サイト内の現在位置

NECの研究者

2019年3月18日

岩崎 悠真 (Yuma Iwasaki)

岩崎 悠真の写真

NEC 中央研究所
IoTデバイス研究所
主任
修士(物理学)

研究分野

  • マテリアルズ インフォマティクス

論文

  • Y. Iwasaki et al. Machine learning guided discovery of a new thermoelectric material. Scientific Reports 9, 2751 (2019)
  • R. Sawada, Y. Iwasaki and M. Ishida. Boosting material modeling using game tree search. Phys. Rev. Materials 2, 103802 (2018)
  • A. Kirihara, M. Ishida, R. Yuge, K. Ihara, Y. Iwasaki, R. Sawada, H, Someya, R. Iguchi, K. Uchida, E. Saitoh and S. Yorozu. Annealing-temperature-dependent voltage-spin reversal in all-oxide spin Seebeck devices using RuO2. J. Phys. D: Appl. Phys. 51, 154002 (2018)
  • Y. Iwasaki, A. G. Kusne and I. Takeuchi. Comparison of dissimilarity measures for cluster analysis of X-ray diffraction data from combinatorial libraries. npj Comput. Mater. 3. 4 (2017)
  • Y. Iwasaki, M. Ishida, A. Kirihara, K. Ihara, H. Someya, K. Uchida, E. Saitoh, T. Murakami and S. Yorozu. Improvement of Mixing Conductance and Spin-Seebeck Effect at Fe Interface Treatment. MRS Advances, 3, 60, pp3959-3964 (2016)
  • A. Kirihara, K. Kondo, M. Ishida, K. Ihara, Y. Iwasaki, H. Someya, A. Matsuba, K. Uchida, E. Saitoh, N. Yamamoto, S. Kohmoto and T. Murakami. Flexible thermoelectric sheets using the spin Seebeck effect for heat-flow sensing applications. Scientific Reports, 6, 23114 (2016)
  • K. Nakatsuji, Y. Iwasaki, T. Iimori, M. Yamada and F. Komori. Nanostructures made by mixing Rh atoms on N-adsorbed Cu(001) surface. Surf. Sci, 604, 19-20 (2011)
  • M. Yamada, S. Ohno, Y. Iwasaki, K. Yagyu, K. Nakatsuji and F. Komori. Boundaries between square-shaped, nitrogen-adsorbed islands on Cu(100): Two relief mechanisms of the stress induced by atomic adsorbates. Surf. Sci, 604, 21-22 (2010)

