ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. NECのスマートシティ
  4. Open Platform for Smart City (FIWARE検証環境)
ここから本文です。

Open Platform for Smart City (FIWARE検証環境)

NECは、EUの次世代インターネット官民連携プログラム(FI-PPP、注1)で開発・実装された基盤ソフトウェア「FIWARE」(注2)を活用した検証用スマートシティ向けデータ流通基盤「Open Platform for Smart City(オープンプラットフォーム for スマートシティ)」を沖縄県に設置し、10月から運用を開始しました。

本サービスは、NECが提供するスマートシティ向け「データ利活用基盤サービス」(注3)の検証用環境です。日本国内だけでなく、アジア企業・官公庁をターゲットとして無償提供を行います(注4)。
本サービスではスマートシティ向けのアプリケーションをはじめとするサービス開発や各種IoTゲートウェイ・デバイスの接続検証や基盤のモジュール開発、オープンデータ等のデータ連携検証などに利活用可能です。
企業におけるアプリケーション開発者やソリューションプロバイダー、公的機関、研究機関など、様々な組織や企業、個人が共創し、データ利活用に向けた検証が可能な環境を提供します。

これにより、国や都市をはじめとする公的機関等から公開されたオープンデータを利用し、業界を越えたデータ利活用やサービス促進によるスマートシティ実現にむけたソリューション開発を支援・推進します。

拡大する検証用スマートシティ向けデータ流通基盤 概要図

提供機能一覧

機能名 概要
簡易ダッシュボード 情報を表示するダッシュボード機能
履歴データストレージ コンテキスト管理情報の変化を履歴データとして蓄積・参照する機能
地図基盤(GIS) アプリケーションへ地理情報を提供する機能
バイナリデータストレージ 画像・動画などのバイナリデータを管理するストレージ機能
コンテキスト管理 都市に存在するモノ・コトをデータ(コンテキスト情報)として統合管理し、データ提供者、データ利用者へオープンAPIを提供する機能
プロトコル変換 一般的なセンサ機器以外からのデータをオープンAPI(NGSI)へ変換する機能

Open Platform for Smart City のご利用をご希望の方は、下記メールアドレスまでお問合せください。

contact@sbdd.jp.nec.com

  • (注1)次世代インターネット官民連携プログラム(FI-PPP):
    EUの第7次研究枠組計画におけるICTプロジェクトとして、3億ユーロの予算の下、2011年から5年計画で次世代インターネット官民連携(FI-PPP)プログラムを実施。
  • (注2)FIWARE:
    NECは、FIWARE Foundationに日本企業として初めて参加し、プラチナメンバーとして、FIWARE Foundationの意思決定を行う理事会や技術委員会に参加しています。NECはIoTを活用したスマートシティおよびスマート産業ビジネスを加速するFIWARE技術の開発、標準化および普及促進に貢献しています。
  • (注3)データ利活用基盤サービス:
    プレスリリース「NEC、FIWAREを活用したスマートシティ向け「データ利活用基盤サービス」を販売開始」
    URL:https://jpn.nec.com/press/201802/20180227_04.html
  • (注4)無償提供にあたってのご注意:
    本環境利用にあたり、正式版サービス「データ利活用基盤サービス」と異なる点がございます。(保守・運用サービス、データ保証の有無、等)
    詳しくは個別にお問い合わせください。

本サービスに関するお問い合わせ先

NEC サービス事業開発本部
TEL:03-3798-6684
E-Mail:contact@sbdd.jp.nec.com

ページの先頭へ戻る