ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. ERPパッケージ (会計・人事・給与・販売・生産等)
  4. ERPソリューション:EXPLANNER
  5. 工事原価管理システム:EXPLANNER/C
  6. 導入事例
  7. HIREC様
ここから本文です。

導入事例:HIREC株式会社 様

部品開発・販売から高信頼技術を提供する会社へ。
HIREC株式会社様では、業態の変化にともない、業務プロセスを見直し、プロジェクト単位の原価管理と経営の見える化を実現されました。

菊池様

HIREC株式会社
IT推進室長 (併)信頼性品質技術部 主席技師 菊池 敏 氏
「NECがERPの効果とリスクを明確に説明してくれたことで、全社でゴールを共有でき、業務プロセスの改革とスムーズなシステム導入を実現できました。」

齋藤様

HIREC株式会社
IT推進室 企画戦略グループ 副主席 (併)信頼性品質技術部 副主席技師 齋藤 敏子 氏
「主要顧客の要求を満たすセキュリティと内部統制機能を兼ね備えていたので、ISMS認証取得の基盤としても最適でした。」

田中様

HIREC株式会社
総務部 経理グループ 副主席 田中 史晃 氏
「受注、売上、経費、工数が同一システムに統合されたことで、業務の効率化を実現できました。」

導入の背景

従来活用していたシステムの老朽化にともない、プロジェクト管理型のシステムを導入

  今回の導入の背景について、IT推進室長(併)信頼性品質技術部 主席技師 菊池 敏氏は次のように語ります。

  「きっかけは旧システムの老朽化でした。15年間改修せずに利用していたため、業務フローと旧システムの整合性がとれず二重入力が必要な作業が多く発生していました。また、在庫管理を中心とした部品販売システムであったため、業態の変化にともない使われていない機能も多かったのです。そこで、根本的にシステムを見直すことになったのです。」

導入の経緯

現在の業態に必要な要件を洗い出すため、NECのクイックアセスメントサービスを活用

  システムの見直しに当たっては、最初からERPパッケージを検討していたと言います。

  「基幹システムをゼロから構築すると億単位の投資が必要になり、回収に時間がかかってしまうので当初からERPパッケージを検討していました。製造業向けの製品をいろいろ検討したのですが、当社のようなプロジェクト型受注業務にはなじみませんでした。そこで、NECのクイックアセスメントサービスを利用して現状の課題調査と改革の方向性検討を行いました。2ヶ月にわたる調査の結果、当社の業態の変化や業務フローなどについて当社も気づかなかった問題点がいろいろと浮かび上がり、それを新規システムの提案依頼書に反映させました。数社の提案の中から、自社の要望に一番マッチしたNECの建設業向け基幹業務パッケージ EXPLANNER/Cを採用しました。」(菊池氏)

  HIREC株式会社 IT推進室 企画戦略グループ 副主席(併)信頼性品質技術部 副主席技師 齋藤 敏子氏は、NECを選んだ決め手について次のように語ります。

  「EXPLANNER/Cを選んだ理由は、それまで主に建設業向けに使用されていたプロジェクト管理型のシステムが当社の業態にマッチしたことです。さらにISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の基盤として十分な内部統制機能を装備していたことも大きなポイントでした。」

  「導入に当たりNECのITコーディネーターが我々とゴールを共有し、全社の部門長にERPパッケージの導入効果や注意点を説明してくれたことで、スムーズに導入できました。」(菊池氏)

システム概要

プロジェクト毎の個別原価管理と、会計システムを連動することで業務の効率化を実現

  新しく稼働したシステムについて齋藤氏は次のように語ります。

  「官公庁の宇宙開発業務の仕事が中心なので、毎回1つ1つ仕様が異なります。そのようなプロジェクトの原価を管理するには、EXPLANNER/Cの個別原価管理機能がマッチしており、工数入力管理モジュールも追加し、原価が見えるようになりました。今ではプロジェクト毎の工数原価や資材発注原価をリアルタイムに把握でき、経営管理データの収集も迅速に行えます。また、アクセスログが取得できるので、内部・外部セキュリティ監査時の証跡確認として利用でき、今後の内部統制の強化にも役立ちます。」

  さらにHIREC株式会社 総務部 経理グループ副主席 田中 史晃氏は次のように語ります。

  「受注、売上、経費、工数を同一システムで管理できるようになったことにより、プロジェクト毎、部門毎の数値の把握が容易になるとともにCSVデータでの分析や集計ができるようになり便利になりました。また、全社的な二重入力の軽減や各部が必要な数値を直接見ることができ情報共有できるようになったのも大きなメリットです。」

導入イメージEXPLANNER/C 導入イメージ

導入の成果と今後の展望

EXPLANNER/Cの機能を生かし、さらなる見える化と業務改革を推進

  「今回のシステム導入により、プロジェクト単位での原価管理が実現し、以前に比べ情報が見えるようになりましたが、まだまだ当社の業務プロセス改革は発展途上だと思います。今後はEXPLANNER/Cを活用して経営管理、原価管理の見える化をさらに推進していきたいと思います。NECには今回の導入にあたり、「建設業向け」パッケージという名称である「EXPLANNER/C」を当社のプロジェクト型業務にマッチしていることを理由に、積極的に提案して頂き、また現在はメインでなくなった在庫管理を基幹業務システムから外すなどの斬新な提案等をもらったので、今後もさらなる支援を期待しています。」(菊池氏)

  「ISMSでは、セキュリティだけでなくシステムの活用状況を評価することも求められるので、そうした指標づくりにも知恵を出してもらえればと思います。」(齋藤氏)

  技術品質へのこだわりを徹底しているHIREC様。NECでは今後も品質の高いシステムとサービスで後方からその業務をサポートしていきます。

お客様プロフィール

HIREC株式会社

設立

1988年(昭和63年)10月25日

資本金

2億円(授権資本8億円)

売上高 1,126百万円(平成28年度実績)
住所

茨城県つくば市東新井8-1 第7芳村ビル ブルーボックス
HIREC様

従業員数

83名(平成29年 4月 1日現在)

事業内容

部品の開発支援と品質保証・販売、宇宙機システム信頼性品質保証業務、部品プログラム支援、衛星利用支援

URL

http://www.hirec.co.jp/

詳細な情報をカタログに掲載しております。

資料・カタログ請求

お問い合わせ・お見積もりはこちら

※掲載されている会社名および商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

ページの先頭へ戻る