サイト内の現在位置を表示しています。

工事原価管理システム : EXPLANNER/C

工事原価管理システムなら、実績のNEC
40年のノウハウを集約した建設業基幹業務パッケージ。
プロジェクト産業にも適用可能

ロゴ

迅速かつ的確なコックピット経営を実現し、 課題解決を支援

  • 成果の確実性を識別する「正式契約・仮契約管理」
  • 工事進行基準対応と損益状況の把握
  • 実行予算管理と最終原価のシミュレーション

イメージ

企業規模 業種
年商50億以上 建設業全般

工事原価管理システム 機能関連図

特長~建設業が抱える多様な課題を解決

  1. 1.営業段階の物件から費用を管理し、収益を把握
  2. 2.契約におけるさまざまな受注形態への柔軟な対応
  3. 3.個別工事に対して最終原価予測ができる仕組み
  4. 4.工事進行基準による、決算期末時点の進捗見積に従った売上計上

課題:営業段階の物件から費用を管理し、収益を把握したい

    課題の解決策
  • ・営業管理機能により、受注見込み等物件の進捗と費用の管理が可能

課題:契約におけるさまざまな受注形態(大型工事・少額工事・追加工事)に柔軟に対応できる仕組みが必要

    課題の解決策
  • ・工事と契約を分離できる管理が可能(1工事:N契約、N工事:1契約)

課題:個別工事に対して、最終原価予測ができる仕組みが必要

    課題の解決策
  • ・今後発生予測を入力して、最終原価のシミュレーションが可能
  • ・現場担当者の入力情報をリアルタイムに反映し、最新状況の把握が可能
イメージ:課題の解決策zoom拡大する
  • 実行予算での予算管理はもちろん、注文金額を元にした今後の”予定原価”の原価管理ができます。
  • 現場の担当者がデータを入力することにより、統括管理者が即座に現場の状況を確認できます。

イメージ:課題の解決策zoom拡大する

課題:工事進行基準による、決算期末時点の進捗見積に従った売上計上が必要

    課題の解決策
  • ・工事進行基準への対応
  • ・工事進行基準は原価比例法による工事進捗度の自動算出が可能
  • ・工事損失が見込まれる場合の「工事損失引当金」の自動計上が可能

画面イメージのご紹介 ~ 受注前情報から工事完成までの損益の早期把握を実現

工事登録画面zoom拡大する
工事登録画面
出来高査定登録画面zoom拡大する
出来高査定登録画面
工事月報zoom拡大する
工事月報

トピックス

詳細な情報をカタログに掲載しております。

資料・カタログ請求

お問い合わせ・お見積もりはこちら

関連リンク:ERPソリューション