学会発表・講演

  • 【招待講演】岩崎悠真、マテリアルズ・インフォマティクスを用いた材料開発, マテリアルズインフォマティクスの活用事例, 技術情報協会 (2019)
  • 【招待講演】岩崎悠真、 AIと科学者の協創による磁性材料開発、Future Trend in Polymer Science (2019)
  • 【依頼講演】Y. Iwasaki et al. Material Development by Explainable Machine Learning. International Symposium on Materials Informatics (2019)
  • 【招待講演】岩崎悠真、材料開発用AI技術群とその応用事例、 高機能素材Week@幕張メッセ マテリアルズ・インフォマティクス技術専門セミナー (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、 機械学習による磁性材料開発、第47回薄膜・表面物理基礎講座 データサイエンスを活用した固体材料・表面研究の最前線 (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、マテリアルズ・インフォマティクスを用いた材料開発技術, マテリアルズインフォマティクスを用いた材料設計と企業での活用事例 (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、AIと科学者の協創による材料開発、CAE懇話会データサイエンスとCAE (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、AIと科学者の協創による材料開発、 HPCI第6回材料系ワークショップ 大規模シミュレーションと機械学習の新展開 (2018)
  • 【招待講演】Y. Iwasaki, Material Development by Integrated Approach of Combinatorial Experiments, High-Throughput ab-initio Calculations and Explainable AI. 10th COMBI (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、材料開発用AI技術群とその応用事例、 エヌプラス新たな価値をプラスする機械・素材・技術の展示会@東京ビックサイト マテリアルズ・インフォマティクス (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、インフォマティクスを用いたコンビナトリアル結晶構造解析とその材料開発への応用、日本学術振興会第162委員会第105回研究会 マテリアル創製およびプロセス革新のためのインフォマティクス (2017)
  • 【招待講演】岩崎悠真、 マテリアルズ・インフォマティクスによる結晶構造解析とスピン熱電材料開発、 有機エレクトロニクス材料研究会 第227回研究会 Xインフォマティクスの最前線~マテリアルズ、バイオ、キャタリシス~ (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、マテリアルズ・インフォマティクスによる結晶構造解析とスピン熱電材料開発、GaN研究コンソーシアム第3回研究会 材料開発におけるインフォマティクスの応用 (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、AIとハイスループット実験の融合によるスピン熱電材料の開発, MaDISシンポジウム 材料開発を加速するデータ科学とデータプラットフォーム戦略 (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、NECの材料開発用AI技術群とその応用事例, 高機能素材Week2018@インテックス大阪 マテリアルズ・インフォマティクス専門技術セミナー (2018)
  • 岩崎悠真, A. G. Kusne, I. Takeuchi, 石田真彦, 桐原明宏, 澤田亮人, 寺島浩一, 染谷浩子,萬真一, Predicting material properties by integrating combinatorial experiments, ab-initio calculations and machine learning in FexCoyNi1-x-y ternary. JSAP (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、マテリアルズ・インフォマティクス ~人工知能で材料開発プロセスは変わるのか?~ Cutting Edge Lecture 未来の物質プロセスの在り方 (2018)
  • Y. Iwasaki, I. Takeuchi, R. Sawada, A. Kirihara, K. Terashima, H. Someya and M. Ishida. Predicting material properties by integrating combinatorial experiments, ab-initio calculations, and machine learning in the FexCoyNi1-x-y ternary. APS March Meeting (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、AIとコンビナトリアル材料合成を用いた材料開発、先端ナノデバイス・材料ナノテクノロジー第151委員会 第2回研究会 (2018)
  • 【招待講演】岩崎悠真、材料開発に特化した2つの機械学習技術とその応用~高精度ホワイトボックス型機械学習と木探索型ベイズ最適化~、 応用物理学会応用電子物性分科会研究会 マテリアルズインフォマティクスによる材料・デバイス開発の最前線 (2018)
  • A. Kirihara, M. Ishida, Y. Iwasaki, H. Someya, R. Iguchi, K. Uchida, E. Saitoh and S. Yorozu. All-oxide spin Seebeck devices using RuO2 film depending on annealing temperature. APS March Meeting (2017)
  • 岩崎悠真, A. G. Kusne, S. Fackler and I. Takeuchi. Comparison of Dissimilarity Measures for Cluster Analysis of X-Ray Diffraction Data from Combinatorial Libraries. JSAP (2017)
  • A. T. N'Diaye, S. Fackler, T. Gao, Y. Iwasaki, A. Mehta, I. Takeuchi and E. ArenholzCombinatorial XMCD on FexCoy(V,Mn)1-(x+y) ternary systems. MMM (2016)
  • Y. Iwasaki, M. Ishida, A. Kirihara, K. Terashima, H. Someya and M. Tsuji. Enhancement of Spin Seebeck Effect in Rare Earth Substituted YIG. MRS Fall Meeting (2017)
  • A. Kirihara, K. Kondo, M. Ishida, K. Ihara, Y. Iwasaki, H. Someya, K. Uchida, E. Saitoh, N. Yamamoto and S. Yorozu. Flexible heat-flow sensors based on the spin Seebeck effect. MMM (2016)
  • Y. Iwasaki, M. Ishida, A. Kirihara, K. Ihara, H. Someya, S. Yorozu and T. Murakami. Improvement of Mixing Conductance and Spin-Seebeck Effect by Fe Interface Treatment. MRS Fall Meeting (2015)
  • 岩崎悠真、石田真彦、 桐原明宏、 井原和紀、 染谷浩子、 河本滋、 村上朝夫。 Contribution of rare-earth substituted Yttrium Iron Garnet for the spin-Seebeck effect. JSAP (2014)
  • A. Kirihara, M. Ishida, K. Uchida, H. Someya, Y. Iwasaki, K. Ihara, S. Kohmoto, E. Saitoh and T. Murakami. Spin-Seebeck thermoelectric converter. IEEE-INEC (2014)
  • S. Sakuma, Y. Iwasaki, H. Yano and K. Kudo. Virtual Integration Technology of Distributed Energy Storages. IEEE-PES ISGT (2012)

書籍執筆

  • 岩崎悠真、他、 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集 出版社: 技術情報協会 (2019)
  • 岩崎悠真、他、マテリアルズ・インフォマティクス ~データ科学と計算・実験の融合による材料開発~ 出版社: (株)情報機構 (2018)

略歴

2011年
東京大学 理学系研究科 物理学専攻 修士課程修了
2011年
NEC 入社 中央研究所 配属
2015年
メリーランド大学 客員研究員
2017年
JST-さきがけ 研究員

その他