サイト内の現在位置

書類の電子化コンサルティング

電子帳簿保存法対応に向け、書類の分析・分類から保存先システム要件のチェック、書類保管の仕組みづくり、保管業務フローの設計までトータルにコンサルティングを行い、 法令対応と効率的な業務対応体制の構築をサポートします。

書類の電子化コンサルティングサービスとは?

電子帳簿保存法対応に向け、書類の分析・分類から保存先システム要件のチェック、保管業務体制の整理までコンサルティングを行い、法令対応と効率的な電帳法対応業務体制の構築をサポートします。

本サービスで実現できること

「自社の文書で、何が電子帳簿保存法の対象になるか、保存種類の判断がつかない・・・」「文書の整理後、保存要件別に社内規定含めどのような保管体制を整えていく必要があるのか分からない・・・」このようなお悩みを「書類の電子化コンサルティングサービス」が解決いたします。紙業務の電子化を通じて業務効率化に繋げていくためにも業務ごと/部署ごとに部分先的の形で電帳法対応していくのではなく、まずは企業として保存体制を整えていくことが必要不可欠です。

サービスの流れ

「現状分析」フェーズ(~2ヵ月)

文書・業務・法令対応の分析、システムの確認を要件に基づき一つ一つ分析を行い、課題とこれから導入する理想の姿とのギャップを把握

「設計・構築」フェーズ(~2ヵ月)

分析した結果に基づき、実現したい姿に向けてどのような要件が必要なのかを整理しながら、書類の分析/分類・ワークフロー構築・規程類の作成支援を実施

関連商材

書類の電子化アドバイザリーサービス

  • 社内で書類の電子化を進めているが、法令 対応への不安から専門家に相談したい、運用方法がわからないといった課題へ対応
  • 専門士業による3ヵ月間の法令対応に関してのアドバイスや月1回のミーティングをご提供し、自社で書類の電子化を推進していくためのサポートを実施いたします

トピックス

2023年 3月 31日
電子帳簿保存法など関連する法令に則った書類の電子化を支援する「コンサルティングサービス」を販売開始しました

お問い合わせ先

お客様情報の登録が必要です

お問い合わせ・資料ダウンロード