「安全・安心」と「効率・公平」を実現する
NEC Safer Cities

都市への急激な人口集中は、人やモノの移動を活発にして経済を発展させ、
多様性が新たな価値の創造を促進する一方で、犯罪やテロなどの危険性を増加させています。
NECは、生体認証や映像解析を含むAI・IoTなどの先端技術を活用し、都市におけるさまざまな社会課題を解決してきました。
人々の安全・安心な暮らしと、効率的で公平なサービスや移動の自由を提供することで、
もっと自由に、もっと安心して、能力を最大限に発揮できる都市「NEC Safer Cities」をお客さまと共に実現します。

つなぎ合わせる価値を提供する
3つのプラットフォーム

NEC Safer Citiesを実現するために、NECは3つのプラットフォームで自らのビジネスモデルを変革していきます。お客さまごとに価値を作りこむシステムインテグレーションから、多くのお客さまに、より大きな価値提供を可能にする、プラットフォームによるサービス型ビジネスモデルに変革し、データをつなぎ合わせることによる新たな価値を提供します。
3つのプラットフォームは、膨大なデータを収集し統合する「データプラットフォーム」、集められたデータを解析して将来の予測などを行う「分析プラットフォーム」、水平展開可能な共通業務機能を備えた「共通業務プラットフォーム」で編成されています。そのなかでも「分析プラットフォーム」は、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」と、世界トップクラスまたはNECの独自技術を活用した生体認証「Bio-IDiom」で構成されており、精度の高い分析結果を提供することができます。

「NEC the WISE」は、複数の技術によって構成された最先端のAI技術群です。複雑化・高度化する社会課題に対し、一つの汎用的なAIですべてに対応するというのは現実的ではありません。世界でNo.1、Only1のさまざまなAI技術を組み合わせ、あらゆるシーンで柔軟かつスピーディに課題を解決し、価値を創造します。
NECは、実世界をデータ化してAIが分析するための多様な情報を「見える化」し、見える化で生成された情報を活用して実世界の出来事の意図や内面を理解し、今後の予測を「分析」により導き出します。そして、その分析に基づいて課題を解決するための最適な手段を提示し、機器の制御や人の行動を支援する「対処」の領域で価値を提供します。
AIというと「脳」のイメージが強いですが、NECのAIは分析だけでなく、顔認証や指紋認証などの映像解析をはじめとする「五感的AI」が特徴です。人の五感のように人やモノを識別、認証することなどにより、精度の高い分析や最適な対処方法の特定を行います。

NECは、半世紀にわたって、生体認証の研究開発に取り組んできました。これまでに指紋認証や顔認証を中心に、世界70か国以上に700以上のシステムを納入しています。
NECの生体認証商品「Bio-IDiom」は、顔、虹彩、指紋・掌紋、指静脈、声、耳音響の6つの生体認証技術で構成されており、いずれも世界トップクラスもしくはNEC独自の技術です。
サイバー世界では人のなりすましや悪意を持ったサイバー攻撃など、さまざまなリスクが存在します。NECは、人自身が持っている生体情報を重要な「鍵」として、必要に応じて複数の生体認証を組み合わせた高度な認証をサイバー世界への入口に構築します。悪意のある攻撃のリスクなどを排除し、「誰もが安心してデジタルを活用できる世界」に貢献します。