研究所のグローバル人材 – シャルマ シュレア

2019年1月7日

シャルマ シュレア
リサーチャー
データサイエンス研究所

日本での生活

― 日本で生活・就業してみて、いかがですか?(暮らしぶりや通勤、日本でのお気に入りの食べ物などについて話してください。)

私は日本の自然が大好きです。至るところに美観があります。コンクリートジャングルと自然が同居しているのも面白いですね。人もとても親切で、誰かに助けを求めるのに躊躇する必要がありません。また、感受性や礼儀正しさもあり、私はそういうところも好きです。他人に迷惑をかけるかどうか、何をするにも事前に自らの行動をよく考えます。日本人の美徳だと思います。さらに地域社会も、細部に気を配っているように思います。人々にとって便利に、生活しやすいようにするための効率的なシステムを築いています。私は日本の焼き菓子や菓子パンが好きです。武蔵小杉周辺には、おいしいベーカリーがたくさんあります。近くの寮に住んでいるので、職場には歩いて通っています。とても便利です。

― ここでの生活で、何かマイナス体験はありましたか?例えば、何かの障害にぶつかるようなことはありましたか?何か心配事や不安になるようなことはありますか?

困ることはあります。言葉の問題は、もちろんその一つですね。私は肉を食べないので、外食は難しいときがあります。料理が好きなので、自分の食事は自分で作っています。セブンイレブンには多くのベジタリアンメニューがあるので、助かっています。

― 日本に住み、仕事をすることを志した理由について教えてください。

NECの業務領域が、私の興味と合致していると思いました。私の目標は、この分野でもっと学び、成長することです。NECはそれにとても合った企業だったので、この機会を活かそうと思いました。最初のうちは、娘が仕事のために外国に行き、一人暮らしをするということで、私の両親は気が進まない感じでしたが、これはすばらしいチャンスだということも分かっていましたので、最終的にはここに来るという私の決断を支持してくれました。

― 日本語以外の言語で分かるものはありますか?あるとすれば何語ですか?それらの言語を使うのはどのようなときで、どれぐらいの頻度で使いますか?

インドの公用語であるヒンディー語と、英語と日本語が分かります。日本に来てからは、同僚たちとの会話にはほとんど英語を使っています。実家に電話するときや、インドの友だちと話すときはヒンディー語を使います。日本語はほとんど使いません。会社が提供する基礎日本語レッスンを受けました。ひらがなやカタカナは読めますが、漢字は本当に難しい。

NECでの仕事

― あなたの業務で難しいと感じていることは何ですか?

最大の難関の一つは、既存の研究における問題を見つけることです。また、研究は非常に見通しが立てづらく、そのため実験の結果はやってみるまで分かりません。この見通しの不透明さが、この仕事をやりがいのあるものにもしています。

― この仕事で個人的にもっとも満足感が得られることは何ですか?

何かを新しく生み出し、このソリューションは世界初かもしれないと思えるときに、私は満足感を覚えます。昨年、私のチームは画像から物体を認識する新しいメソッドを開発しました。私の論文が採択されたので、スペインで開催される「International Geoscience and Remote Sensing Symposium」(2018 IGARSS)に出席してきます。

― ここで仕事をしていて経験した面白いこと、重要なこと、印象深いことなどありましたら教えてください。

チームメンバーに初めて「モノの認識」に関するプレゼンテーションをしたときのことを覚えています。プレゼンテーションは大がかりなものではなかったのですが、私にとっては初めての技術プレゼンテーションでした。興奮と緊張がないまぜになったような気持ちでした。また、同僚と一緒に花見にも行きましたが、大変印象的でした。

― あなたの同僚はどのような人たちですか?上司と一緒に仕事をしてどうですか?どのようなことで手助けをしてくれましたか?(仕事の面、健康・生活面など)

同僚たちはみんな親切で、協力的です。全く異なる背景を持つ同僚から多くのことを学びました。より体系的に、スケジュールに沿って物事に取り組むようになりました。私の上司も援助してくれました。いろいろなことについて、一つ一つ丁寧に教えていただき、感謝しています。皆さんからは、ライフスキルも会得しました。彼はいつも生活のバランスについて語り、仕事と私生活を両立するように言います。彼はいつも微笑んで、ほかの人にもストレスやプレッシャーのなかでも笑みを忘れないように言います。彼は楽観的な人間で、周りの人間も前向きにさせてくれます。

技能や個人的特質について

― あなたの仕事や仕事分野で役に立ったと思う技能や個人的特質はありますか?どのように役に立ちましたか?

