ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. 製品一覧
  5. Fusion Middleware
  6. Marketing Cloud
  7. Eloqua機能
ここから本文です。

Oracle Eloqua

Oracle Eloqua 機能紹介

Oracle Eloquaは、BtoB向けのMAツールとして必要な機能を、簡単な操作で実現できます。
以下に一部をご紹介します。

セグメント機能

Oracle Eloquaのセグメント機能には、フィルタ設定用に40種類以上のさまざまな条件が用意されています。
また、外部アクティビティとして、ユーザーによるカスタム項目の追加も可能です。
GUIベースで、これらの条件を組み合わせてフィルタを設定し、キャンペーン対象としたい顧客を抽出すること(セグメントの作成)ができるため、目的に合ったセグメンテーションを容易に行えます。

セグメント条件の一覧(ピックアップ)

条件の組み合わせ例

セグメンテーションの説明はこちら

キャンペーン機能

Oracle Eloquaで作成できるキャンペーンとして、単純なEメール・キャンペーンと、複数ステップ・キャンペーンが提供されています。
単純なEメール・キャンペーンは、ウィザード使用して、素早く簡単に作成することができます。
1通だけのメール送信やメールのABテストを実行したい場合に有用です。
複数ステップ・キャンペーンは、キャンペーン・キャンバスを利用して、GUIベースでキャンペーンフローを作成することができます。これにより、要件に合わせて多種多様な処理を行うキャンペーンを作成することができます。

単純なEメール・キャンペーン

複数ステップ・キャンペーン

キャンペーンの説明はこちら

スコアリング機能

Oracle Eloquaでは、案件化の確率が高い優良顧客を抽出するために、スコアリング機能を用いて登録済みの顧客を評価することができます。
評価軸には顧客の属性情報(プロファイル)、顧客の行動情報(エンゲージメント)を用います。
プロファイルは評価の高い順に「A」~「D」とし、上位であるほどアプローチ価値がある顧客となります。
エンゲージメントは同じく「1」~「4」とし、上位であるほど興味を持っていただけていると判断します。

スコアリングのモデルは、各項目に重みを設定することができ、重視する項目を選択することでより精度の高いスコアリングを実現します。

スコアリングモデルの設定例

スコアリング結果イメージ

プロファイラ

Oracle Eloqua が持つ営業ツールの一つとして、プロファイラが提供されています。
プロファイラでは、顧客の詳細情報、Webサイト訪問やメールオープンなどの行動履歴(アクティビティ)、スコアリングモデルによる評価結果などが確認できます。
また、各種デバイス(PC、スマホ、タブレット等)から簡単にアクセスできるので、担当している顧客の情報を素早く確認することができます。

プロファイラ表示例(Chrom プラグイン)

ページの先頭へ戻る