サイト内の現在位置を表示しています。

設計と製造をデジタルでつなぎ、ものづくりDXを実現する
NEC PLM Obbligato

製造業が生き残るためには、不確実な時代に、変化を察知・迅速・柔軟に対応できるデータドリブン型のものづくりへの変革“ものづくりDX”の実現がカギであり、その実現を支えるエンジニアリングチェーンとサプライチェーンをデジタルにつなぐ重要な戦略が、PLM(Product Lifecycle Management)です。
「Obbligato」は、ものづくりの基準情報BOM/BOPを核に情報集約・共有し、持続的なものづくりと価値づくりに貢献します。

2022年5月25日
【第34回設計・製造ソリューション展(DMS2022)】

PLM「Obbligato」をはじめ、ものづくりDXを実現するソリューションを出展!

NEW
2022年3月14日
【 キッツ様 SOLIDWORKS - Obbligato 事例 】

3Dモデルを起点に生産までのBOMを自動展開
「年間10万件の受注設計」という独自の強みをPLMでさらに強化

NEW
2021年9月22日
【 樫山工業様 Obbligato – IFS Applications 事例 】

業務改革を支える全社基幹システムを刷新
設計~生産~保守までの製品ライフサイクルを見える化

「Obbligatoシリーズ」は、長きに渡り製造業の要件を先取りし、最新テクノロジーを取り入れ、1000社以上のお客様とともに進化を続けてきました。「Obbligato III」の強みをもちつつ、ビジネスモデル変革への対応をしやすくする新たな「Obbligato」へと進化します。

「Obbligato」第4世代の6つの特長

デジタルスレッドで繋がる “ものづくりエンジニアリング基盤”

Obbligatoは、企画~設計~生産~保守に至る製品ライフサイクル全領域に渡って、基準情報を管理・集約し、デジタルスレッドでデータをシームレスに繋ぐことによって、顧客ニーズの変化への迅速な対応や、製品開発リードタイム短縮、品質向上、製品トレーサビリティの迅速化を実現します。
さらに、NECが保有するAI・IoT技術と融合することにより、市場ニーズの製品企画への反映、設備の故障予知、保守部品の需要予測、製造ラインの自律的カイゼンなどにも貢献し、サプライチェーン全体のパフォーマンスを最大化します。

デジタルスレッド"ものづくりエンジニアリング基盤"

20年以上の長きにわたるPLM領域での国内シェアNo.1の実績と、NECの総合力を活かしたトータルサポートで、将来にわたって安心してご導入いただけます。

豊富なPLM構築ノウハウ

Obbligatoは、製造業であるNECが開発する国産パッケージであるため、日本の製造業ならではのニーズにいち早く対応が可能です。

進化を続けるパッケージ

業務に合わせてシステムを個別開発するか、パッケージ機能に業務運用を合わせてIT投資を抑制するか。Obbligatoならご意向に合わせて導入方式を選択できます。

お客様の導入方針にフィット



「Obbligato」は、開発プロセス領域の多岐にわたる課題の解決に貢献します。


「Obbligato」が提供する幅広い業務ソリューション群、クラウド型PLM「Obbligato for SaaS」、のほか、コンサルティング/導入支援/教育などの各種サービスについてご案内します。

  • *
    Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings or other designation. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner’s research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose. GARTNER is a registered trademark and service mark of Gartner, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and internationally and is used herein with permission. All rights reserved.