サイト内の現在位置を表示しています。

Oracle WebLogic Server / Tuxedo

Oracle WebLogic Server

Oracle WebLogic Serverは、常に最新のJava EE標準に準拠し、機能・信頼性・拡張性・パフォーマンスのいずれもすぐれた世界的に実績のあるJava EEアプリケーションサーバーです。小規模システムからミッションクリティカルシステムまであらゆるシステムに幅広く適用されています。
Oracle WebLogic Serverは、機能別に以下の3つのエディションで提供されています。

  • WebLogic Server Standard Edition
    ・WebLogic Serverコア
    ・Oracle TopLink
    ・Oracle Application Development Framework
    ・Oracle Web Tier
  • WebLogic Server Enterprise Edition
    ・WebLogic Server Standard Editionの全機能
    ・高パフォーマンスなクラスタリングおよびフェールオーバー機能
    ・Java SE Advanced
  • WebLogic Server Suite
    ・WebLogic Server Enterprise Edition の全機能
    ・Coherence Enterprise Edition
    ・Active GridLink for RAC
    ・Java SE Suite
    ・Oracle Application Serever Enterprise Edition

高信頼性・高性能のJava EEアプリケーションサーバーであるWebLogic Serverの特徴は以下の通りです。

  • 高速・安定性:負荷状況に応じた動的なリソース配分や過負荷保護機能
  • ゼロダウンタイム:運用上の停止時間(計画停止)も最小化
  • DBとの親和性:Oracleデータベースとの高い親和性(障害検知、統合監視、一元分析)

Tuxedo

Oracle Tuxedo

Tuxedo
  • <高信頼なトランザクション処理システム>
    世界中で多くの実績を持つ分散トランザクション処理(OLTP)システム を構築するためのミドルウェアです。「Tuxedo」を利用することにより、アプリケーション開発者は、資源競合や負荷分散、ネットワークプログラミング等で頭を悩ますことから解放され、本来のアプリケーション開発に集中することができます。また、アプリケーション開発者は、「Tuxedo」が提供するATMI (アプリケーション・トランザクション・マネージャ・インタフェース) を利用してトランザクション・マネージャを自在に制御することが可能となります。
  • <オープンアーキテクチャ>
    クライアント/サーバモデルにより、柔軟性、拡張性に優れた 分散オンライントランザクション処理システムを構築することができます。また X/OpenのXAインタフェースのサポートにより、Oracle、Microsoft SQL Server 等 の流通RDBMSとの連携をはかり、分散処理や複数データベースでのデータの一貫性、2フェーズコミット等に対応します。
  • <さまざまな接続形態>
    分散クライアント/サーバ環境を構築するには、複数のマシンをLANなどの ネットワークで接続し、連携させる仕組みが必要となります。Tuxedo には、異なるマシン間を接続する形態として次の3つの形態があります。
    1. 1.クライアントアプリケーションがリモートマシンの Tuxedo アプリケーションへと接続する /WS クライアント接続
    2. 2.複数のマシンを一つのマシンとして扱う MP(マルチプロセッサ)構成のブリッジ接続
    3. 3.各マシンにそれぞれの Tuxedoを起動し、ドメインゲートウェイを介して通信するドメイン構成のドメイン接続
メッセージ・プラットフォーム Tuxedoが提供する通信モデルには、次の4つがあります。
● 要求/応答型通信モデル
● 会話型通信モデル
● イベント通知型通信モデル
● 高信頼性キューを用いた遅延通信モデル
/Q(高信頼性キュー) /Q 機能は、メッセージを固定記録領域の待ち行列(キュー)を使用した非同期型通信機能です。
/Q は、キューの名前を既存のサービスと同じ名前にすることにより、キューに登録されたメッセージを、そのサービスへ自動的に送信することもできます。
また、メッセージ処理の開始時刻や有効期限、メッセージの優先度を設定することも可能です。
/Q を使用する事によって、トランザクション中のメッセージの保証、障害からのメッセージ回復を実現する事が出来ます。
データ依存型ルーティング(負荷分散機能) あらかじめ指定したデータ・フィールド中の値に応じて、特定のサービスを選択して要求を処理させる事が出来ます。
また、ルーティングルールを動的に変更することも可能です。
SSSQ・MSSQ 非常に簡単なコンフィギュレーションをするだけで、SSSQ(Single Server Single Queue)とMSSQ(Multiple Server Single Queue)モデルを 用いたサーバの多重化を実現することができます。
SSSQ と MSSQ を組み合わせることによってより高可用性を実現することが出来ます。
サーバ・プロセス自動再起動 管理者はコンフィギュレーションファイルを変更するだけで、簡単に再起動可能なサーバをコンフィギュレーションすることが可能です。
対象のサーバは DBBL と呼ばれる、Tuxedo システムを統括する掲示板によって監視されます。
CORBAサービス Tuxedo 開発環境下では、CORBA Java 、C++ 、ActiveX クライアントが利用可能です。
また、IIOP を介してサード・パーティの ORB と相互に通信したり、RMI/IIOP を介して WebLogic Server などのサーバ・サイド Java アプリケーションと 相互に通信することも実現できます。
MIB MIB は、Tuxedo システムを構成するオブジェクト・クラスとその属性の定義を提供します。
Tuxedo システム管理者は、アプリケーション管理ツールもしくは ATMI を使ってこれらの値を取得できます。
また、属性の値を変更することによって、Tuxedoシステムの構成を 動的に変更することも可能です。