サイト内の現在位置を表示しています。

OSS標準構築サービス

OSSの自動構築ツール「Ansible」による構築支援サービスです。対象のOSSの構築コード(標準構築・設定Role)を活用し、お客様のサーバにAnsibleを用いて標準構成のOSS活用環境を構築します。各OSSの専門スキルを有するプロフェッショナル要員が、お客様とのヒアリングをもとにパラメータシートを作成し、OSSの構築設定をいたします。

  • Playbook:Ansibleで構築設定を行う際に必要となるYAMLで記述された構築コード。

サービス内容

お客様とのヒアリング結果をもとにパラメータシートを作成し、Ansibleによる構築、設定済みのマシンとパラメータシートを提供します。
本サービスにおいて、標準構築・設定対象となるOSSは以下のとおりです。(詳細はこちらを参照)

  • 各OS上で動作するOSSとバージョンについてはこちらをご確認ください。
  • OSのインストール、設定が必要な場合は追加料金が必要となります。
  • 構築対象のプラットフォームはお客様でご用意いただく必要があります。
  • 出張費は別途必要となります。

構築用のAnsibleサーバはこちらで用意、またはお客様環境にAnsibleサーバを構築して作業を行います。

  • 納品物として構築・設定済みサーバ、設定値のパラメータシートをご提供いたします。
  • ご要望があれば構築時のPlaybookもご提供いたします。
  • お客様環境に構築したAnsibleサーバは、本サービス終了時に削除します。
     - 本サービス以降も運用されるAnsibleサーバの構築には、追加料金が必要になります。

構築・設定対象OSSとバージョン

以下のOSS・バージョンに対してサービスを提供いたします。

OSS 対象バージョン 対象OS
JBoss ver.7.0 RHEL6, RHEL7
ver.7.1 RHEL7
Apache HTTP Server ver.2.2 RHEL6
ver.2.4 RHEL7
WS 2016
AmazonLinux2
Apache Tomcat ver.6.0.24 RHEL6
ver.7.0.54 RHEL7
ver.8.5 WS 2016
ver.9.0 RHEL7
WS 2016
AmazonLinux2
MySQL
(バンドル版)
ver.5.6.34 RHEL7
MySQL
(OSS版)
ver.8.0.11 RHEL7
ver.8.0.11(CL) RHEL7
MySQL
(製品版)
ver.8.0.12 RHEL7
ver.8.0.12(CL) RHEL7
ver.8.0.15(InnoDB CL) RHEL7
Bacula ver.7.4 RHEL6, RHEL7
ver.9.0 RHEL7
ver.9.0(CL) RHEL7
Zabbix-Server ver.3.0 RHEL6, RHEL7
ver.4.0 RHEL7
ver.4.0(CL) RHEL7
Zabbix-Agent ver.3.0 RHEL6, RHEL7
WS 2012
ver.3.4 WS 2012
ver.4.0 RHEL6, RHEL7
WS 2012R2, WS 2016
MongoDB ver.3.2.10 RHEL6, RHEL7
ver.3.6.4 RHEL7
  • CL:Linux-HAによるクラスタ構成
  • RHEL:RedHat Enterprise Linux
  • WS:Windows Server

サービス料金についてはご相談ください。

オプションサービス

以下の作業は標準サービス内容に含まれません。別途費用が必要となります。

対応内容 料金
OSインストール・設定(RHELのみ) お問い合わせください。
標準Role以外の高度な設定
定型フォーマット以外のドキュメント提供
Ansibleサーバの構築
構築済みOSSの再設定

資料請求・お問い合わせ