店頭棚割画像解析ソリューション

店頭棚割画像解析ソリューションのイメージ図

飲料や菓子、医薬品などのメーカーや小売業にとって売上拡大を実現する上で欠かせない、棚割の状態把握と管理業務。本ソリューションでは、世界トップレベルを誇るNECの画像認識技術によって、スマホなどで撮影した棚の画像から棚の陳列状態をデータ化(以下「棚割データ」とします)でき、棚割管理ソフトを利用した新棚提案業務の効率化を支援します。また、棚割データを活用した分析やAIによる最適な棚割のシミュレーションによって、売上拡大のお手伝いをします。

2つの課題と本ソリューションによる解決

課題1:店舗営業から日々上がってくる陳列報告に基づく店頭把握には様々な限界が

大手メーカーの本部営業にとって、全国の店舗営業担当から日々上がってくる棚割の現状報告は膨大な量に上ります。写真による報告を伴う場合、すべての写真を見て報告内容を確認することは困難なばかりか、目視による状況報告は、たとえ間違いがあったとしても確認のしようがありません。大変なコストと人数を投入して行われるにもかかわらず、適正に管理・評価することすらできていないケースも少なくないようです。

「調査は一部主力製品だけ…」「写真と報告内容は合致しているのか…」「店頭POPの効果が確認できないか?」「膨大な写真もほとんど活用できていない…」

「店頭棚割画像解析ソリューション」で解決!
報告内容を素早く&簡単にデータ化し、棚状況のリアルタイム把握と報告業務の効率化を実現!

課題2:棚の現状を把握した上での売上拡大に向けた分析や新棚提案に時間がかかる

小売店に対する新棚提案は、メーカーにとって大切な営業活動の1つですが、“売上拡大につながる”提案を用意するためには、過去の棚割写真を基に売上を分析するなどして、より信頼性の高い新棚提案を行う必要があります。しかし現状把握が困難な状況下では、その工数が現場にとって大きな負担となるため、従来の経験に基づく提案に留まり、変化に対応しづらい状況が続くことになります。

「棚割管理ソフトでの棚割再現が大変…」「今の棚割と売上の相関分析をしたいけど…」

「店頭棚割画像解析ソリューション」で解決!
棚割管理ソフトにデータを取り込んで新棚提案作成を効率化。
分析ツールやAIとの連携で売上の分析や予測も可能!

棚割データ化の業務プロセスを改善

「ご要件」は「見積・概要説明・デモ」を選択ください。
「お問い合わせ詳細」には「簡易評価希望」と記入ください。

画像認識により棚割データ化作業を約10分の1に削減

本ソリューションの特長

1. 画像認識により商品を自動で識別し、棚割のデータ化を効率化

棚割のデータ化に際し、スマホなどで撮影された棚の写真を見ながら、棚割管理ソフトを用いて手作業で入力する従来の方法では、業務に慣れたスタッフでも1店舗につき1時間以上を要するとされます。本ソリューションでは、NEC独自の画像認識エンジンにより、画像に写っている商品を高精度で認識しデータ化。作業時間を約10分の1に削減します。

  • NEC調べ。
棚をスマホで撮影したイメージと自動で棚割をデータ化した画面イメージ

2. データ化に最適な画像をスマホで効率よく取得

画像認識に適した画質かどうかを判定する「画質チェック機能」や、棚の撮影漏れを防ぐ「隣接商品表示機能」などの撮影サポート機能を搭載したスマホ専用アプリをご用意。誰でも、棚割データの取得に必要な画像(解像度や明瞭さ)を安定して撮影できます。特定商品の陳列が指示通りになっているかどうか目視チェックで報告を求めているケースでは、店舗営業の負担軽減も期待できます。

棚の撮影漏れがあるイメージ図と撮影漏れがないイメージ図

3. 棚割データを棚管理ソフトに取り込むことで、更に情報活用を推進

本ソリューションで得られる棚割データ(どの商品がどの棚のどの位置に何フェイス陳列されているか)はCSVデータとしてダウンロードでき、「新しいウィンドウで開きますStoreManager GX」などの棚割管理ソフトを用いて棚を再現した上で、新たに提案する棚割の検討を行うことができます。更に取得した棚割データをPOSデータなどと合わせて分析・予測を行うことで、売上拡大へとつなげることも可能です。

棚割データをCSVデータにダウンロードし、棚割管理ソフトで分析・予測

「ご要件」は「見積・概要説明・デモ」を選択ください。
「お問い合わせ詳細」には「簡易評価希望」と記入ください。

小売業の多彩なニーズに応える

効率的な棚割データ取得以外にも、メーカーや小売業が抱える下記のようなニーズや課題を解決へと導きます。

  • 店舗営業からの報告内容が正しいかを把握してタイムリーに指示を出したい
  • 新製品発売日に適切に陳列されているかを調査して、機会損失を減らしたい
  • 特定商品の売上急変について、棚割状況との関連性を調べたい
  • 新棚提案時に加え、日常的にデータ分析をして売上拡大につながる施策の検討を行いたい
  • POPなど販促ツール設置の効果を分析して、コスト対効果を検証したい

店舗営業イメージ図