サイト内の現在位置

「業務にかかる日数を90%削減」
難しそうな効率化が実現したのはなぜ?

企業活動におけるデジタル化は今、大きな局面を迎えています。
テレワークの浸透により電子契約・文書管理のニーズが高まり、さらに2024年1月には電子取引における電子データ保存の義務化(電子帳簿保存法改正による)も控え、デジタル化推進と業務効率化を図るべく多くの企業がその対応に追われています。

そうした中、電子契約の導入から運用までを一気通貫でサポートするサービスとして注目されているのが、NECが提供する「電子契約管理スターターパック」です。

NEC パートナーセールス統括部 統括部長の小方秀介より、電子契約管理の始め方や業務効率化、さらに企業の成長へとつなげるポイントをお伝えいたします。

NEC パートナーセールス統括部
統括部長
小方 秀介

「電子取引における電子データ保存の義務化」まで待ったなしの状況に

近年、デジタル化による社会の構造変革が加速している。2023年末には改正電子帳簿保存法(以下、改正電帳法)で設けられた「電子取引における電子データ保存義務化」の宥恕期間が終了し、同年10月1日からは「インボイス(適格請求書等保存方式)制度」がスタートする。そのため企業のバックオフィス部門では、契約書・請求書をはじめとする文書の電子化が急務となっている。

また、コロナ禍以降、テレワークが社会に浸透した一方で紙業務に対する課題も顕在化した。紙書類の確認や押印などでやむなく出社した経験を持つ人は6割超にのぼり、従来の「紙と印鑑」によって締結していた契約書に変わり、電子データを基にインターネットを介して契約を締結する「電子契約」へのニーズが高まっている。

では、電子化に備えてどのような準備が必要なのだろうか。最先端のICTで社会や産業のDXを推進してきたNECの小方氏は、第一歩として社内の業務フローの振り返りと取引内容の整理が必要だと話す。

「まずは社内で保有する文書の ・・・・・・・

関連リンク

資料ダウンロード