データ活用イメージ

本ソリューションにより取得した棚割データにより店舗を把握し、POSデータと合わせて利用することで売り上げ拡大に向けた様々な分析・予測が可能となります。その一例を紹介します。

データの取得から活用までの全体イメージ

店舗担当が棚画像を撮影・送信、棚割ソフトで分析・予測、本部担当はデータを活用し、提案書の作成が可能

棚割データ取得の効率化を可能とする本ソリューションについて、具体的なご利用イメージをご紹介します。
取得した棚割データを活用して、売上拡大に向けた様々な分析・検討が可能です。

  • 下記ポイントを考慮して、新しい棚割を検討したい
    • 棚内のフェイス数をどのように見直せば良いか?
    • 各商品の陳列位置は棚のどこが最適か?
    • 売り場でのPOP設置による売上への影響はどの程度か?
  • 陳列状況をエリアごとに把握し、改善すべきエリアを検討したい

「ご要件」は「見積・概要説明・デモ」を選択ください。
「お問い合わせ詳細」には「簡易評価希望」と記入ください。