ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

次世代工場セキュリティソリューション

スマートファクトリ化に伴う工場セキュリティのリスク

製造業では、スマートファクトリー化に向けて、「つながる」ということがキーワードになってきています。工場内のあらゆる機器や設備、工場内で行う人の作業などのデータを、IoTを活用して収集し、データを分析・活用することによって生産性を向上させることが期待されています。しかし、工場内の機器や設備がネットワークにつながれば、当然、サイバー攻撃によるリスクが高まります。もともと、工場内の機器や設備は外部と接続することを想定されていなかったため、セキュリティ対策を行う上では、新しい考え方が必要となってきます。今後のスマートファクトリ化に伴って考えられるセキュリティリスクは大きく6つ考えられます。

NECの次世代工場セキュリティの基本方針

NECが考える次世代工場セキュリティの基本方針は「安全に繋ぐ」ことです。24時間365日の安定稼働が求められる工場のシステムでは、情報系のネットワークと同様のセキュリティ対策を行うことが難しく、工場のシステムの特性に合わせた対策が求められます。

工場内のシステムの重要度や対策レベルに応じて、セグメントを分割することで、万が一マルウェアに感染した際でも他のラインへの横感染が出ないようにすること、また、有事の際にはネットワーク切離しを容易にすることで被害の極小化を行う対策が必要となってきます。

NECが考える工場セキュリティ対策の検討ステップ

まず、工場のセキュリティ対策を進めるうえで行うべきことは、工場資産の現状を把握することです。個々の設備・機器の可視化や、人員配置・運用体制を調査し、潜在的なリスクを明確化していきます。次に、この中から事業に与えるインパクトを考慮し、重要度の高いものから設備・機器の取り扱いポリシーを決め、必要となるセキュリティ対策の導入・運用計画を検討していきます。

次世代工場セキュリティソリューションに関するより詳しい情報は、下記より資料をダウンロードしてご利用ください。

ページの先頭へ戻る