SAP次期基盤選定支援サービス

SAP S/4HANA移行サービス

「クラウドファースト」が進展する昨今、SAP S/4HANAへの移行や、既存のハードウェア、OS、データベースのサポート切れへの対応のタイミングで、「基幹システムのクラウド化」を検討されるお客様も多いのではないでしょうか。 基盤選定にあたっては、それぞれの基盤のメリット・デメリットをきちんと理解した上で、自社のシステム要件に最適な製品・サービスを選定することが重要です。

オンプレミスとクラウドサービス それぞれの特長

オンプレミスとクラウドサービスにはそれぞれメリットがあり、これらをきちんと理解した上で、自社の基盤をオンプレミスで構築するか、クラウドサービスを利用するか、大きな方向性を検討します。それぞれの主なポイントは以下のとおりです。

次期基盤選定支援サービス(図1)

SAP認定の各クラウド基盤の比較

クラウドサービスで検討を進めていく場合は、SAP社の認定を受けた各社のクラウドのサービスについて、サービス内容・範囲、それぞれの特徴を理解し、自社の状況に合った最適なインフラ基盤を選定することが重要です。

次期基盤選定支援サービス(図2)
クラウド基盤の範囲と、各社の製品・サービス

具体的には、大きく以下の4つの視点から検討することにより、自社に適した基盤を総合的に判断します。

  1. 基幹システム視点
    ・ミッションクリティカル性(性能、信頼性、可用性、保守性)
    ・セキュリティ対策
    ・コンプライアンス対策 など

  2. SAPシステムに特有な視点
    ・OS、データベース、アプリケーションの認定状況
    ・SAPライセンスの購入形態(一括買取 / サブスクリプションなど)
    ・大容量メモリのサポート など

  3. 運用・保守視点
    ・バックアップ
    ・HA (High Availability) /DR (Disaster Recovery)
    ・BASIS運用 など

  4. その他
    ・TCO
    ・導入実績 など

NECはオンプレミスはもちろんのこと、各クラウドサービスについてのノウハウ・知見を活かし、お客様の状況に合わせた最適な基盤の選定をご支援します。

次期基盤選定支援サービス(図3)
基盤選定支援サービスのアウトプット(例)

お問い合わせ