ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NEC Solution Platforms
  4. ラインアップ
  5. Application Platform for なりすましメール対策
ここから本文です。

Application Platform for なりすましメール対策

巧妙な詐欺/なりすましメールへの対策

昨今、実在する企業/取引先になりすまして、金銭/情報を詐取する「なりすましメール詐欺」や「ビジネスメール詐欺」が増加しています。
事件発生の際は、メール受信側の被害(金銭、情報詐取等)に加え、なりすまされた側も被害(信用失墜等)を受ける危険性があり、自社の正当性を担保する対策が必要となっています。
なりすましメール対策として「ドメイン認証(SPF/DKIM)」が普及していますが、技術的な理由により認証に失敗する場合があります。

本商品は、SPF/DKIM両認証技術の結果を利用して認証に失敗したメールの配送制御を行う「DMARC認証技術」に対応したメールセキュリティソフトウェアを、アプライアンス製品としてご提供します。
「DMARC認証技術」によって、配送制御を送信側でポリシー設定することが可能となります。
また、メール送信時の通信の暗号化技術「STARTTLS」に対応し、通信経路での盗聴/改ざんに有効な対策を行うことができます。

特長

 

実績ある高信頼性製品の機能をアプライアンス化

大手サービスプロバイダを中心に世界中でソリューション導入実績を持つ米国Cloudmark社のメールセキュリティソフトウェア「Cloudmark Security Platform for Email」をアプライアンス化しご提供します。本商品は、通信経路の暗号化技術(STARTTLS)に加え、複数の送信ドメイン認証技術(SPF/DKIM/DMARC)に対応しており、セキュアなメール送受信が可能となります。また、ヒアリングシートに基づき環境設定した状態でのご提供のため既存メールシステムに簡単に導入できます。なお、アプライアンスでのご提供は日本国内唯一です。

 

DMARC認証を有効活用するためのコンサルティングサービスを提供

本製品導入時におけるメールの送信・受信設定をコンサルティングするサービスを、オプションとして提供します。本サービスでは、製品導入時のメール送受信状況を検証し、メールシステムの最適なポリシー設定を提案します。



詐欺/なりすましメールを防ぐ技術

 詐欺/なりすましメールへの根本対策は、送信側/受信側の相互対応です。
本製品では、下記の技術をご提供いたします。

TLS:通信の暗号化

[Transport Layer Security]
暗号化通信により、データ通信経路での盗聴/改ざんを防止します。

SPF:送信ドメイン認証①

[Sender Policy Framework]
送信元の正規IPアドレスを確認する送信ドメイン認証方式です。

DKIM:送信ドメイン認証②

[DomainKeys Identified Mail]
メールヘッダに電子署名を付与する送信ドメイン認証方式です。

DMARC:送信ドメイン認証③

[Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance]
SPF/DKIM両認証の結果を利用して認証に失敗したメールを送信側のポリシー設定に従い配送制御します。

製品ラインアップ

実装する基盤環境に応じて、2種類のモデルをラインナップしています。

  基盤セットモデル 仮想環境向けセットモデル
メール
アカウント数
500~
サーバ Express5800シリーズ お客様にご用意いただく
仮想化基盤上の仮想サーバ
ソフトウェア OS:Red Hat Enterprise Linux 7
アプリケーション:Cloudmark Security Platform for Email
添付ドキュメント 基本設計書、パラメータシート、既存環境変更ガイドライン、ヒアリングシート

Top of this page