研究所のグローバル人材 – ジャダ アスタ

2019年1月7日

ジャダ アスタ
リサーチャー
セキュリティ研究所

日本での生活

― 日本で生活・就業してみて、いかがですか?

日本での生活や仕事は、私にとって非常に興味深いものです。日本と、私の祖国であるインドはまるで違います。なので、ここではとてもいい経験をしています。私は職場近くの寮に住んでいるので、通勤は楽です。仕事に行くのに電車に乗らなくてすむので、心の底からホッとしています。

― 好きな食べ物はありますか?

日本のお菓子が好きです。日本のお菓子は、インドのお菓子とはかなり違います。インドのお菓子は、私が食べた「大福」や「団子」などの日本のお菓子と比べると、もっと甘いです。

― 日本での暮らしでもっとも気に入っていることは何ですか?理由も教えてください。

日本での暮らしで私がもっとも気に入っていることは、天気です。インドはかなり暑いので、インドの暑さと比べれば、日本の夏はまだ涼しいと思います。私は本当に冬のほうが好きなんです。

― 冬は寒すぎると思いましたか?

はい、数日間雪が降り続け、少し寒すぎました。でもたいてい我慢できるレベルです。

― ここでの生活で、何かマイナス体験はありましたか?例えば、何かの障害にぶつかるようなことはありましたか?何か心配事や不安になるようなことはありますか?

全般的にマイナス体験はありません。でも私は菜食主義者で、ベジタリアン向けの食事を日本で見つけるのは少し難しいです。なので、これが私の経験している困りごとの一つでしょうか。毎日自宅で自分の食事は作るんですけど、ときどきちょっと煩わしくて。

― 日本語以外の言語で分かるものはありますか?あるとすれば何語ですか?それらの言語を使うのはどのようなときで、どれぐらいの頻度で使いますか?

日本語以外では、英語、ヒンディー語、グジャラート語を話します。ヒンディー語は、多くのインド人が話す共通語で、インド人の同僚たちとやりとりするときに使います。母国の両親には毎日電話をしますが、両親と話すときはグジャラート語です。

NECでの仕事

― あなたの業務で難しいと感じていることは何ですか?

そうですね、辛抱強くあることが一番でしょうか。研究には長い時間がかかります。問題になかなか取り組めないときなど、疲れることがありますね。

― この仕事で個人的にもっとも満足感が得られることは何ですか?

もっとも満足感が得られるのは、何か新しいモノやコトが発見できることだと思います。毎日読んでいると、何か新しいことに驚いたりしますが、私にとってそれは大きな喜びです。

― ここで仕事をしていて経験した面白いこと、重要なこと、印象深いことなどありましたら教えてください。

NECに採用される前、私は日本語を全く知りませんでした。しかし、日本に来る前に、NECインドで約6週間の基礎日本語レッスンを受けました。ここに来たばかりのときにこのレッスンが役に立ちました。最近ではさらに多くの日本語レッスンを受けています。私のチームの人たちはこれを知っていて、私と日本語で会話しようとしてくれます。しかし、ある日私の上司が会議のなかでこう言ったのです。「アスタは日本語が理解できるようになったのだから、これからは日本語で会議ができるな」と。それに対し、私は日本語で「皆さんがしゃべるのが速すぎて何を言っているのか分かりません」と答えました。上司は私の返答に驚いて、またそれを見たチームのみんなが爆笑していました。

― あなたの同僚はどのような人たちですか?上司と一緒に仕事をしてどうですか?どのようなことで手助けをしてくれましたか?(仕事の面、健康・生活面など)

私はまだ日本語を学んでいる途中で、初級レベルなので、日本人の同僚たちはかなり補佐してくれます。日本語の文字はとても難しいので、まだ読めません。この点で同僚たちに手伝ってもらっており、とても助かっています。

技能や個人的特質について

― この仕事や分野で役に立ったと思う技能や個人的特質はありますか?どのように役に立ちましたか?

