サイト内の現在位置

McAfee Antivirus Products -製品一覧

企業を攻撃から防御しコストを抑制し、セキュリティ管理に費やす時間を最小限に抑えます。これにより、企業は経営に専念し、事業拡大を図ることが出来ます。

スイート(セット)製品

MVISION Protect Standard (MV1)

McAfee MVISION は、未知のマルウェアに対応するため様々な対策機能を提供します。従来の端末へのウイルス侵入を防止する機能をはじめ、デバイス制御機能なども有します。また統合管理機能であるePolicy Orchestratorは、管理者が決定するウイルス対策ポリシーをベースに、ネットワーク全体に存在する各McAfee製品を統合し、セキュリティ可視化、制御、管理を簡単かつ迅速に実現します。

・McAfee MVISION ePO(端末統合管理製品)
・McAfee ePolicy Orchestrator (端末統合管理製品(クラウド型))
・Endpoint Security for Windows(マルウェア対策(Windows))
・Endpoint Security for Mac(マルウェア対策(Mac))
・Endpoint Security for Linux(マルウェア対策(Linux))
・Device Control(外部接続デバイス制御)

MVISION Protect Plus (MV2)

MVISION Protect Plusは、MVISION Protect Standardの機能に加え、各アプリケーション制御するMcAfee Application Controlを提供します。

・McAfee MVISION ePO(端末統合管理製品)
・McAfee ePolicy Orchestrator (端末統合管理製品(クラウド型))
・McAfee ePolicy Amazon Web Services(端末統合管理製品(AWS))
・McAfee Threat Intelligence Exchange (脅威情報の即時共有・検知・クライアント保護)
・Endpoint Security for Windows(マルウェア対策(Windows))
・Endpoint Security for Mac(マルウェア対策(Mac))
・Endpoint Security for Linux(マルウェア対策(Linux))
・MVISION Endpoint Mobile (for Android & iOS)(マルウェア対策(Mobile))
・Device Control(外部接続デバイス制御)
・McAfee Application Control for PCs(アプリケーション制御)

組込機器とレガシーOSのセキュリティ対策

SolidProtectの後継製品。ATMやPOS、パネルコンピュータなどの組込み機器に適したセキュリティソフト。

CASB(Cloud Access Security Broker) クラウドサービスに対する情報セキュリティ

テレワークの広がりで社外でのPCやモバイル端末利用が増え、それらに伴いクラウドサービスの利用も増加し続けております。守るべきデータが社内から社外(境界線)へ移行しており、それらのセキュリティ対策が急務になってきています。CASBは利用するクラウドアプリケーションに対して可視化、データプロテクション、ガバナンスを実現するソリューションです。McAfee MVISION Cloud は、セキュリティ強化を加速化させるCASBであり、以下ような機能を提供します。

 ・Shadow IT(シャドーIT)  
   従業員がアクセスする全てのクラウドアプリケーション利用状況を可視化します。
   それらクラウドアプリケーションの評価(リスクスコア、暗号化有無、コンプライアンス準拠など)し、レポーティングします。

 ・Sanctioned IT(サンクションIT)
   企業で契約して利用しているクラウドサービス、認可クラウドサービス(Office365、box等)で、どのようなデータが上げられているかの把握、監視をします。また、機密情報と特定したデータがクラウドサービスに上がった場合に検知、必要に応じて制御を行います。