研究所のグローバル人材 – 潘 雅冬

2019年1月7日

潘 雅冬
リサーチャー
バイオメトリクス研究所

日本での生活

― 日本で生活・就業してみて、いかがですか?

日本での生活は、今まででもっとも快適な経験の一つです。ただ青空を見上げたり、新鮮な空気を吸ったり、人と互いに笑顔で挨拶し合ったりするだけで快適に感じられ、その理由はお察しいただけると思います。独特な日本文化によって、考え方や日常の生活、仕事の仕方を変えることもありますが、中核的なことは他の国と大差はないと思います。生活している場所を問わず、絶えず思考し、熱心に取り組まなければいけません。

― 日本と中国との生活で、主な違いは何ですか?

日本の自然環境は本当に素晴らしく、またご存知のように、中国は大気汚染という大きな問題に直面しています。そして日本では、どこでも人々が笑顔で挨拶をしてくれます。それが日本文化を特徴づけていると思います。

― 通勤方法を教えてください。

会社からあまり遠くない所に住んでいます。会社までは徒歩で30分で、毎日の運動にしています。

― 日本での暮らしでもっとも気に入っていることは何ですか?理由も教えてください。

国内を旅して自然に触れるのが好きなんです。日本は大きな国ではありませんが、素晴らしい自然を体験できる場所が数多くあります。鬼怒川や九州の別府などを訪れましたが、本当に美しかったです。

― 日本でお気に入りの場所はありますか?

大学で研究しているとき筑波に5年間住んでいたので、お気に入りの場所です。自然を体験できる所ではありませんが、楽しい思い出がたくさんあります。

― 好きな日本食を教えてください。

寿司が好きです。日本食の代表ですよね。

― ここでの生活で、何か嫌な体験や障害にぶつかったことはありますか?例えば、何か心配事や不安になるようなことは?

はい、地震です。両親が心配しています。7年前の関東や2年前の九州で発生したような大地震が二度と起こらないでほしいです。7年前の地震が発生したとき、私は大学で証明書を受け取っているところでした。

― 日本語以外で分かる言語はありますか?あるとすれば何語ですか?それらの言語を使うのはどのようなときで、どれぐらいの頻度で使いますか?

サッカー観戦が好きで、ドイツのナショナルチームがお気に入りです。時間を見つけてドイツ語の勉強をしたいと思っています。英語、中国語、日本語が話せ、広東語も少し理解できます。大学では英語を多く話していました。NECに入社して以来、今はほとんど日本語を話しています。もちろん家では家族と中国語で話します。

NECでの仕事

― あなたの業務で難しいと感じることは何ですか?

現在私たちの研究チームは、人工知能(AI)の最難関事項の一つに取り組んでいます。行動の感知と理解のギャップを埋める試みです。AIを高い頻度で柔軟に利用するには、人の行動を完全な環境で理解させることが不可欠だからです。それには、情報を様々な視点から取り入れる必要があります。私たちは工学の知識だけを使うのではなく、時には心理学や認知科学の知識を参考にする必要もあるのです。

― 研究者としての挑戦は何ですか?

新しい知識を発見し、生み出すことです。そうすれば未来の研究者たちは、新しい知識を使ってさらに高品質なAI機器を作り出すことができます。

― 仕事をしていて経験した面白いこと、重要なこと、印象深いことなどありましたら教えてください。

最近になって私は、自分の研究分野における新しい方法論を開発しました。しかし、周りの人はまだその正当性を信じていません。研究者として、批判的または否定的なフィードバックを受けることは喜ばしいことであり、私の方法論が正当であることを納得させるべく、さらなる証拠を見つけ出すつもりです。これこそが新しい知識を生み出す道なのです。最初はあまり正当性を信じてもらえないのは当たり前です。しかし、周囲を納得させるためには研究を重ね、さらなる証拠を見つけ出すよう努めなければなりません。

― あなたの同僚はどのような人たちですか?上司と一緒に仕事をしてどうですか?また、どのような面で手助けをしてくれていますか?

はい、同僚は皆、優秀な人たちです。アドバイスしてくれる人や上司には本当に感謝しており、たくさんのことを教えてもらいました。例えば、研究することとビジネスを始めることのバランスを取る方法などです。

技能や個人的特質について

― あなたの仕事や仕事分野で役に立ったと思う技能や個人的特質はありますか?どのように役に立ちましたか?