すべての事象に関して、「なぜ」と問える好奇心がなければならないと思います。なぜ、このようなことが起こるのか?なぜ、これはこのように動作するのか?研究には、論文の読解から問題解析まで、さらにソリューション策定から論文の執筆に至るまでのさまざまな技能が求められます。協力的な態度もあると助かりますね。一人でアイデアを生み出すのは難しい。いつでも他者と話し合って見解を深め、アイデアを出し合い、さらにこれらのアイデアについてコミュニケーションを取るべきだと思います。

職務上求められる要件について

― NECに入社するにあたって日本語能力は必須だと思いますか?(言葉の壁)

NECのなかでは日本語能力が求められていますが、私は必ずしも必要だとは言いません。日本語が話せなくても生活できますし、システムについてはここの人たちが助けてくれます。それでもときには、システムのほとんどが日本語であることにフラストレーションを感じてしまうことがあります。人に助けを求めて面倒をかけるのが申し訳ない気持ちになるからです。

― どのような人材に研究チームへの参加を勧めますか?(例として、研究やICTに情熱を持って取り組める人や、充実した職務経験を求めている人など)

問題を解決するのが好きな人で、革新的な心構えを持っている人です。研究の予測不可能な面に対応できる人でなければ務まらないと思います。好奇心を持ち続けて、向学心があれば、そのような困難は乗り切れるでしょう。新技術を生み出し、現実的な問題を解決して、世界中でイノベーションを起こすことができるここでの仕事は大変充実しています。

個人の成長について

― NECに入社して以来、人として職業人としてどのような成長を遂げられましたか?何か重要なポイントはありますか?

日本に来てから、行動がかなり変わりました。母国では、問題に直面して助けが必要なときにはいつだって頼れる家族がいました。今は一人暮らしで、自立して生活することを覚えました。より成熟した方法で状況に対応できるようになりました。仕事の面では、チームで活動することが上手くなったと思いますし、お互いから学ぶこともあります。それから、より秩序立って行動できるようになりました。学生の間は、自分の時間は自分で自由に使うことができましたが、職場では期限を守る必要があります。また、仕事と私生活を両立させることもできるようになりました。

― あなたの仕事は主に個人作業ですか、それともほとんどグループやチームでの作業ですか?また、それはチームワークを培うのに役に立ちましたか?

どちらもあります。皆、個別に作業がありますが、アイデアや問題があればチームで話し合います。

その他

― 自国のテクノロジー関係の企業と比べて、NECはどう違いますか?NECを選ばれた理由は何ですか?

インドでは、ソフトウェア開発や製造を手掛ける企業が多く存在します。自分が興味を持っている分野に関係があるため、NECに来ることを選びました。インドに留まるよりも日本に来るほうが、世界的な注目を得ることもできると思いました。多文化社会で生活することの苦労は今後もいろいろあるとは思いますが、学ぶことも多いでしょう。さまざまな人と出会って、彼らの考え方を理解し、彼らから学んでいきます。

― 将来へ向けての計画はありますか?どのようなキャリア目標を持っていますか?

現時点では長期的な目標はありません。今は学べるだけ学んで、近い将来年若い研究者たちを導けるようになりたいです。「Conference on Computer Vision and Pattern Recognition(CVPR)」や「International Conference on Computer Vision(ICCV)」などの国際会議で論文や特許を発表することを目指しています。これらの国際会議では、多種多様な問題を扱っていて、非常に厳しい査読プロセスがあります。私たちの技術のプロトタイプを早く完成させたいとも思っています。

― あなたが最も幸せを感じるのはどのようなときですか?

私が最も幸せなのは、ほかの人の助けになれるときです。私のささやかな手助けでも、誰かに安心感や笑みをもたらすことができたら、とても嬉しく思います。弟の勉強をサポートしたり、個人的な問題について友人を助けてあげたりできたら、姉として、友人としての役割を果たせたと感じます。インドでは、恵まれない子供たちにコンピュータスキルと数学を教えるボランティア活動をしていました。