サイト内の現在位置

デジタル・ガバメント ホワイトペーパー、コラム

デジタル・ガバメントや行政DXの取り組みに役立つホワイトペーパー、コラムをお届けします。

【ホワイトペーパー】日本のデジタル・ガバメントが追求すべきコンセプトとは

-NECが考える日本のデジタル・ガバメントの価値-

NECは、ホワイトペーパー「日本のデジタル・ガバメントが追及すべきコンセプトとは - NECが考える日本のデジタル・ガバメントの価値-」2023年7月版を公開しました。

2021年9月にデジタル庁が発足し、『誰一人取り残されない、人に優しいデジタル化を。』というミッションを掲げ、行政のデジタル化を推進しています。

過去の取り組みから学びを得つつ、今後の課題解決に貢献する行政サービスを実現するため、デジタル時代に中央官庁や地方自治体が提供するサービスで追求すべきコンセプトを考察し、以下の5つにまとめました。

  1. 包括的にデザインする
  2. 新たな信頼を獲得する
  3. 国民と合意形成をする
  4. 新たな価値を創造する
  5. 持続可能な行政に変わる

NECが考える日本のデジタル・ガバメントの価値

【ホワイトペーパー】行政機関における生成AIの活用に向けて ―コンセプトと想定事例―

NECが独自開発した生成AIを活用し、行政機関においてどのような課題解決や業務効率化に貢献できるのかを想定事例を含めてご紹介します。

<ホワイトペーパーに含まれるもの>

  • 行政機関における課題
  • NEC開発の生成AI「cotomi(コトミ)」
  • 職員をサポートするLLMの想定事例
  • 企画事務活用におけるLLMの想定事例

【ホワイトペーパー】行政機関における生成AIの活用にむけて ―コンセプトと想定事例―

【コラム】デンマークに学ぶTrust in Governmentのポイント

行政デジタル化推進における重要な課題のひとつ「行政と国民の信頼関係」について考察します。巻末コラムに「生成AIへの信頼醸成を考える」を記載しています。

デンマークに学ぶTrust in Governmentのポイント

【コラム】マイナンバーカード ~マイナンバーカード政策のポイントと関連事案をめぐる考察~

マイナンバーカードが政府施策としてどのような位置づけにあり、今後の普及・利活用促進シナリオがどう描かれているのか、また、日本のデジタル化推進において、越えなければならない最大のハードルと想定される「マイナンバーカード問題」事案の原因と再発防止策について考察しています。

マイナンバーカード ~マイナンバーカード政策のポイントと関連事案をめぐる考察~