研究とプログラミングの技能は極めて重要です。自分のアイデアを聴衆に制限時間内に理解できるよう発表する必要があるため、プレゼンテーションの技能も非常に重要です。聴衆は同じ分野の人ではない場合もありますので、プレゼンテーションは明瞭で彼らが容易に理解できるものでなければなりません。新しいことに挑戦する情熱も、この研究分野の仕事をする上で好ましい特質です。

職務上求められる要件について

― NECに入社するにあたって日本語能力は必須だと思いますか?(言葉の壁)

ここでは多くの人が英語を話します。しかし、入社する前に日本語を学習し、練習しておくことを強くお勧めしますし、私は必須だと思います。

― 日本に来る前に日本語を理解していましたか?

日本に来る前に少し学習しましたが、ほとんどは日本に来てから学びました。新しい言語を学習するためには、環境がとても重要です。

― もっと効果的な日本語の学習法を知りたい人に何かヒントはありますか?

時間はかかるでしょうが、毎日日本のテレビを見るととても役に立ちますよ。なるべく字幕を見ないでリスニングし、言っていることを理解するように努めることです。話すことをためらったり、失敗することを恐れたりしないでください。

― どのような人材に研究チームへの参加を勧めますか?

新しいことに挑戦する情熱を持っている人や、理性的な思考方法を持ち、常に新しいものを発見したいと考えている人です。

個人の成長について

― NECに入社して以来、人として職業人として、どのような変化や成長を遂げられましたか?何か重要なポイントはありますか?

入社前の私は単なる大学の研究者でしたが、今は製品とビジネスに関してある程度の経験を身に着けました。アドバイスをくれた上司には本当に感謝しており、ビジネスの方法について多くのことを教えていただきました。入社した当初、ビジネスに関する業務を割り当てられたときは驚いたものです。改善すべき点は数多くありますが、業務で得た経験はとても貴重です。

― あなたの仕事は主に個人作業ですか、それともほとんどグループやチームでの作業ですか?また、それはチームワークの技能を培うのに役に立ちましたか?

両方だと思います。私は他のサブチームのメンバーと連携するポジションにいますし、サブチーム全員からの情報と研究結果を統合する業務を行っています。そのため、チームワークではありますが、同時に自分自身を向上させることができます。

― 会社は、社員の個人的な成長や専門性の向上を促す取り組みを行っていますか?

私は昨年入社したばかりなので、まだです。しかし2年目は、企業や研究機関を訪問して互いに協力する道を見つけ、ビジネスを始める方法を学ぶつもりです。今から楽しみにしています。さらに、私たちには20%ルールと呼ばれる制度があります。研究者は、業務時間の20%を自分の好きな研究に当てていいという制度で、多くの人が自分の研究分野を広げるために実行しています。これによって、たくさんの優れた独創的なアイデアが生まれ、顕著な成果が出ています。

その他

― NECを選んだ理由は何ですか?どのようなアピールを受けましたか?

中央研究所が積極的にPhD(博士)を募集していたため、応募しました。中央研究所は外国の研究者を重視してくれていますので、私はその環境と提供される資源がグローバルな視野を持つのに役立つと確信しています。キャリアの向上という点でも大きな助けになると信じています。

― 将来へ向けての計画はありますか?どのようなキャリア目標を持っていますか?

AI技術は無数の目的に取り組んでいますが、いまだ大きな困難に直面しています。複雑な環境下では、自在化または自律化にまでは進んでおらず、例えば自動運転車はいくつかの事故を起こしています。複雑な環境下では、まだまだ改善する余地があるということです。私の短期目標は、複雑な環境下でAIを自在化または自律化する方法を見つけ出すことです。長期目標では、自分のビジネスを始めたいです。しかしまずは、十分な知識と力を身に着けなければなりません。キャリアが始まったばかりなので、まだまだ多くのことを学ぶ必要があります。

― どんな種類の会社を始めるつもりなのですか?

AIと医療はうまく融合できると考えていますので、AIを医療に導入したいです。

― NECで働くことは、その目標達成に役立っていますか?また、どのように役に立っていますか?

NECで1年間働いてきて、お互いに良い協力体制が作れると信じています。ここでさらに実績を積み、そのうちのいずれかが社会に良い影響を与えられることを望んでいます。

― 今のあなたがあることを誰かに感謝するとしたら、それは誰で、その人は何をしてくれましたか?

筑波大学の鈴木健嗣教授に感謝したいです。教授の指導の下でPhDを取得しました。研究室に入ったときに出会い、そこで5年以上一緒に研究しました。教授には本当に感謝しており、多くのことを学びました。非常に優秀で理性的な方であり、成功者になる方法を教えてくれました。笑顔の中にも知性があり、とても魅力的な方です。