ACOS Access Toolkit - 動作環境

Java版

ACOS Access Toolkit for Java

ACOS Access Toolkit オプション製品

ACOS Access Toolkit for Java

Express5800/100シリーズ

ハードウェア 対象機種 Express5800/100シリーズ
ソフトウェア 対象OS Windows Server 2022
Windows Server 2019
Windows Server 2016
Red Hat Enterprise Linux 8 (x86_64)
必須
ソフトウェア
Java SE 8, 11, 17

Windows on Express5800/100

Linux on Express5800/100

NX7700iシリーズ

ハードウェア 対象機種 NX7700iシリーズ
ソフトウェア 対象OS HP-UX 11i v3
必須
ソフトウェア
Java (Java SE 8)
HP-UX on NX7700i

開発機(PC)

ハードウェア 対象機種 対象OSが動作するPC98-NXシリーズ
Express5800/50シリーズ
ソフトウェア 対象OS Windows 11 Pro
Windows 10 Pro
必須
ソフトウェア
Java SE 8, 11, 17
開発機(Windowsデスクトップ)

ACOS Access Toolkit オプション製品

ACOS Access Toolkit for Java MFDL変換Option

開発機(開発サーバ)

ハードウェア 対象機種 対象OSが動作するPC98-NXシリーズ
Express5800/50シリーズ
ソフトウェア 対象OS Windows 11 Pro
Windows 10 Pro
必須
ソフトウェア
ACOS Access Toolkit for Java V3.5以降
(Developer Edition)
Eclipse(2022-06(4.24)~2023-03(4.27))
Java (Java SE 8, 11, 17)

実行機(実行サーバ)

ハードウェア 対象機種 Express5800/100シリーズ
ソフトウェア 対象OS Windows Server 2022
Windows Server 2019
Windows Server 2016
必須
ソフトウェア
ACOS Access Toolkit for Java V3.5以降
Java (Java SE 8, 11, 17)
J2EE準拠のAPサーバ(Tomcat 9.0)
関連
ソフトウェア
Microsoft Edge
  • ACOS Access Toolkitは 開発、実行機ともに同一バージョンのインストールが必要です。

ACOS Access Toolkit for Java REST Web Services Option

実行環境

ハードウェア 対象機種 Express5800/100シリーズ
ソフトウェア 対象OS Windows Server 2022
Windows Server 2019
Windows Server 2016
必須
ソフトウェア
ACOS Access Toolkit for Java V3.5以降
Java (Java SE 8、Java SE 11、Java SE 17)
WebOTX Application Server v10、WebOTX Application Server v11、
Tomcat 8.5、Tomcat 9.0 のいずれか

セキュリティの観点から、本製品はインターネット・エクストラネットから隔離された環境での使用を前提としています。