研究会

【No.2】DXで注目を集める最新技術

「ローコードプラットフォーム」を自社で有効活用
《システム構築技術研究会》(体験討議型・UF発表無し)

対象 企業の業務・情報システムの開発・運用のご経験があり、
DXにおける業務改革や新システム構築に携わっている若手~中堅の方
日程
  • 概ね1カ月ごとに講義と課題設定・意見交換会の混在(2H~4H)
  • 開催形式は各拠点(東京、名古屋、大阪を予定。最寄り会場に集合)での集合型会議か、個別リモート型会議

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます

研究会の概要

デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展により、新ビジネスに直結するシステムの素早いリリース、クラウドネイティブ技術やAI・IoT・AR/VRなどUX/CXを向上する最新技術への追随といった課題への対応が求められています。これらの解決策の1つとして、システムの開発・運用をトータルにサポートし、リリースサイクルを高速化するローコードプラットフォームが急速に拡大しています。本研究会ではローコードプラットフォーム「Mendix」を使いながら、業務システムへの導入パターンや実開発・運用におけるツール適用方式といったノウハウを獲得し、活用アイデアを自社に持ち帰り有効活用いただくことを目的としています。

研究会の進め方

本研究会では、ソフトウェアエンジニアリングの知見とMendix開発者認定を持つ講師によるハンズオンを含むレクチャーを提供することで、Mendixによるシステム開発・運用方法を習得いただきます。また、DXを推進される異なる業界・業種のメンバー間での意見交換やディスカッションを通じて新たな人脈や気づき・アイデアを獲得いただきます。
更に、Mendixの環境を無償でご利用いただけますので、レクチャーの復習だけでなく、自社課題を解決するシステム開発のトライアルも可能です。

ローコードプラットフォーム「Mendix」概要 (https://jpn.nec.com/mendix/index.html)

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます