サイト内の現在位置

SAP S/4HANA移行サービス

次世代ERPのSAP S/4HANA化を支援

SAP ERP(ECC6.0)のサポート期限である2025年に向けて、多くの企業が新ERP 「SAP S/4HANA」への移行をご検討される中で、「投資対効果が見出すことができず、どのように進めていけば良いのか」といったお悩みをお持ちのお客様も多いのではないでしょうか。
SAP S/4HANAは単なるERPではなく、デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する総合プラットフォームですので、機能面だけではなくユーザエクスペリエンスなども含め、DX実現までを見据えた検討が必要となります。
NECは自らがSAP HANAを活用し、経営のデジタルトランスフォーメーションを実践しています。その中で得られた様々なノウハウ・知見を活かすことで、単なるSAP S/4HANAへの移行に留まらず、お客様のビジネス成長・変革の実現をご支援します。

従来のERPの価値(機会変更による効果は見出せない)。新しい価値(ユーザーエクスペリエンス、リアルタイム、インテリジェント化)。デジタルへの移行による投資対効果。

SAP S/4HANA移行でお悩みの方に

SAP S/4HANA化のメリットがわからない

経営のデジタルトランスフォーメーションというが、なぜSAP S/4HANA導入が必要なのか、どのようなROIが得られるのかを知りたい

最適な移行方法が判断できない

移行には、コンバージョン方式とリビルド方式の2種類があると聞くが、自分たちにはどちらが適しているのか、判断できない

移行のタイミングがわからない

全体的なスケジュール感、導入タイミングの検討について、社内に知見が無く、判断できるメンバーもおらず、困っている

こんな方に
「これまでのSAPと違いが分からない」「メリットが分からない」「最適な移行方法の判断が難しい」「移行のタイミングが分からない」

サービスの特長

リアルなSAP S/4HANA化ノウハウ

自社SAP S/4HANA化で培った、移行方法検討のポイントや新機能のメリット、アドオンの改修ポイントの調査と改修など、実践的なノウハウと共に、NECが保有する標準的な業務/ITプロセスを活用したノウハウもご提供します。

標準化手法(アドオン削減など)

SAP S/4HANA化にあわせて、現行アドオンの削減、コード標準化、業務標準化などの各種手法をご提供します。

安心のロードマップ策定支援

NECでは多数のお客様とのロードマップの検討実績をもとに、お客様の状況にあわせて、最適なロードマップ策定の計画立案からご支援します。

特長

移行サービス内容のご紹介

NECではSAP S/4HANA移行のステップとして、ロードマップの策定と、実機を使った検証を行うことを推奨しています。各ステップでお客様とともに、しっかりと内容を検討し企画・検証することで、後戻りの少ない効率的なSAP S/4HANAへの移行をご支援します。

(1) ロードマップ策定支援サービス
弊社が準備した質問への回答と数回の打合せを実施することで、ロードマップ策定やSAP S/4HANA移行への概算費用の把握が可能です。また、 アプリケーションのみならず、インフラ基盤(オンプレ、クラウドなど)の検討・選定も行うことで、総合的なロードマップ策定へのご支援が可能です。

(2) 実機検証サービス
弊社が提供するSAP S/4HANAのライセンスや実行環境をご活用頂くことで、お客様自身が手軽に検証作業を行うことができます。また、お客様環境を実際にSAP S/4HANAにコンバージョンすることで、コンバージョン費用への影響が大きいアドオンプログラムの改修工数を精緻に算出することが可能です。

SAP S/4HANA移行サービス①ロードマップ策定支援サービス(期間:4週間~)。②実機検証サービス。1.POC、2.構想企画(期間:6週間~)。

お問い合わせ