ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC、インド チェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ2,300kmの光海底ケーブルの供給契約を締結
ここから本文です。

NEC、インド チェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ2,300kmの光海底ケーブルの供給契約を締結

2018年7月12日
日本電気株式会社

NECは、NEC Technologies India(注1)を通じて、インドのチェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクトのシステム供給契約を締結しました。契約先はインド国営通信キャリアであるBharat Sanchar Nigam Ltd.(BSNL、バラート・サンチャル・ニガム、注2)です。

光海底ケーブルのルート図

本光海底ケーブルシステムは、チェンナイとアンダマン・ニコバル諸島のポートブレアほか7地点を結び、総延長距離は約2,300kmとなります。本システムには、毎秒100ギガビット(100Gbps)の最新の光波長多重伝送方式が採用されます。
本ケーブルを敷設することで、アンダマン・ニコバル諸島の通信環境が著しく改善することが期待されます。これにより、電子政府や電子商取引の推進、教育の電子化など、インド政府によるデジタル・インディア政策に貢献します。

NECは、過去40年以上にわたり海底ケーブルシステム事業を手掛ける海底ケーブルのトップベンダーです。地球6周分のべ25万kmを超える敷設実績があり、特に日本を含むアジア・太平洋地域で強みを有しています。また、陸上に設置する光伝送端局装置、光海底中継器、光海底ケーブルなどの製造、海洋調査とルート設計、機器の据付とケーブルの敷設工事、訓練から引渡試験まで、全てをシステムインテグレータとして提供しています。なお、日本で唯一、深海8,000メートルの水圧に耐えられる光海底ケーブルを製造可能なNECの子会社である株式会社OCC(注3)が、本ケーブルの製造を担当します。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

  • (注1)本社:インド・ニューデリー、社長:稲葉孝之
  • (注2)本社:インド・ニューデリー、Chairman & Managing Director:Shri Anupam Shrivastava
  • (注3)本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:伊藤友一

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 海洋システム事業部
TEL:03-3456-5916

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html
Orchestrating a brighter world

ページの先頭へ戻る