ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Hadoop
  4. MapR Converged Data Platform
  5. 特長/機能
ここから本文です。

MapR Converged Data Platform - 特長/機能

MapR-FS / MapR-DB / MapR-ES

MapR社では、独自にアーキテクチャを実装することで、処理性能の向上を実現し、運用面や信頼性の部分で様々な独自の追加機能を提供しています。

MapR-FSの特長
  • ランダムリード/ライトが可能で高いパフォーマンスを発揮するスケールアウト型分散ファイルシステム
  • NFSクライアントから直接クラスタに対して並列に書き込みが可能
  • ファイルシステムの管理情報を分散配置し、単一点障害を解消し耐障害性を向上
  • ボリューム毎のデータ量・アクセス制限が設定可能でマルチテナント環境を実現
  • ボリュームミラーリング機能によりデータ保護、災害対策にも対応
MapR-DBの特長
  • Apache HBase互換のAPIやJSON向けAPIに対応したスケールアウト型NoSQLデータベース
  • MapR-FS上で動作し、高いパフォーマンスを発揮
  • ドキュメント、キーバリュー、ワイドカラムといった複数のデータモデルに対応し柔軟なアプリケーション開発が可能
  • Apache Drillを利用することで様々なデータモデルに対してSQLによるデータアクセスを実現し、BIツール連携も可能
MapR-ESの特長
  • Apache Kafka互換のAPIを利用した大容量ストリーミング向けメッセージングシステム
  • データ格納にMapR-FSを利用し、高いパフォーマンスを発揮
  • ストリーム内の全てのデータを保存し永続化を行うことが可能
  • 地理的に分散した場所にレプリケーションを行うことで可用性の向上を実現

資料請求・お問い合わせ