サイト内の現在位置

WORK ENVIRONMENT

インクルージョン &
ダイバーシティ

多様な背景を持つ社員が活躍し、組織として新たなインプットを得ることで挑戦や成長が可能になり、新しい発想やイノベーションが生まれる。NECはそれこそが、競争優位の源泉であると考え、インクルージョン&ダイバーシティを経営戦略のひとつに位置付けています。「一人ひとりの違いを強みに変え、変化にしなやかに対応し、強く勝ち続ける組織づくりとカルチャーの変革」の実現に向け、国籍、年齢、宗教、性別、性的指向・性自認、障がいの有無に関わらず、ビジネス成長に向けて持てる力を最大限発揮できる職場環境を築いていきます。なお、インクルージョンが発揮されて初めてダイバーシティに価値があることを強調するために、NECではインクルージョンをダイバーシティの前に置いています。

女性の活躍推進

NECでは、1985年の「男女雇用機会均等法」の制定以前から、性別を問わない人材採用と登用を進めています。さらに加速するべく以下の3つの目標値を定め、その実現に向け取り組んでいます。

3つの目標

  1. 1.2025年度までに女性従業員比率を30%にする
  2. 2.2025年度までに女性管理職比率を20%にする
  3. 3.2025年度までに役員に占める女性・外国人比率を20%にする

3つの施策

  1. 1.すべての階層・職種における女性の積極採用
  2. 2.ReadinessとAwarenessを意識した育成
  3. 3.タレントマネジメントによる着実な登用

女性従業員向けタレント
マネジメントプログラム

2019年度に次世代人材育成タレントマネジメントプログラムを刷新。幅広い女性従業員から有望人材を選出し、社外研修派遣や社内キャリアコーチによるアセスメント・コーチング、グループメンタリング、ネットワーキングなどを通じた育成を実施しています。

30%Club Japanへの
加入

30%Club は、企業の重要意思決定機関に占める女性割合の向上を目指す世界的な取り組みです。NECは役員のジェンダーバランス向上に向け、30%Club Japanに加入。この趣旨・活動に賛同し、さまざまな施策を展開。役員ジェンダーバランスの向上に取り組みます。

国際女性デーにちなんだ
社内オンラインイベント

NECグループ全従業員を対象に、3月8日の国際女性デーに合わせ「経営戦略としてのI&D」をテーマにオンラインイベントを開催。シニアレベルの女性リーダーとCHROが登壇し、参加者の98%が「I&Dに関する気づき・理解を得た」というアンケート結果が寄せられました。

アンコンシャスバイアス
トレーニング

2019年度より、多様な人材に対するマネジメント力強化を目的にアンコンシャスバイアストレーニングを開始。2020年度は多様性マネジメントの重要性や、変革の時代におけるリーダーシップを高めるトレーニングを実施しました。

育児休職者向け
復職応援セミナー

復職を控えた育児休職中の従業員が、仕事と育児を両立しながらキャリアを充実していく。その実現を目的に2014年度から開催しています。さらに2019年からはNEC国内関係会社にも拡大。2020年度は8社から計133人が参加しました。2021年度は復職後のキャリアについて考えるセッションを追加し、上司も一緒に参加するなど、内容をアップデートする予定です。こうした取り組みによりNECの復職率はほぼ100%となっています。

数字で見る女性の活躍推進への取り組み

女性比率

女性社員比率
19.6 %
役員
3.6 %
管理職
7.2%
(2021年4月1日現在)

育児休職利用者数(新規)

女性
307
男性
67
復帰は男女ともほぼ
100

社会からの評価 / 取り組み

女性活躍推進法の認定
「えるぼし(3段階)」

(2016年4月28日認定)

次世代育成支援対策推進法に
基づく認定
「プラチナくるみん」

(2018年2月28日認定)

日経ウーマン 女性が活躍する
会社BEST100
ダイバーシティ推進度1位!

(2021年5月発表)

女性役員比率30%を目指す
イニシアチブ
「30% Club Japan」加入

(2020年10月加入)

障がい者雇用の推進

「できることは自分で、できないことは助け合って」という考え方のもと、NECでは障がいのある従業員387人(2021年6月1日現在、NEC、NECフレンドリースタフ(株)、NECマネジメントパートナー(株)の合計値)が活躍しています。

採用選考のバリアフリー化

採用選考のバリアフリー化を進めるため、面接時の障がいに応じたサポート(音声認識アプリ活用やバリアフリー環境の用意)を行っています。入社前には内定者と一緒に職場やよく利用する場所のバリアフリー状況を確認するなど、対話を通じて一人ひとりの障がいにあわせた合理的配慮(※)の提供に努めています。
※合理的配慮:障がいのある労働者の有する能力を有効に発揮するにあたり、支障となっている事情を改善するための措置

