もし、どこでもお得意様のように
ショッピングを楽しめたら?

Story02

オフィスでランチを楽しむ山本さんに、「会社でスポーツ観戦のチケットもらったよ。今晩なんだけど」と、友達からメッセージ。
デジタルチケットとあわせて、おそろいの応援ユニフォームの割引案内も届きました。
サイズを選んで、スポーツショップにお取り置き。
仕事を終えた山本さんは、ショップに到着。
ユニフォームを試着すると、デジタルミラー内のAI店員が「ウエストを詰めましょう」とアドバイスし、微調整してくれます。
スタジアムでの応援が初めての山本さんが「どんなフェイスペイントが似合うかな?」と聞けば「顔立ちとユニフォームによくマッチするデザインがあります」と、ミラーに重ねて提案。自分好みのトータルコーディネートに、山本さんの気持ちが高まります。
おそろいのファッションを、自分らしく身にまとって。
さぁ、友達と一緒にスタジアムへ。

NECとつくる、次の社会

その時、その人に合わせた、自分スタイルのお買い物体験を

消費者のライフスタイルや価値観の変化とともに、ニーズが多様化。
同じ個人でも「一人十色」「一人百色」ともいえる時代になりました。
商品をすぐ手にしたい人には、「並ぶ」「探す」といったストレスなく、いつでもどこでも便利な買い物を。
特別を求める人には、「驚き」や「感動」をともなう楽しい買い物を。
デジタルの浸透が自分スタイルのお買い物体験を実現します。

ケーススタディ

もうすぐ実現する 今までにない体験