現在の仕事は、私が修士号を持っている分野と深く関わりがあります。そのため、背景知識や基礎知識を持っていることが重要だと言えます。初期段階から始めたり、基礎を学んだりする必要もなかったので、それが大変役に立ちました。

職務上求められる要件について

― NECに入社するにあたって日本語能力は必須だと思いますか?

先ほども言いましたが、私は日本に来る前に基本的な日本語の授業を受けていました。基本の日本語会話ができることは、確かに役に立ちます。ですが、生活や仕事の面でやっていくのに日本語が堪能である必要はありません。職場の人はほとんどが英語を話せますので、日本語が必須とは言いません。ここにいる間にいつでも学ぶことができます。

― どのような人材にNEC研究チームへの参加を勧めますか?

研究分野にいたい人たちや、何か新しいものを発明したい人たちでしょうか。それに関してNECは大きな可能性と機会を提供しています。素晴らしい構想があり、それを提案したいと望めば、NECではそれを発表する場があります。社員に機会が与えられています。私が言いたいことに、同僚も上司も耳を傾けてくれます。コミュニケーションが容易で、アイデアの共有もスムーズです。チーム内で発言できる場を与えられていることは素晴らしいと思います。

個人の成長について

― NECに入社して以来、人として職業人としてどのような成長を遂げられましたか?何か重要なポイントは?

NECに入社して、以前よりも時間や期限を守れるようになりました。きっと、新卒全員が同じ気持ちだと思います。学生の間は、時間はもっと自由で、自分の都合に合わせて勉強や仕事をし、自分の時間も十分にあります。しかし会社の一員になると、期限もありますし、守らなければいけないスケジュールもあります。

― あなたの仕事は主に個人作業ですか、それともほとんどグループやチームでの作業ですか?また、それはチームワークを培うのに役に立ちましたか?

私は少人数のチームで業務を行っていまして、直接2人の同僚と一緒に作業をしています。これは確実にチームワークを育てます。他者の意見に対していつでもオープンな心を持っていなければなりません。人が自分の見解を話すとき、新しい課題やソリューションが生まれることがありますから。

― 会社は、社員の個人的な成長や専門性の向上を促す取り組みを行っていますか?

外国人に対しては、NECは日本語を学ぶ場を用意してくれています。日本語レッスンは、終業後に会社で行われるので、とても便利です。先生が会社に来て、レッスンをしてくれます。このレッスンは、マンツーマンなので非常に効果的です。間違うことは問題ありません、それが学びへの最善の道ですから。それに、他の人たちの前で恥をかくのではないかと心配する必要もありません。私は2時間のレッスンを毎週2回受けていて、コース全体で、合計60時間です。また、このコースの受講は任意で、強制されているわけではありません。

その他

― インドのほかのテクノロジー関係の企業と比べて、NECはどう違いますか?NECを選ばれた理由は何ですか?

インドのテクノロジー関連企業は、主に開発を行っています。これらの企業では、特定の仕事を与えられ、期限までに完了することを求められます。しかしNECでは研究もできますし、新しい技術を開発するほか、既存技術に取り組むこともできます。私は研究が楽しいので、NECを選びました。

― 将来へ向けての計画はありますか?どのようなキャリア目標を持っていますか?

今のところ、特に長期的な目標はありません。しかし、NECに勤めて1年以内に論文を発表し、特許を申請することを目指しています。

― NECで働くことは、その達成に役立っていますか?どのように役に立っていますか?

私の同僚や上司からの助言やアドバイスが、大いに役立っています。

その他任意の質問

― 今のあなたがあることを誰かに感謝するとしたら、それは誰で、なぜですか?その人はあなたに何をしてくれましたか?

兄に感謝したいです。兄もまた、ソフトウェアエンジニアとしてテクノロジー業界で働いています。私が学士過程を終えた後、就職する前に修士課程に進むように兄が勧めてくれました。自分の経験に基づいて私にアドバイスをしてくれたのです。兄は学士過程を終えてすぐに求職したのですが、競争が激しいと感じたようです。兄の助言やアドバイスにはとても感謝しています。