立ち上げに必要な環境の確保も含めシステムが継続できる方式を採ることになります。
赤枠で囲った部分は特にクラウドや最新テクノロジを活用すれば効率的に実現することが可能になります。

NECが提供するクラウドを活用したDRソリューション

オンプレミスやクラウドにあるデータや業務システムをクラウドにバックアップするソリューションを、クラウドサービス利用とツール導入の観点からまとめました。
NECではNECのクラウドに加え、他社のクラウドも活用したマルチクラウド環境でのバックアップをサポートしています。

図版:NECが提供するオンプレミス→クラウドへのDRソリューションzoom拡大して表示
NECが提供するオンプレミス→クラウドへのDRソリューション
図版:NECが提供するクラウド→クラウドへのDRソリューションzoom拡大して表示
NECが提供するクラウド→クラウドへのDRソリューション

バックアップの必要性からバックアップの種類、仮想マシンのバックアップなどを解説します。

バックアップ方式の種類からバックアップ方式(パターン)のメリット/デメリット・注意ポイントまで解説します。