ACOS-4オペレーティングシステム - ACOS-4/MX

ACOS-4/MXは、お客様ニーズや市場動向に対応した継続強化により、お客様資産の価値のさらなる拡大(More value eXtensible)を目指した、新OSです。

ACOS-4/MXの主な変更点

ACOS-4/MXで新たに提供した機能と、ACOS-4/VXからご利用いただいている特長的な機能を、注目機能としてご紹介します。

  • ACOS-4/MX R4.1の新リリース機能 (2013.10.01出荷)
    オープンデータアクセスのLinux対応を行っています。
  • ACOS-4/MX R3.1の新リリース機能 (2012.09.28出荷)
    HYDRAstorを活用したUniversalBackupによる遠隔バックアップ、ACOS Access Toolkit MFDL変換Optionでのオンライン向け帳票レイアウトGUI編集ツールの提供、などの機能強化を行っています。
  • ACOS-4/MX R2.1の新リリース機能 (2011.07.01出荷、2011.12.16強化)
    ジャーナルスワップと連動したディレードDB更新、FTP(サーバ/クライアント)のパッシブモード対応、オンライン連携WebAPの自動生成、リモート印刷複数プリンタサーバ構成時の運用性向上、ACOS-4ログの自動収集 RSA enVisionとの連携などの機能強化を行っています
  • ACOS-4/MX R1.1の新リリース機能 (2010.07.02出荷、2010.12.17強化)
    OracleやSQL ServerをACOS-4からアクセスする機能、暗号化やDBアクセスの処理性能の向上、 パスワードの強度向上(履歴管理、禁止文字列)、ACOS-4連携ログ管理製品の選択肢拡大、超高速プリンタへの対応などの機能強化を行っています。

注目機能をご紹介します。

ACOS-4/MXの特長

ACOS-4/MXは、お客様資産の価値をさらに拡大すること(More value eXtensible)を目指し、オープン連携機能の強化や処理能力の向上などを実施しています。

新たなDBアクセス技術で、オープンとの親和性をさらに向上

  • オープンサーバ上のDBやWebサービスをACOSからアクセスする「オープンデータアクセス機構」を新たに提供します。 ACOS主導によるDBアクセス、業務活用を実現し、オープン連携の柔軟性を拡大します(⇒新たなオープン連携の形態を提供)。
    本機構を、オープンサーバ上のプログラム・プロダクト「OpenDataAccess/Server」との連携により実現します。

処理能力の向上

  • VSAS制御を改善し、VSAS/DBアクセスの多重実行性能を向上しました
  • 暗号化エンジンの高速化により、暗号化ユーティリティの処理時間が削減できます。
  • メモリディスクの容量を拡大し、 中規模システム(SPII、SPIII)での高速処理の適用範囲を拡大できます。

法規制・社会的要因による変化への対応

  • パスワードの強度向上(履歴ポリシー、辞書ポリシー)により、システムセキュリティを強化し、内部統制対応を強力に支援します。
  • ACOSオープン連携製品でのJIS2004対応をさらに拡大しています。

きめ細かな機能強化で、運用効率をさらに改善

  • デリバリ退避出力のディスク対応をサポートし、CGMTレス、センタプリンタレスの環境でのデリバリ運用を向上させます。
  • ワークロード管理の定義を簡素化し、設定の効率化を図っています。

ACOS-4/MXの開発コンセプト

最新のHW/SWテクノロジーを活用する各種機能を、REAL IT PLATFORM Generation2の3つのキーワード「柔軟」「快適」「安心」で、お客様ニーズや市場動向に対応した強化を継続します。

【柔軟】アプリケーション実行・開発基盤を、《オープン連携》に注力して強化
【快適】システム高運用性基盤を、《システム運用性向上》に注力して強化
【安心】高信頼性実行基盤を、《システム安定稼動》に注力して強化