新卒採用者向けの取り組み

新卒採用者向けにオンラインセミナーを開催。NECグループで働くことがイメージできるよう、事業内容の説明や障がいを持ちながら働いている先輩社員との座談会も実施しました。また、聴覚障がい者向けのTV情報番組に出演し、手話通訳士を通して学生の質問に答えるなど、障がいのある学生の就職活動時の不安解消に貢献しています。

The Valuable 500 への
署名

2019年1月のダボス会議で発足した障がい者の活躍推進に取り組むイニシアチブ「The Valuable 500」に賛同し、署名しました。障がいのある従業員が能力を発揮できる環境づくりへの取り組みや、豊かな社会生活の実現に向け、事業活動を通じた障がい者支援やパラスポーツ支援を通じた社会貢献を行います。

NECフレンドリースタフ
(特例子会社)

障がい者雇用特例子会社NECフレンドリースタフ(株)を設立し、知的障がい者および精神障がい者の雇用を推進し、133人の障がい者が活躍しています。テレワークなど働き方が変わる中で受託業務を拡大し、NECグループの事業支援に貢献しています。

聴覚障がいのあるNECグループ従業員の自己啓発支援

2015年から、NECグループに在籍する聴覚障がいのある従業員を対象に、NECについての知識を深めるための勉強会を開催しています。2020年はテレワーク前提の働き方という「New Normal」に向け、聴覚障がい者が不自由なくオンライン会議に対応できるよう、意見交換を実施しました。

社会からの評価 / 取り組み

障がい者の活躍推進への
イニシアチブ
「The Valuable 500」加盟

(2020年1月プレスリリース)

LGBTQへの理解・受容促進

自分らしく安心して働ける職場づくりを進めるために。私たちNECはLGBTQ(※1)に関する正しい理解とAlly(※2)を増やすことが先決と考えています。それらに加え、LGBTQである従業員へ公平な制度利用機会を提供するため、2019年度より、以下の取り組みを行っています。
※1 LGBTQ:LGBTQとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性自認が出生時に割り当てられた性別とは異なる人)、QueerやQuestioning(クイアやクエスチョニング)の頭文字をとった言葉
※2 Ally(アライ):LGBTQ当事者の理解者であり応援者のこと

Allyの組織化と社内理解の促進

2019年度より人材組織開発部のメンバーを中心に8人が「顔の見えるAlly」として活動を開始。当事者からの問い合わせや相談に直接対応しています。また、全従業員を対象にしたWeb 研修で、ハラスメントやアウティング(※)の防止などの意識啓発を行い、理解者を増やすと同時に心理的安全性を高めています。
※アウティング:カミングアウトをした本人の了承なく、セクシャリティについて第三者に公言してしまうこと

社内規定の改定

2019年10月には「配偶者」の定義に、事実婚・パートナー関係にある相手を追加。同性婚を含む事実婚も法的な婚姻関係と等しく扱えるようにするなど、14の社内規程を改定しました。

「Diversity Career Forum 2021」へのスポンサー出展

LGBTQに関する取り組みを含むI&D推進をテーマとした、日本国内最大級のキャリアカンファレンスである「Diversity Career Forum 2021」に6年連続で出展。オンライン開催となった2020年以降は、当社のAllyメンバーやI&D推進者がロールモデルとして登壇し、参加学生と直接対話を行っています。

「PRIDE指標2020」
最高位「ゴールド」受賞

「work with Pride」が策定する、企業・団体などにおけるLGBTQなどのセクシャル・マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE 指標2020」において、最高位「ゴールド」を受賞。NECはすべての指標で評価基準を満たす評価を得ることができました。

公正な採用に向けて

2018年度より、採用面談マニュアルの中にLGBTQに対する以下記載事項を加え、採用面談員が適切に対応するよう注意喚起しています。また、エントリーシートの性別記入欄は廃止しています。
1.人権の観点から差別や個人の尊厳を傷つけるような面談を絶対に行わないこと
2.面談時などにカミングアウトした場合でも、LGBTQに関する質問に終始しないこと
3.本人の能力および業務適性のみで判断すること

社会からの評価 / 取り組み

LGBTQに関する取り組み評価指標
PRIDE指標2020
「ゴールド」受賞

(2020年9月受賞)

アルムナイ採⽤

NECはパーパスの実現に向けて、何より多様性を⼤切にしています。だからこそ、⼀度卒業された元社員の⽅に向け、アルムナイ採⽤というかたちで、再度NECで活躍いただける場をご提供していきたいと考えています。もう⼀度NECで、⾃分らしく挑戦したい。そんな志をお持ちのアルムナイの皆様からのご応募をお待ちしております。Welcome Back to NEC!新しいNECで、ともに新しい挑戦に取り組みませんか。