ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NEC Solution Platforms
  4. ラインアップ
  5. Application Platform for なりすましメール対策
  6. なりすましメールに必要な対策とは
ここから本文です。

増え続けるビジネスメール詐欺/なりすましメールの脅威から                     自社・顧客を守るために必要な対策とは

 昨今、実在する企業/取引先になりすましてメールを送信し、金銭/情報を詐取するビジネスメール詐欺やフィッシング詐欺等の情報セキュリティ事件による被害が急増しています。
 海外だけでなく国内でも増加しているなりすましメールにおける被害の動向や事例、これらに対する各種セキュリティ技術や有効な対策ソリューションについて先日開催したセミナーのレポートをもとに解説します。

セミナーアジェンダ拡大するセミナーアジェンダ

世界的にビジネスメール詐欺の被害は拡大

 はじめに登壇したのは、株式会社TwoFiveの加瀬正樹氏。
「ビジネスメール詐欺の被害は全世界で拡大している。その背景としては、メール差出人は簡単になりすますことができてしまう事にある」と加瀬氏はいいます。そして、それら脅威から自社・顧客を守るために『送信ドメイン認証』の必要性を訴え、送信ドメイン認証の一つである『DMARC』の有効性を説明しました。さらに、DMARC導入のポイントとDMARCの特長であるレポートに関して説明しました。

日本国内の事例から見る必要な対策とNECのソリューション

 続いて、日本電気株式会社の渡辺充康が、事例から見る必要な対策とNECのソリューションについて説明しました。加瀬氏からも説明があったように、ビジネスメール詐欺の被害は全世界で拡大しており、日本国内でも多数の事例が出てきています。また、メールを盗聴した上でなりすましメールを送付する事例もあり、手口の巧妙化が進んでいることを説明しました。
 それらの事例から、どのような対策が必要なのか。それら対策を実現するためにはどのような技術が必要なのかを説明し、NECのソリューション『Application Platform for なりすましメール対策』を紹介しました。加瀬氏の説明でもあった送信ドメイン認証『DMARC』を含む、なりすましメールへの対策をオールインワンで提供するソリューションです。また、ソリューションの導入から運用までサポート範囲も広く、安心して導入できると紹介しました。

講演タイトルと目次拡大する

第二部講演『なりすましメール対策ソリューション』

目次
Ⅰ.なりすましメール詐欺による被害事例
Ⅱ.なりすましメール詐欺への対策
Ⅲ.なりすましメール対策ソリューション 『Application Platform for なりすましメール対策』
Ⅳ.DMARC導入・運用のポイント
Ⅴ.まとめ

AIを活用した次世代型マルウェア対策商品CylancePROTECT

 続いて、NECソリューションイノベータ株式会社の西田桃子が、なりすましメール詐欺におけるマルウェア対策の必要性について説明しました。ウイルスに感染することでID/パスワードが搾取され、メールの盗聴や正規ユーザになりすましてのメール送信が行われていることがあります。そのようなウイルスは亜種化などをされることで未知のウイルスとして感染事例が多く報告されています。『CylancePROTECT』はファイルの特徴点を総合的に判断することで未知・既知のウイルスを問わず99%以上という高い検知率を実現させている商品といいます。また、5ライセンスからの導入、運用代行、ファイル解析、オフラインの運用サービスもNEC独自ではじめ、様々なタイプの環境に導入できると紹介しました。

拡大する

第三部講演『AIを活用した次世代マルウェア対策製品 CylancePROTECT』

目次
Ⅰ.なりすましメール詐欺におけるマルウェア対策の必要性
Ⅱ.次世代型マルウェア商品CylancePROTECT
Ⅲ.当社独自提供サービス

 日本国内でも増加しているビジネスメール詐欺/なりすましメールの脅威から、送信ドメイン認証/マルウェア対策を用いて自社/顧客を守る事が重要となって来ています。皆様のメールセキュリティ/エンドポイントセキュリティは十分ですか?ぜひ一度振り返ってみてください。

セミナー資料を公開中

当日のセミナー資料(抜粋版)を公開しております。ぜひダウンロードしてご覧ください。

セミナー資料

関連資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

ページの先頭へ戻る